1169cc→1254ccで136馬力にパワーアップ

BMWの新型R 1250 GS / R 1250 RT が国内正式発表【シフトカムで抜群の扱いやすさ】

  • 2018/12/10
R 1250 RT R 1250 GS

【R 1250 RT / R 1250 GS】

全面改良の新型ボクサーエンジンを搭載

BMW(ビー・エム・ダブリュー)は、新しいボクサー(水平対向2気筒)エンジンを搭載し、操縦安定性を向上させた新型R 1250 GSとR 1250 RTを12月22日より発売すると発表した。

これらの新型モデルには、ミラノショーで発表された新型S1000RRと同様のBMW Shift Cam(シフトカム)テクノロジーを、BMWの量産二輪車として初めて採用している。このメカニズムの採用によって、エンジン内の吸気バルブのタイミングとリフト量(=吸気量)を可変制御することが可能になり、より効率的で意のままの駆動力を発生できるようになった。このシフトカムは基本的に5000rpmを境に作動して低速側/高速側のカムプロファイルを切り替えるが、スロットル開度の大きさによっても、切り替え作動回転数を前後させる。これにより、スムーズで扱いやすい小開度/低負荷域とパワフルな大開度/高負荷域をライダーの意図を反映しながら切り替え、望むままのトルクを与えてくれるのだ。

さらに、低速側のカムプロファイルは、同気筒内の2本の吸気バルブを少しズラしたタイミングで開くように設定され、これによって混合気のスワール(燃焼室を上から見たときに円を描くような渦)を促進し、燃焼効率を向上。従来型1169cc→新型1254ccと85ccの排気量アップをしているにもかかわらず、燃費は最大4%の改善を果たした。そしてカムシャフトの駆動を従来のローラーチェーンからサイレントチェーンに変更、オイル供給システムの最適化、ツインジェットインジェクターおよび新型エキゾーストシステムの採用など、改良点は多岐にわたる。これらの結果、幅広い回転域での安定した駆動力と、排出ガスや燃費の改善、官能的なサウンドを実現した。

また、燃料品質の安定しない地域での旅でも、ノッキングセンサーによって燃料噴射&点火タイミングを最適化してくれる。これなら世界中のどこへ行っても走り続けられるだろう。

GSは4つの走行モード、RTは3つの走行モードを備え、ともに走行モード連動のDTC(ダイナミックトラクションコントロール)を標準装備。また、坂道発進時のライダー支援としてHSC(ヒルスタートコントロール)を標準装備しているのもうれしいところだ。

BMW R 1250 GS

BMW R 1250 GS

【BMW R 1250 GS】主要諸元■全長2205 全幅965 全高1490 軸距1510 シート高850/870(各mm)■空水冷4スト水平対向2気筒DOHC4バルブ 1254cc 136ps/7750rpm 14.59kg-m/6250rpm 変速機6段 燃料タンク容量20L■タイヤサイズF=120/70R19 R=170/60R17 ●価格:251万円

BMW R 1250 GS

【BMW R 1250 GS】速度や回転計、ナビ、電話、メディアやその他の車両情報などは6.5インチTFTカラーディスプレイに表示。トンネルや暗闇を走行する際、また強い膝時の中でも、明るさや色を見やすいように自動調整してくれる機能が付いている。

BMW R 1250 GS

【BMW R 1250 GS】ブラックストームメタリック

BMW R 1250 GS

【BMW R 1250 GS】コスミックブルーメタリック

BMW R 1250 GS

【BMW R 1250 GS】モータースポーツカラー

BMW R 1250 GS

【BMW R 1250 GS】ブラックストームメタリック×ナイトブラックマット

 

 

BMW R 1250 RT

BMW R 1250 RT

【BMW R 1250 RT】主要諸元■全長2235 全幅990 全高1580 軸距1490 シート高805/825(各mm)■空水冷4スト水平対向2気筒DOHC4バルブ 1254cc 136ps/7750rpm 14.59kg-m/6250rpm 変速機6段 燃料タンク容量25L■タイヤサイズF=120/70ZR17 R=180/55ZR17 ●価格:284万9000円

BMW R 1250 RT

【BMW R 1250 RT】6.5インチ大画面フルカラーTFTディスプレイ付きマルチファンクション・メーター・パネル。

BMW R 1250 RT

【BMW R 1250 RT】オプション719と呼ばれるファクトリーオプションも用意。数種類があり、自分好みのバイクにすることも可能だ。

BMW R 1250 RT

【BMW R 1250 RT】カーボンブラックメタリック

BMW R 1250 RT

【BMW R 1250 RT】マーズレッドメタリック×ダークスレートメタリックマット

BMW R 1250 RT

【BMW R 1250 RT】アルパインホワイト

BMW R 1250 RT

【BMW R 1250 RT】ブループラネットメタリック

BMW R 1250 RT

【BMW R 1250 RT】スパークリングストームメタリック

新型ボクサーツイン(水平対向2気筒)

BOXER TWIN

1254ccとなった新型ボクサーは、シフトカム機構の採用だけでなく各部をリファイン。クランクシャフトは後ろから見て時計回りに回転し、加速すると(空冷時代に比べて微小ながら)左に傾くトルクリアクションが発生する。

BMW ShiftCam Technology

【BMW ShiftCam Technology】ラージカムとスモールカムの2つのカム山を備えた吸気側カムシャフトを、MT車のシフトドラムのような溝にアクチュエーターでピンを打ち込むことによって左右にずらし、バルブのリフト量やタイミングを切り替える。

BMW ShiftCam Technology

【BMW ShiftCam Technology】低速側のカム山をよく見ると、2本の吸気バルブを押し下げるタイミングが微妙にズレていることがわかる。カム山の尖り方をみるとわかりやすいかもしれない。ちなみにフィンガーフォロワーロッカーアームも採用している。

ダイナミックESAも採用

【Dynamic ESA】ダイナミックESAは次世代型。走行中の路面状況や操縦に応じてダンピングをコントロールするだけでなく、荷重状況に応じて自動補正もしてくれる。RTとしては、荷重状況に対応した補正は初採用。

関連記事/リンク

写真をまとめて見る

※本記事の内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。

ヨ

記事一覧を見る

帰ってきたネイティブ足立区民。ヤングマシン、姉妹誌ビッグマシンで17年を過ごしたのち旅に出ていた編集部員だ。見かけほど悪い子じゃあないんだぜ。
■1974年生まれ
■愛車:MOTOGUZZI V7 SPECIAL(2012)