マシン・オブ・ザ・イヤー2018
「マルク・マルケス 箱根降臨」動画が配信

日本の峠にマルク・マルケス&RC213V…ターンパイクを激走!

関東のライダーなら誰もが知る「アネスト岩田ターンパイク箱根」にモトGPライダーのマルク・マルケスがいる……。傍らのバイクは愛機のRC213V、どう見ても‐Sではない。峠は閉鎖された。このまま登っていくのか?!

日本GPでタイトルに王手をかけてるのに何故ここに?!

2018年10月19日、ツインリンクもてぎで開催される日本GPのレースウィークスタートと同時に、レッドブルの各SNSで「マルク・マルケス 箱根降臨」動画が配信され、話題となっている。現状は1分から1分半のショートバージョンのみで、3分間(予定)のストーリー動画は10月26日にレッドブルWEBサイトで公開予定だ。

まず、料金所ゲートを駆け上がっていくと、蕎麦屋の出前と思しきスーパーカブ(本来は原付2種以下は走行不可)と遭遇。マルケス選手が華麗に抜き去ると、見覚えのあるお顔。アイ・ファクトリー代表、全日本GP500ウィナーの五百部徳雄氏が半キャップで渾身の演技を披露してくれる。その後にマルケスにからんでくるのは、日産スカイラインGT-R。世界的に高い人気を誇る日本を代表するカリスマ4輪とひとしきりバトルした後は、デコトラの「美咲嬢」が出現。これも日本のモーターカルチャーを象徴するマシンとして出演し、マルケス&RC213Vと強烈なコントラストを生み出している。さらに峠を駆け上がっていくと全国区で名を馳せる走り屋3人と遭遇。そして、駐車スペースで獲物を物色中?! のRE雨宮の雨宮勇美代表の前を通り過ぎていく……。この後、さらにどんなシーンを見ることができるのか期待が高まる。ここでは撮影時の写真が配信されたので紹介したい。

素晴らしいホンダ車の競演。後に積んでいるのは蕎麦だろう。五百部さんのアイ・ファクトリーは蕎麦屋ではなくホンダ2輪&HRCサービスショップだ。

今回の映像の趣旨は、バトルではなく日本のモーターカルチャーを象徴するマシンを登場させること。通称「ハコスカ」と呼ばれるKPGC10の存在は欠かせないものだ。

モーター誌で”便所コーナー”と呼ばれる休憩所の前のコーナーを登っていくと、桜並木の高速コーナーが出現する。そこで登場するのがデコトラの「美咲嬢」。

全国に名を馳せるという走り屋の一人、BB マック(BATTLE BOYS 所属/VFR400R)を挑発するマルケス。

他にも走り屋は、左端ののぶくん(妖会 CHR ⾛魔#3 所属/CBR400RR)、右から2番目の内藤智和(7110WORKS 所属/NSR250R)も出演。

デコトラとマルケス。こんなツーショットはレッドブルでなければ絶対にやらない。次の動画配信が楽しみ。

ニュース提供:レッドブル・ジャパン

いち

いち

記事一覧を見る

本誌編集長。雑誌は生き残りタイアップ全盛期だというのに、ひとり次期型ネタを嗅ぎまわって反感を買う現代のスクープ魔王。
■1972年生まれ
■愛車:BMW R100GS(1988)

マシン・オブ・ザ・イヤー2018