新型カタナの登場?! を前に押さえたい パート3

【原点】1982年初代GSX1100S KATANA(カタナ)を振り返る

2018年9月5日、スズキが”斬”という文字を隠喩的に表示する「Feel the Edge」というティザー動画シリーズをスタート。その第4回目が9月26日に公開され、ベースがKATANA3.0(カタナ3.0)だということが判明した。カタナという名のモデルが出てくる以上、知っておきたいのはオリジナルの1100。新型登場の前に振り返ってみたい。 ※ヤングマシン2013年10月号臨時増刊「青春名車大図鑑」より

デザイナーの名前を初めて覚えた

GS750・1000はひとまずの成功を収めたが、スズキはさらなる 「高出力化を求めて研究を開始。新4バルブユニットにはGSXの名が与えられ、独自の2過流燃焼室=TSCCが発明された。燃焼速度を高めることで高出力・ 低燃費化を実現、バルブ駆動にはロッカーアームを採用して整備性の向上も図られた。排気量の拡大もあって従来の2バル ブ式よりも大きく重いエンジンになったが、GSX1100Eの出力は105psを達成し、申し分ない出来映えとなった。

しかしそのスタイリングには疑問符が付いた。角型基調のフォルムは新しさを 狙っていたものの「格好悪い」と言う意見が少なくなく、そこでスズキはスタイリングを外部デザイナーへ発注することを決定。BMWから独立して間もない、ドイツのターゲットデザインに白羽の矢 が立てられたのである。渉外を担当したのはハンス・ムート。彼は実際に日本刀や武士道をモチーフに したデザインコンセプトを提案してもいたが、作業に当たったのは彼1人ではなく、無論チームワークによる成果である。 しかしムートの名ばかりがマスコミに報 じられ、「カースタイリング」46号(’84年・三栄書房)で本人が語っているように、 結果として彼はターゲットデザインを 早々に辞してもいる。カタナ誕生にはそんな裏話もあったが、 世界中で熱狂的に迎えられ、休止期間は あったものの、8年の長きにわたり販売された。2輪史にその名を深く刻まれた名車であることは揺るぎない。

GSX1100S KATANA 主要諸元■空冷4スト並列4気筒DOHC4バルブ 1074㏄ 111ps/8500rpm 9.8kg-m/6500rpm 232kg(乾)■タイヤF=3.5-19 R=4.50-17 輸出モデル(1982年)

【SUZUKI GSX1100S Prototype(プロトタイプ) 1980年】’80年のケルンショーで発表。シートやマフラー形状のほかステップ位置といった細部が異なる。左上はカタナのベース車にあたるGSX1100E。動力性能は十分だったもののスタイリングの不利により振るわなかった。

【SUZUKI GSX1100S KATANA<SZ> 1982年】1976年に4ストロークマシン、GS400/750/1000シリーズを発表したスズキは、矢継ぎ早にその高性能版、4バルブTSCCエンジンのGSXシリーズをリリース。そのフラッグシップモデルにGSX1100S KATANAを据えたのだ。

カタナのデザインを担当した頃のハンス・ムート氏(左)はターゲットデザインに所属。同社はカタナに先立ちGS650Gも手がけた。

速度計と回転計を組み込んだ独自のコンビネーションメーターもカタナの特徴だ。下部にインジケーターランプを内蔵している。

燃料タンクの左下ダイヤルは、グローブのままでも操作できるチョーク用ノブ。その下の2つのスイッチはオプション用のヒーターなどに使う。

’82年初代”750カタナ”の試乗会には、比較用に輸出仕様の1100(プロトタイプ、左奥)も用意された。トップ写真はその時のもので、カタナの船出に開発陣も誇らしげ。

【SUZUKI GSX1000SD 1983年】欧米のレース規定に合わせ、’82年と’83年に998㏄仕様も用意された。欧州向けはVMキャブ、北米向けは1100同様にBSキャブを採用。

 

系譜

【SUZUKI GSX1100S KATANA<SD> 1983年】青×銀、赤×銀のツートンカラーを採用。ホイールデザインは6本スポークに変更。

【SUZUKI GSX1100S KATANA<SE> 1984年】赤×銀のツートンカラーを採用した3型のSE。SDからの変更点は外装色のみ。

【SUZUKI GSX1100S KATANA<SAE> 1987年】一旦カタログ落ちしたが、限定車として復活。初期型デザインを踏襲している。

【SUZUKI GSX1100S KATANA<SBE> 1987年】大手ショップの要望で赤フレームや赤シートを採用したSBE。販売は数百台のみ。

【SUZUKI GSX1100S KATANA<SL> 1990年】再販を望む声に応え、創立70周年記念車として復活。Fキャリパーなどを変更。

【SUZUKI GSX1100S KATANA<SSL> 1991年】基本的な内容はSLとほぼ同じで、カラーリング変更だけに留まっている。

【SUZUKI GSX1100S KATANA<SR> 1994年】アンチダイブ機構を撤去し、新たにパワーアシストクラッチやオイルクーラーを新設。95psに。

【SUZUKI GSX1100S KATANA<SY> 2000年】1100台を限定販売した最終型。チューブレスタイヤや強化ブレーキがポイント。

「【プロトタイプ】KATANA3.0(カタナ3.0)を振り返る」記事はこちらへ。
「【スクープ的中】新型カタナはほとんどKATANA3.0(カタナ3.0)のままだった!」記事はこちらへ。

いち

いち

記事一覧を見る

本誌編集長。雑誌は生き残りタイアップ全盛期だというのに、ひとり次期型ネタを嗅ぎまわって反感を買う現代のスクープ魔王。
■1972年生まれ
■愛車:BMW R100GS(1988)

この著者の最新の記事

関連記事