米テキサスの試乗会をレポート

2018新型ゴールドウイング/ツアー試乗インプレ①

2018年1月下旬、アメリカで新型ゴールドウイング/ツアーの国際試乗会が開催された。これに参加したスペイン『SOLO MOTO(ソロモト)』誌よりレポートが届いたので、数回に分けて掲載していこう。第一回は、17年ぶりにフルモデルチェンジを果たした全体像をおさらいする。

“ゴールドクラス”がアップグレード

航空機の座席はエコノミー、ビジネス、ファーストとクラス分けされているが、バイクにも”ゴールドクラス”がある。このクラスの始まりは1975年の初代ゴールドウイングだ。そして今年、ホンダの新世代スーパーツーリングは大幅なアップグレードを果たした。シャーシやエンジン、多くの電子制御に至るまで全てが新しく、開発に15年以上も費やされた。
写真を見ても分かるように新型ゴールドウイングはフルLEDヘッドライトでよりアグレッシブかつコンパクトな顔つきとなった。象徴的な6気筒ボクサー1832ccエンジンは完全新設計となりユニカム駆動の4バルブヘッドによって126psに出力が向上。また、信号待ちでエンジンが停止するアイドリングストップ機構も装備されているのだ。これはホンダのスクーターと同様のジェネレーター/スターターによって実現しているが、もちろんサイズは特大。ISG(Integrated Starter Generator)システムと呼ばれているものだ。マニュアルミッションは5速から6速になり、これまで通り電動のリバースを装備。7速デュアルクラッチトランスミッション=DCTはツアータイプのみの装備となり、これのウォーキングモードでは、1.8㎞/hで前後進することができるのだ。

新型が小顔になったのは2台走行の写真で分かるだろう。LEDヘッドライトだけでなくダブルウィッシュボーンサスの採用で従来のフロントフォークが省略されたためにコンパクト化が可能になった。エンジンのユニカムはVFR1200Fにも採用されたメカで、吸気側は直打式、排気側はロッカーアームでバルブを動かすSOHC。コンパクト化を促進させながらも従来の2バルブから4バルブ化を果たしている。

アップルカープレイまで何でもある

ライディングする上で、たくさんの電子制御は重要な役割を果たす。新型ゴールドウイングは、スポーツ、ツアー、レイン、エコノミーという4つのライディングモードを選ぶことができるのだ。他にもホンダセレクタブルトルクコントロール(HSTC)やクルーズコントロール、電子調整式サス、ヒルスタートアシスト(HSA)、スマートキーに……ああ! バイクで初めてのアップルカープレイでiPhoneのナビや音楽に接続できるではないか。
試乗した米テキサスの気温は氷点下。こんな条件だからウインドプロテクションの効果がより分かりやすかった。シート&グリップヒーターもよく効いてありがたい。停止した時はリバースとウォーキングモードのおかげで移動は簡単。トルクフルなエンジンのレスポンスはより力強くなり、高速コーナーやコーナリングはより安定していた。

エンジンやシャーシだけでなくエレクトロニクスも10数年分のアップデートを果たした新型ゴールドウイング/ツアー。ハンドルやタンク上のスイッチも一気に洗練された。メーター中央の画面に車両情報だけでなくiPhoneアプリも表示&スイッチ操作が可能となるアップルカープレイを採用した。

“ゴールドクラス”のチケットは安くはない

周知のとおり新型ゴールドウイングは2つのバリエーション展開となった。バガータイプのSTDとトップケースを装備したツアーの2種類でツアーはDCT仕様もラインナップしている。価格はSTDが2万7700ユーロ(約374万円/国内正規価格は273万2400円)で、ツアーは3万4500ユーロ(約466万円/国内正規価格は295万9200円~)、トップエンドのDCT&エアバッグは3万7500ユーロ(約506万円/国内正規価格は331万5600円)となる。そう、”ゴールドクラス”のチケットは決して安くない。だが、これまでと同じように乗ればその価値は分かるものだ。

【HONDA GOLD WING TOUR DUAL CLUTCH TRANSMISSION<AIR BUG> 2018年型 価格:331万5600円(国内) 発売日:4月2日(国内)】カラバリはキャンディアーダントレッドの一色のみ。7速DCTとエアバッグを装備する最高峰グレード。

【HONDA GOLD WING TOUR 2018年型 価格:295万9200円~301万3200円(国内) 発売日:4月2日(国内)】左のキャンディアーダントレッドと中央のパールグレアホワイトが295万9200円。右のパールホークスアイブルーが301万3200円だ。

【HONDA GOLD WING 2018年型 価格:273万2400円(国内) 発売日:4月2日(国内)】写真はマットマジェスティックシルバーメタリック。他にもパールスタリオンブラウン、キャンディアーダントレッドの3色をラインナップする。基本はゴールドウイングツアーのトップケースなしだ。エンジン、フレーム、マフラー、ホイールなどはトーンを落としたダーク系カラーだ。

国内での受注はDCTが54%と圧倒的

ホンダによると、1月12日に発表されたGold Wing(ゴールドウイング)シリーズの受注状況は、1月22日時点で年間販売計画台数500台を上回る540台と、好調な立ち上がりとなった。タイプ別ではDCTが半数以上と圧倒的。カラーが選べるツアーのベーシックグレードではバールグレアホワイトが76%とゴールドウイングらしい白に人気が集中している。

■タイプ別構成比(ホンダ調べ)
Gold Wing Tour Dual Clutch Transmission<AIRBAG> 54%
Gold Wing Tour 34%
Gold Wing 12%

■車体色別構成比(ホンダ調べ)

Gold Wing Tour ・パール グレア ホワイト 76%
・パール ホークスアイ ブルー 12%
・キャンディー アーダント レッド 12%
Gold Wing ・マット マジェスティック シルバー メタリック 58%
・キャンディー アーダント レッド 21%
・パール スタリオン ブラウン 21%

ニュース提供:スペイン『SOLO MOTO(ソロモト)』誌
新型ゴールドウイング詳細解説はこちら
新型ゴールドウイング開発者インタビュー前編(コンセプト)はこちらへ、
新型ゴールドウイング開発者インタビュー中編(DCTミッション)はこちら
新型ゴールドウイング開発者インタビュー後編(ダブルウィッシュボーンサス)はこちら

いち

いち

記事一覧を見る

本誌編集長。雑誌は生き残りタイアップ全盛期だというのに、ひとり次期型ネタを嗅ぎまわって反感を買う現代のスクープ魔王。
■1972年生まれ
■愛車:BMW R100GS(1988)

この著者の最新の記事

関連記事