マシン・オブ・ザ・イヤー2018
スマートキー採用、ハイブリッド&電動も追加

2018新型PCX/150/HYBRID/ELECTRICの価格と発売日

2017年10月の東京モーターショーにHYBRID=ハイブリッドとELECTLIC=電動版が参考出品された新型PCXシリーズの国内での発売が明らかになった。ヤングマシン2月号(12月22日発売)の記事及びCGと新たに入手した写真で続報をお伝えしよう。

エンジン版150ccが海外で正式発表

インドネシアで12月13日、新型150が正式発表された。スマートキーのほか、充電用ソケットが装備され、メットインは+3Lの28Lに拡大。3ピストンキャリパー&コンビブレーキを採用し、初のABS仕様も用意した。国内には春に導入で、現行から+2万円程度となるか。(ヤングマシン2018年2月号より)

【HONDA PCX/150 2018年型 予想価格:34万2360円/37万3680円(ABS=39万5280円) 予想発売時期:4月/5月】写真はインドネシア仕様が発表された後に公開されたベトナム仕様と、現車のグレーは国内市販予定車。カラバリは125、150とも共通で上からブライトブロンズメタリック、パールジャスミンホワイト、キャンディラスターレッド、ポセイドンブラックメタリックの4色と判明した。ABSは150にのみ設定される模様だ。

新たに判明した現時点での2018年型国内の諸元と2017年型の比較。150の車重はABS仕様かどうかは不明確だが、前年型と同じなのでABSなしと思われる。また、150の排気量が3cc減少しているが、インドネシアとベトナム仕様の2018年型も149.3ccなので、国内もこの数字となるだろう。国内仕様は平成28年排ガス規制に対応するが、125と150ともに最高出力がそれぞれ0.2ps、0.5psアップしている。またタイヤ幅も増しており、走りにも磨きがかかっていそうだ。

2輪初のハイブリッド、45万前後で夏に発売開始か

世界初の量産ハイブリッド(HV )バイクがデビュー。ACGスターター部をモーターに改修することで低コスト化に成功し、本誌予想では125㏄エンジン版より+10万円程度になる見込み。ABSは標準だ。エコはもちろん、モーターアシストによる機敏な加速など走りの楽しさも新たな魅力となる。発売は夏頃でEVより先になる模様。(ヤングマシン2018年2月号より)

【HONDA PCX HYBRID(PCXハイブリッド) 予想価格:44万円前後 予想発売時期:8月】本誌2月号では45万円前後としたが、最新の情報では44万円前後になりそう。カラーリングはパールナイトブルーの1色のみで、原付二種規格となる模様。シート下は、後部にリチウムイオンバッテリーが納まるため、エンジン仕様よりは狭いが、ヘルメットなどは十分収容可能だ。

完全電気版PCXも’18夏に発売開始へ

リチウムイオンバッテリーとモーターで走るEV版。原付2種クラスの電動バイクはホンダ初となる。定格0.98kWの強力なモーターを積み、走りはパワフルだ。価格は「HVより上だが、ガソリン車の2倍まではいかない範囲」の模様。秋発売と本誌では予想する。(ヤングマシン2018年2月号より)

【HONDA PCX ELECTRIC(PCXエレクトリック) 予想価格:未定 予想発売時期:秋】カラーリングはパールグレアホワイト1色と判明。こちらも原付二種規格となる模様。カートリッジ式で着脱可能な48Vリチウムイオンバッテリー×2をシート下に収納。航続距離は未発表だが、通勤通学の往復+αが可能だろう。

現車写真提供:匿名様
東京モーターショーPCXハイブリッド/エレクトリックの詳細はこちら
2018新型PCX150インドネシア仕様の紹介はこちら

いち

いち

記事一覧を見る

本誌編集長。雑誌は生き残りタイアップ全盛期だというのに、ひとり次期型ネタを嗅ぎまわって反感を買う現代のスクープ魔王。
■1972年生まれ
■愛車:BMW R100GS(1988)

マシン・オブ・ザ・イヤー2018