エンジン版もHVやEVと共通スタイルに刷新

2018新型PCX150がインドネシアで発表

10月の東京モーターショーでハイブリッド(HV)と電動(EV)のPCXが世界初公開されて話題となったが、ついに本命のエンジン版も新型が発表された。外装はHVやEVと共通とし、まずはインドネシア仕様の150版から登場。現地からの速報をお伝えしよう

ついにABS仕様もラインナップ

本日、インドネシアで発表された新型PCX150は、2014年4月に発売された2代目からの刷新。前回フルLEDヘッドライトを採用したイメージを踏襲しつつより高級感を演出したデザインとなっている。新型は低燃費のeSPエンジンを踏襲、コンソールボックスには充電用DCソケットが装備され、CBSタイプの3ピストンキャリパーとコンビブレーキを採用、ABS仕様も用意される。外観以外は基本的に前モデルと大きな変更はないと思われるが、現地ではインドネシア生産となったのがトピックで、全世界での幅広い人気ぶりをうかがわせる。現在日本に導入されているPCX/150はベトナム生産で、2018年モデルがインドネシア生産に切り替えられるかは不明だ。

【HONDA PCX150 2018年型インドネシア仕様】カラバリは白、赤の他に黒とベージュがラインナップしている。また、PCXとしては初となるABS仕様も用意される。先日タイで発表されたCB150Rなどと同様フロントのみのABSとなる。現地価格は、2700万ルピア~3200万ルピア(21万6000円~25万6000円)で2018年2月頃にデリバリーされるとアナウンスされている。

このクラスでは、スズキの2017年型GSX-R125/150に次ぐ鍵穴いらずのスマートキーを採用。スマートキーはキー、ホーン(イモビ?)、灯火類の3つのボタンでこれらをリモコン操作できるようで、この機能はGSX-Rにはないものだ。尚、ホンダでは2018年秋頃に発売が期待されるスーパーカブC125もスマートキーを採用している。シートと給油ハッチはメインスイッチ脇のボタンで開閉させることができる。

上が2018新型PCX150インドネシア仕様で下が2017PCX150日本国内仕様。前モデルを継承しつつホイールやボディサイド、マフラーまで滑らかな曲線基調の高級感あるデザインとしている。タンデムステップの収納状態もこれまでにない見た目となっており、どのような形をしているのか興味深い。エンジン部分もラジエターカバーの形状が変わっている。

日本仕様の2018新型PCX/150はどうなる?!

基本的には、今回インドネシアで発表されたPCX150と同じと思われるが、カラーバリエーションは独自のものとなりそうだ。125と150は共に4色設定で赤、白、黒、銀になるという情報だ。平成28年排ガス規制に対応して4月頃に登場するだろう。そして、夏から秋にかけてHVとEVの順番で追加され、シリーズ化する見込みだ。

こちらもインドネシア仕様のカタログ。スマートキー、ABS、デジタルメーターの採用が大きなトピックスと言える。テールランプのデザインも先鋭的だ。この他アイドリングストップ装備など他の追随を許さない先進性は、日本仕様でも変わらないだろう。尚、タイヤサイズは国内仕様従来型はF=90/90-14、R=100/90-14で、2018年型ではF=100/80-14、120/70-14にサイズアップしており、走りのレベルアップにも期待!

2018新型PCX HV/EVの詳細はこちら

いち

いち

記事一覧を見る

本誌編集長。雑誌は生き残りタイアップ全盛期だというのに、ひとり次期型ネタを嗅ぎまわって反感を買う現代のスクープ魔王。
■1972年生まれ
■愛車:BMW R100GS(1988)

この著者の最新の記事

関連記事