懐かしのハンターカブカラー復刻

2018新型 クロスカブ 110には赤もある

2017年10月の東京モーターショーに出展された2018年新型クロスカブ110の発売がいよいよ迫ってきた。本誌ではすでに2月に発売すると予想してきているが、そのカラーバリエーションが判明。東モで発表された黄色の他に、赤とグリーンの3色展開となりそうだ。

ハンターカブと言えば赤でしょう

ハンターカブの元祖C105H(1963年)は、北米向けに「荒野の足」として開発されたスクランブラー仕様。レッグシールドを排し、2時減速比を変更できるダブルスプロケットなどを採用した。アップマフラーなど同様のスタイルがCT110(1981年10月)らに継承されているが、「ハンターカブ」とは名乗らない。しかし、CT110は赤色のボディカラーとともに愛称「ハンターカブ」として現在でも親しまれているモデルだ。それを現代に蘇らせたのが2013年のクロスカブ(CC110)で、当初から黄色の他に赤もラインナップしていた。そして2018年新型クロスカブ110にも伝統の赤が用意される模様だ。

上段【HONDA CT110 1982年型】CT50を経て、OHC105ccエンジンを搭載したCT110。通称「ハンターカブ」と呼ばれ、現在でも中古で人気が高いモデル。中段【HONDA CROSS CUB(クロスカブ) 2013年型】2009年にFI化され、90の後継機として109ccエンジンに拡大されたスーパーカブ110プロをベースにクロスオーバー化。CC110とも呼称する。下段【HONDA CROSS CUB110(クロスカブ110) 2018年モデル 予想CG】2017年の東京モーターショーで出展された新型をハンターカブと同じ赤に加工した写真。こんなイメージになりそうだ。

アーミーグリーンを加えた3色展開か

東モの市販予定車だったクロスカブ110。登場は秒読み段階で、「2月発売で確定的」と情報筋は話す。価格は、ベースとなる新型スーパーカブ110からわずか約6万円アップの33万円前後になる模様。新設計のヘッドライトガードやフレームカバーなどなど多くの専用部品を投入しながら、このプライスはお買い得だ。車体色は赤、黄のほか、アーミーな緑も設定されるというから注目!

アーミーグリーンは本誌予想CGで黄色は量産試作車の実物写真だ。新型クロスカブ110ならでは特徴としては、二人乗りが可能というのも大きい。後席のシートはまだ未公開だが、キャリアの上の乗せるタイプと思われる。

2018新型クロスカブ110の詳細その1はこちらへ、その2はこちら

いち

いち

記事一覧を見る

本誌編集長。雑誌は生き残りタイアップ全盛期だというのに、ひとり次期型ネタを嗅ぎまわって反感を買う現代のスクープ魔王。
■1972年生まれ
■愛車:BMW R100GS(1988)

この著者の最新の記事

関連記事