104万円で価格据え置き

2018新型XSR900ABSは赤が追加

【YAMAHA 2018年型XSR900ABS 日本仕様正式写真 価格104万2200円 発売日:11月6日】

XSR700国内仕様と同時にXSR9002018年モデルも発表。従来からある銀、黒に加えて赤が追加された。メカニズム的な変更はなく、従来色は継続販売となっている。

シリーズ初のレッドがインパクト大

ネオクラシックモデルということで、渋めのカラーリングが多かったXSR900に鮮烈なビビッドレッドカクテル1が加わった。先に発表されたアメリカではラピッドレッド、欧州ではレーシングレッドという色名で、1980年代のXS850で使われていたカラーリングと説明されたもの。初代からあるアルミ地をヘラライン加工したマットグレーメタリック3201610月に追加されたブラックメタリックXは継続となっている。

(※上記5点の写真は海外仕様の参考画像です)

 

■カラーバリエーション(日本仕様)

一番上が新色のビビッドレッドカクテル1。1980年代のXS850で使われていたカラーリングがモチーフとなっているという。初代からあるアルミ地をヘラライン加工したマットグレーメタリック3(2色目)と2016年10月に追加されたブラックメタリックX(3色目)は’18年も継続カラーとなる。

主要諸元■全長2075 全幅815 全高1140 軸距1440 シート高830(各mm) 車重195㎏■水冷4スト並列3気筒DOHC4バルブ845cc 内径×行程 78×59mm 116ps/10000rpm 8.9-m/8500rpm 6段リターン 燃料タンク容量14L■ブレーキF=Wディスク R=ディスク■タイヤF=120/70ZR17 180/55ZR17

 

以下ヤマハ発動機リリース

■ヤマハ発動機・正式WEBサイトはコチラ。カタログ送付申し込み&PDFダウンロードができます。

いち

いち

記事一覧を見る

本誌編集長。雑誌は生き残りタイアップ全盛期だというのに、ひとり次期型ネタを嗅ぎまわって反感を買う現代のスクープ魔王。
■1972年生まれ
■愛車:BMW R100GS(1988)

この著者の最新の記事

関連記事