【身長156cmでも足裏ベタ着きでカッコよく見えるポジションが好印象!】インディアン スカウト ローグ 試乗インプレ

  • BRAND POST[PR]: インディアンモーターサイクル

アメリカ最古のモーターサイクルメーカー、インディアンモーターサイクル(以下インディアン)。『もっとも乗りやすいインディアンのモーターサイクル』と評されているスカウトシリーズは、4モデルがラインナップしており、それぞれの魅力が満載! 今回は「アフリカエコレース」の出場と完走を目指している女性ライダーの田中愛生さんがインプレ! 身長156cmの田中さんが感じた『スカウト ローグ』の魅力とは?

●文:ミリオーレ編集部(村田奈緒子) ●写真:真弓悟史 ●BRAND POST提供:インディアンモーターサイクル

田中愛生(たなか・あい)/群馬県出身。バイク好きの父の影響から二輪免許を取得。パリダカへの憧れ、そしてオフロード部隊による東日本大震災支援活動を知り、オフロードに興味を持つ。大学卒業後ニュージーランドへ語学留学し、帰国後は長野県白馬村に移住。現在はアフリカの大地を舞台に繰り広げられる総距離6500kmにも及ぶ過酷なデザートラリー「アフリカエコレース」の出場と完走を目指して、日々練習中。現在の愛車は、KTM 500 EXC-F SIX DAY、ヤマハ セロー250など。
Ai Tanaka AI’s Blog Ai Tanaka Instagram

『スカウト』で感じた軽さは『スカウト ローグ』も同じ!

──前回『スカウト』のインプレをした田中愛生さん。長年オフロードバイクしか乗っていなかったと言う田中さんですが、久しぶりに乗ったクルーザーにはいろいろな気づきがあったそうですね?

「『スカウト』に初めて乗った時は、車両重量256kg(装備含む)とは思えない軽快さにまずびっくりしました。そして身長156cmの私でも足着き性が良く、すんなりと身体にフィットして、走り出せばすぐに違和感なくライディングを楽しむことができました。

『スカウト ローグ』は、スカウト4モデルのなかでも最軽量の250kg(装備)。シリーズの中では最軽量と言っても、普段オフロードバイクにばかり乗っている私にとっては数字だけを見ると重さが気になるものですが、『スカウト ローグ』もやっぱり軽かったですね。バイクを起こすときはもちろん、取り回しもなんて軽いんだろう! と思いました」

MIGLIORE|ミリオーレ|インディアン|スカウトローグ|インプレ|試乗|レビュー|田中愛生
MIGLIORE|ミリオーレ|インディアン|スカウトローグ|インプレ|試乗|レビュー|田中愛生

車重は256kgと数字だけをみると軽くはないが、ロー&ロングの緻密な設計が取り回し時やハンドリングの軽さを実現している。シート高は649mm。フォワードステップだが自然なライディングポジションを取ることができるので、クルーザーに不慣れなライダーでも親しみやすい。

MIGLIORE|ミリオーレ|インディアン|スカウトローグ|インプレ|試乗|レビュー|田中愛生
MIGLIORE|ミリオーレ|インディアン|スカウトローグ|インプレ|試乗|レビュー|田中愛生

正面から見てもそのスリムさが際立つ『スカウト ローグ』。Uターンも簡単!

MIGLIORE|ミリオーレ|インディアン|スカウトローグ|インプレ|試乗|レビュー|田中愛生

バックショットも精悍。色々な角度から眺めるのが楽しい!

『根は優しい不良』は高速巡行でも快適!

MIGLIORE|ミリオーレ|インディアン|スカウトローグ|インプレ|試乗|レビュー|田中愛生

ふとしたシーンでバイクと自分を見る。「なんか私カッコいいかも!」と思わせてくれるバイクに巡り合えることはラッキーなこと。

──ローグには「いたずらっ子」「わんぱく」「不良」などの意味がありますが、印象はどうでした?

「クルーザー然としたスタイルとブラックアウトのデザインは確かに『不良』的なワルの雰囲気はありますよね。でも乗ってみると怖さがないし、私は優しさを感じました。

重さや大柄なボリュームを感じさせないこともライダーに優しいなと思うし、何より乗り手の感覚に従順になじむかのような素直さにも優しさを感じました。やんちゃな見た目だけど根は優しい『不良』というのが、ローグのキャラクターなんだと思います」

──『根は優しい不良』とは言い得て妙ですね。

「今回、乗り始めてすぐに高速道路も走行しましたが本当に快適でしたね。この日は風が強かったんですけど、ロー&ロングな『スカウト ローグ』は、安心感があって力まずに乗ることができました」

──Uターンも軽々こなしていて、はじめて乗るバイクとは思えないくらい安定感が感じられました。

「何度も言っちゃいますが、『スカウト』シリーズは軽いからスイスイとUターンもできちゃうんですよね。それに加えて『スカウト ローグ』は思っていた以上にスポーティーな走りをかなえてくれるので、コーナリングで調子に乗るとステップを擦ってしまいそうで、そこを注意したほどです。

95hpを発揮する1133cc水冷Vツインエンジンと聞くと『そんなパワーを楽しく扱えるんだろうか?』と思っていましたが、アクセルを回した時の加速も心地よくて、軽快なハンドリングはクセになりますね」

──足着き性はどうでしたか?

「シート高649mmの『スカウト ローグ』は、身長156cmの私でも足裏べったりです! 普段乗っているオフロードバイクはシート高があるので、個人的には足着き性はあまり気にしないんですが、でも足がしっかりと着く/着かないはバイクに不慣れな人には重要なポイントですよね。

足着き性が良好な点もポイントですが、アルミダイキャスト製フレームと低重心設計、さらにホールド感のあるシートなども相まって、私のような体格が小柄なライダーでも不安を覚えることなく、バイクとの一体感をすぐに感じられるのが『スカウト ローグ』の魅力だなと感じました」

MIGLIORE|ミリオーレ|インディアン|スカウトローグ|インプレ|試乗|レビュー|田中愛生
MIGLIORE|ミリオーレ|インディアン|スカウトローグ|インプレ|試乗|レビュー|田中愛生

身長156cmの田中さんでも足裏全面が着く『スカウト ローグ』。「コーナリングが楽しくて、ステップを削らないように気をつけました」とコメント。

MIGLIORE|ミリオーレ|インディアン|スカウトローグ|インプレ|試乗|レビュー|田中愛生
MIGLIORE|ミリオーレ|インディアン|スカウトローグ|インプレ|試乗|レビュー|田中愛生

シンプルなベースだけに、『アクセサリー20万円分プレゼント!キャンペーン』を利用してカスタムするのも楽しそう!

MIGLIORE|ミリオーレ|インディアン|スカウトローグ|インプレ|試乗|レビュー|田中愛生
MIGLIORE|ミリオーレ|インディアン|スカウトローグ|インプレ|試乗|レビュー|田中愛生

エンジンの表面を切削してオリジナリティを演出しているのが、スカウトシリーズの水冷エンジンの特徴。エンジンガード(5万7805円)はオプション。

MIGLIORE|ミリオーレ|インディアン|スカウトローグ|インプレ|試乗|レビュー|田中愛生
MIGLIORE|ミリオーレ|インディアン|スカウトローグ|インプレ|試乗|レビュー|田中愛生

他メーカーは無機質なプロダクト然とした水冷エンジンが多いなか、インディアンはその佇まいもきちんとデザインしており、バイクへの愛を感じさせてくれる。

MIGLIORE|ミリオーレ|インディアン|スカウトローグ|インプレ|試乗|レビュー|田中愛生
MIGLIORE|ミリオーレ|インディアン|スカウトローグ|インプレ|試乗|レビュー|田中愛生

フォワードタイプのステップポジションをしっかりと固定するシート。加速も受け止めてくれる立体的な形状で、座り心地も良い。パッセンジャー部分のあるこのタイプはオプション。7万5317円。

小柄な私でもサマになるクールなポジションがおすすめ!

──ミニエイプハンドルバー&フォワードコントロールのポジションはどう感じましたか?

「はじめはどんなポジションになるのかイメージできていなかったのですが、実際にハンドルを握ってみると、想像以上にリラックスなスタイルで乗ることができるんだと気づきました。

そして乗った時のポジションがカッコよく見えるのも良かったですね。街中を走行して信号待ちしたり、ガソリンスタンドに入ったときにガラスに映ったのを見て『なんか私カッコいいじゃん!』と気持ちが高揚しました」

──今回お借りした車両は純正アクセサリーもセットされていて、よりカッコいいバイクに仕上がっていましたね。

「パーツやアクセサリーを追加して、自分らしいバイクにしていくのも楽しいですよね。今ならスカウトシリーズを成約すると20万円分のパーツ/アパレル/アクセサリーをプレゼントする『INDIAN SCOUT スタイルアップグレードキャンペーン!』が実施されているとのことで、検討中の方は大チャンスだと思います! (キャンペーン開催は7月31日まで)」

MIGLIORE|ミリオーレ|インディアン|スカウトローグ|インプレ|試乗|レビュー|田中愛生
MIGLIORE|ミリオーレ|インディアン|スカウトローグ|インプレ|試乗|レビュー|田中愛生

オプションのサドルバッグ(5万2547円)が装着されたバイクは、よりスタイリッシュな雰囲気を演出。2023年7月31日まで開催されている『INDIAN SCOUT スタイルアップグレードキャンペーン!』を活用すれば、より自分好みの1台に仕上げることができる!

MIGLIORE|ミリオーレ|インディアン|スカウトローグ|インプレ|試乗|レビュー|田中愛生
MIGLIORE|ミリオーレ|インディアン|スカウトローグ|インプレ|試乗|レビュー|田中愛生

ヘッドライトはオプションのコーナリングライト機能を持ったLED(8万9518円)。スマートなビキニカウルがスカウト ローグをよりスポーティーに見せる。ハンドルバーエンドにミラーを装着。このミラーポジションもあり、アップハンドルだけれど低いスタイルを実現。

──オフ車とは違うバイクの魅力を改めて感じられたようですね。

「ハイハンドルのクルーザーって、キメキメのブラックスタイルで乗るのがいいと思っていたんですけど、バイク自体がクールで、さらにハイハンドルで自然とリラックスしたスタイルがつくれるから、どんなファッションでもサマになると思いました。

『スカウト ローグ』は悪そうに見えてフレンドリー、一緒にいると私自身もカッコよくなった気分にしてくれるバイク。オフ車も楽しいですが、バイクはやっぱり種類によってそれぞれ異なる魅力や楽しさがあっていいな〜と思いました。

ラリーへの挑戦を終えたら(田中さんは総距離6500㎞にも及ぶ過酷なデザートラリー『アフリカエコレース』の出場と完走を目指している)、いつかプライベートでゆっくりと『スカウト ローグ』で旅に出てみたいですね」

MIGLIORE|ミリオーレ|インディアン|スカウトローグ|インプレ|試乗|レビュー|田中愛生
MIGLIORE|ミリオーレ|インディアン|スカウトローグ|インプレ|試乗|レビュー|田中愛生

走り出す前は変わったポジションに見えたけれど、走り出してしまうととても快適。違和感はどこにもない。

MIGLIORE|ミリオーレ|インディアン|スカウトローグ|インプレ|試乗|レビュー|田中愛生
MIGLIORE|ミリオーレ|インディアン|スカウトローグ|インプレ|試乗|レビュー|田中愛生

他のスカウトよりもフロントタイヤが細いのがローグの特徴。今回の試乗車にはオプションのFOX製のリヤサスペンション(16万8905円)が装着されていた。少し車高は上がるようだが、乗り心地や路面追従性はかなり向上するとのこと。また、駆動は静粛性にも優れメンテナンスフリーのベルトドライブ。

MIGLIORE|ミリオーレ|インディアン|スカウトローグ|インプレ|試乗|レビュー|田中愛生
MIGLIORE|ミリオーレ|インディアン|スカウトローグ|インプレ|試乗|レビュー|田中愛生

メーターはシンプルで視認性の高いデザイン。メインのメーターの左に設置しているタコメーター(5万2547円)はオプション。テールまわりはウインカーがテールライトを共有するモダンなデザイン。

スカウト ローグは全7カラーを展開

MIGLIORE|ミリオーレ|インディアン|スカウトローグ|インプレ|試乗|レビュー|田中愛生
MIGLIORE|ミリオーレ|インディアン|スカウトローグ|インプレ|試乗|レビュー|田中愛生

上の写真で紹介した車両のカラーは、ステルスグレー/244万8000円。今回の撮影で使用した車両には、エンジンガード/シート/サドルバッグ/リヤサスペンション/タコメーターなどのオプションパーツが装着されている。

MIGLIORE|ミリオーレ|インディアン|スカウトローグ|インプレ|試乗|レビュー|田中愛生

ブラックメタリック/236万8000円

MIGLIORE|ミリオーレ|インディアン|スカウトローグ|インプレ|試乗|レビュー|田中愛生

ストームブルー/241万8000円

MIGLIORE|ミリオーレ|インディアン|スカウトローグ|インプレ|試乗|レビュー|田中愛生

セージブラッシュスモーク/241万8000円

MIGLIORE|ミリオーレ|インディアン|スカウトローグ|インプレ|試乗|レビュー|田中愛生

ブラックスモーク/244万8000円

MIGLIORE|ミリオーレ|インディアン|スカウトローグ|インプレ|試乗|レビュー|田中愛生

ブラックアズールクリスタル/248万6000円

MIGLIORE|ミリオーレ|インディアン|スカウトローグ|インプレ|試乗|レビュー|田中愛生

コッパーメタリック/248万6000円

MIGLIORE|ミリオーレ|インディアン|スカウトローグ|インプレ|試乗|レビュー|田中愛生

【’23 INDIAN MOTORCYCLE Scout Rogue】主要諸元 ■軸距1576 シート高649(各mm) 車重250kg(装備) ■水冷4ストV型2気筒 1133cc 内径99×行程73.6mm 圧縮比10.7:1 最大トルク9.89kg-m/5600rpm 変速機6段 燃料タンク容量12.5L ■キャスター29°/トレール120mm ブレーキ形式F=φ298mmSディスク+2ポッドキャリパー R=φ298mmディスク+1ポッドキャリパー タイヤサイズF=130/60B19 61H R=150/80B16 77H ●価格:236万8000円〜


※本記事はインディアンモーターサイクルが提供したもので、一部プロモーション要素を含みます。※掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。