自分にピッタリのB+COMは?SB6X・ONE・PLAYの選び方をくわしくご紹介します!<バイクスタイル別編 #2>

  • 2022/07/19
  • 【BRAND POST】サイン・ハウス

●BRAND POST提供:サイン・ハウス

バイク用BluetoothインカムB+COMは、「音楽が聴ける」「電話で話せる」の基本機能を備えています。「バイク用インカム」ということで、B+COMのメインとなる機能はやっぱり「ライダー同士でのインカム通話」

一緒に走る仲間やタンデムするパートナーがいるバイクライフでは、インカム通話機能が大活躍しツーリング中はドライブよりも会話が弾むこともある、という声をよく耳にします。 

一方、ソロライディングがメインという方は、気分に合わせた音楽を楽しんだり、ナビやレーダーの音声を聴き逃すことなく情報をキャッチしたり、仕事の電話をしたりと、移動中の耳の空き時間を有効活用して便利で快適な時間をお過ごしいただいています。 

誰かと一緒の方はやっぱりSB6X

仲間との行動が多い場合におすすめなのはハイエンドモデルのSB6XSB6Xの魅力は、インカム通話中でも接続しているスマートフォンの音楽やナビ音声を極上の音質で聴くことができる、「聴きトーク」機能です。

知らない土地でのツーリングに活躍するナビ音声も、インカム通話をしながら聴き逃すことはありません。
また、通話に夢中になっていても、インカム通話連続使用時間は最大約16時間※の大容量バッテリーを搭載しているので、途中で電池が切れて通話が終了…という心配もありません。 

※1対1での通話時の連続最大使用時間になります。 

ひとりならONEやPLAYが◎

サイン・ハウスがSNS等で独自に行ったアンケート調査では、バイクに乗る場合1人で行動をする、という回答が非常に多い結果でした。ひとりのバイク時間を楽しむときは、ONEPLAYがおすすめです。 

ONEは<プレミアム>スタンダードモデルで、「インカム通話」機能も含む基本機能をプレミアムなサウンド・使い心地でお楽しみいただけます。

インカム通話は必要ないけどロングツーリングや高速走行が多い、とにかく「いい音」で音を楽しみたい。そんなソロライダーには音楽連続再生最大約14時間で、極上の音質とパワフルな音圧を体感できるB+COM SOUND SYSTEMが搭載されたONEがおすすめ、ひとりの時間をさらに快適に過ごすことができます。 

毎日の通勤・通学で音楽やアプリ音声を楽しみたい、近場のツーリングをふらっと出かけるときにナビ音声を聴きたい、初めてのインカムはリーズナブルな価格で試してみたい、という方には7月23日発売のPLAYがおすすめ。

ワイヤレスイヤホンのような手軽さで、ヘルメットを被ったまま接続中デバイスのリモコン操作や、マイクを取付けすれば携帯通話も可能です。連続使用時間は最大約12時間なので、通勤通学なら週1回程度の充電でOK。
音質はB+COM SOUND SYSTEMが搭載されたSB6XONEにゆずりますが、B+COMらしい「いい音」でバイク走行中でもカジュアルに音声を聴くことができます。 

まとめ

サイン・ハウスWEBサイトでは、「目的別」に合わせた選びかたをご紹介中です。 

使用時間や音質などのスペックの違いがあるので、自分のバイクライフに合わせたモデルをお選びいただくのがベストです。迷ったら、是非サイン・ハウスにお気軽にお問い合わせください。 

※本記事はサイン・ハウスが提供したものであり、著作上の権利および文責は提供元に属します。なお、掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。

WEBヤングマシン|新車バイクニュース