チームカガヤマ鐵隼応援プロジェクト

サインハウス バイブレーションガード試用インプレ【高周波振動を低周波に変換してダメージ軽減】

サインハウス バイブレーションガード試用インプレ

バイクにマウントしていたことが原因で、スマホの光学式手振れ補正やオートフォーカスなどが損傷したという話をよく聞くようになった昨今。その原因とされるエンジンの高周波振動を低周波に変換することでダメージを軽減するというアイテムが、サインハウスから登場した。果たしてその効果はいかに。

●まとめ: ヤングマシン編集部(大屋雄一) ●写真: 真弓悟史 ●外部リンク:サインハウス

[◯] 特許出願中の防振構造がスマホのダメージを軽減

iPhoneを製造販売しているアップル社は、’21年9月に「高出力または大排気量のエンジンは特定の周波数範囲で振幅の大きい振動を生じるため、iPhoneをそうしたバイクへの装着を推奨しない」と発表した。また、それ以前からスマホのカメラ機能への悪影響が指摘されており、そうした背景もあって誕生したのがサインハウスの「バイブレーションガード」だ。同社製マウントシステム「Aスマートフォンホルダー」に装着するというシンプルな設計なので、すでに使用しているユーザーなら導入は容易だ。

サインハウス バイブレーションガード

【サインハウス バイブレーションガード】●対応:M8シリーズスマートフォンホルダー(A-32/A-37/A-38/A-44/A-45/A-46) ●価格:5280円 [写真タップで拡大]

防振ゴムをアルミパーツで上下から挟み込む設計で、このゴムはホルダーにスマホを固定しただけでしなるほど柔らかい。エンジンを始動すると、たしかにスマホに伝わる微振動は角が取れた印象だが、これは装着場所やエンジンの気筒数などによっても変化しそうだ。スマホのカメラ機能の性能低下は、あくまでもダメージの蓄積によるもので、短時間の試乗ではその効果について言及できない。また、画面の揺れが大きいのがネックだが、過去にスマホの故障を経験しているライダーにとっては救世主になってくれそうだ。

サイン・ハウス バイブレーションガード

【特許出願中の独自構造。防振ゴムは定期交換を】円盤状の防振ゴムをアルミ製のトライアームで上下から挟み込むことで、全方向からの振動を抑制。この防振ゴム(770円)は購入後2年毎を目安に要交換だ。 [写真タップで拡大]

サイン・ハウス バイブレーションガード

【Aパーツに取り付けるだけ】M8シリーズのスマートフォンホルダー専用設計となっており、すでに同社のマウントシステムを運用している人は、これを追加するだけで振動対策できる。 [写真タップで拡大]

サイン・ハウス バイブレーションガード

【最大で30°ぐらい傾くことも】防振ゴムはスマホをマウントしただけでも傾くほどにソフトで、ギャップ通過時などバイクが瞬間的な衝撃を受けた場合、バイブレーションガード非装着時と比べて最大で30°程度傾くことがあるという。タンクやトップブリッジなどに接触しないよう注意しよう。 [写真タップで拡大]

サイン・ハウス バイブレーションガード

【マウント位置が高くなる場合も】Aパーツ(スマホホルダー)とBパーツ(アーム)の間にバイブレーションガードが来るので、その分だけスマホの位置が非装着時よりも高くなってしまう可能性は大きい。車種や好みによっては、アームを短いものに交換した方がいいケースが出てくるかもしれない。 [写真タップで拡大]

サイン・ハウス バイブレーションガード

バイブレーションガードの有無における揺れの大きさをイメージ化したもの。アップル社では損傷の原因として「特定の周波数範囲で振幅の大きい振動」を挙げており、具体的な数値は明言していないが、それが上のグラフの危険ゾーンと合致するのであれば、かなり効果的だろう。 [写真タップで拡大]

[△] 振幅はけっこう大きめ。周囲との干渉に要注意

ギャップで大きく揺れるので、装着位置によってはタンクなどに接触する可能性もあり、注意が必要だ。

[こんな人におすすめ] 故障の原因は高周波なのか高振幅なのか…?

たとえば、ミラーを交換したら特定の回転域で鏡像がブレるようになったなどという話は多い。振動問題はひと筋縄ではいかないことから、この商品も「故障リスクをゼロにはできない」と明言している。とはいえ解決策のひとつとしてはアリだろう。


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

チームカガヤマ鐵隼応援プロジェクト

サインハウスに関連する記事

ヤンマシ的ホットアイテムピックアップ×9選〈エッチングファクトリー/ヨシムラ/デイトナ etc.〉

エッチングファクトリー ラジエターガード/SB(’22 YZF-R7 ) フロントタイヤに巻き上げられた小石などから、ラジエーターコアを保護するアイテム。こだわりのメッシュパターンは、冷却効率と保護性能を両立している。 ヨシムラジャパン ステップキットXトレッド(‘21 GSX-S1000) 5つのポジションに調整可能なステップバーで、様々な体型やライディングスタイルに対応。肉抜き加工 […]

サインハウス バイブレーションガード試用インプレ【高周波振動を低周波に変換してダメージ軽減】

バイクにマウントしていたことが原因で、スマホの光学式手振れ補正やオートフォーカスなどが損傷したという話をよく聞くようになった昨今。その原因とされるエンジンの高周波振動を低周波に変換することでダメージを軽減するというアイテムが、サインハウスから登場した。果たしてその効果はいかに。 [◯] 特許出願中の防振構造がスマホのダメージを軽減 iPhoneを製造販売しているアップル社は、’21年9 […]

ロングツーリングラリー・SSTRで重宝したスマホホルダー&インカム〈サインハウス〉

もはやツーリングに欠かせないという人も少なくない、スマートフォンホルダーやバイク用インカム。SSTR2021(サンライズサンセットツーリングラリー)参加時に使用し、その利便性を再確認した。今回は高品質なバイクグッズを開発/販売しているサインハウスの製品を紹介しよう。 マウントシステム:アルミ削り出しの高品質。バイク専用設計だから安心 スマートフォンなどをハンドルマウントするデバイスホルダーは、「も […]

ヤンマシ的ホットアイテムピックアップ×9選〈ヨシムラジャパン/モリワキ/デイトナ/クシタニ etc.〉

ヨシムラ スリップオンR-11Sqサイクロン(’21 GSX-S1000) STDの低~中回転域の扱いやすさを生かしながら、高回転域ではSTDを上回る出力を実現するスリップオンマフラー。専用ヒートガード&サイレンサーステー付き。 モリワキ フルエキゾーストクロスショートゼロ ブラックBP-X(’19- CBR650R/CB650R) ’19年の東京モーターサイクルショーに展 […]

旅のお供に、ナビや音楽に大活躍するスマホマウント【ハーレーオーナー向けスマホホルダー指南】

初めて旅する場所であれば、必ず持ち歩きたいのが地図。昔はタンクバッグに紙の地図。続いてバイク専用ナビゲーションシステム。さらに現在主流となっているのがスマートフォンの地図アプリを使用したナビゲーションだ。スマホをハンドルやメーターまわりに固定するためのホルダーが様々なメーカーから販売されている。今回はハーレーユーザーにおすすめしたい、定番モデルから最新の防振モデルまで全5点ピックアップした。 ラム […]

ストレスのないツーリングをかなえる最新デバイスホルダー【サイン・ハウスのMOUNT SYSTEM】

バイク専用×高強度アルミ削り出しのデバイスホルダー 2006年の発売以来、バイク専用に設計・開発されたサイン・ハウスのデバイスホルダー「MOUNT SYSTEM(マウントシステム)」は多くのライダーから支持を得てきた。 良品には長く売れ続ける理由があるもの。この「MOUNT SYSTEM」の場合、その理由は明確だ。 ・どんな振動にも耐えられる強度があること・タフでありながらも、軽量で傷つきにくいこ […]

バイク専用デバイスホルダー「マウントシステム」がさらに進化。幅広い車種に対応し、林道ツーリングでも大活躍!!

機能美溢れるアルミ削り出しの造形/高強度かつ緻密な作り込みがなされたサインハウスのバイク専用デバイスホルダー「マウントシステム」が、さらにグレードアップして登場。ホルダー/アーム/ベースの3つのパーツからなるマウントシステムはパーツ別に購入でき、驚くほど自由度の高い汎用性と利便性に優れた製品として定評がある。そこでオフロードマシン総合誌『ゴー・ライド』編集部が、グレードアップした新モデルをオフロー […]

ヤンマシ的ホットアイテムピックアップ×12選〈SHOEI/HJC/ゼウス/クシタニ etc.〉

Z-8 ノクターン[SHOEI] ’21年3月に発売されたSHOEIのフルフェイスヘルメット「Z-8」に新グラフィック「ノクターン」が追加された。3パターン展開で、緑×白のTC-4はイタリア国旗のようなデザインだ。 RPHA11 エイリアンズ[HJC] HJCのハイエンドモデルヘルメットRPHA11に、SFホラー映画「エイリアン」をモチーフにしたグラフィックが登場。特徴を忠実に再現した […]

最新の記事

ホーム同時購入で特典がもらえる! カワサキプラザより「ニンジャZX-25R アクラポビッチスタイル」販売開始
WEBヤングマシン|新車バイクニュース