サイン・ハウスのバイク専用デバイスホルダー「マウントシステム」:時代のニーズに合わせた新製品が登場!

  • 2021/10/21
  • 【BRAND POST】サイン・ハウス

自社のナビやアクションカムをハンドル周辺に取り付けるため、’06年にバイク専用品として登場したのがサイン・ハウスのマウントシステムだ。発売当初からホルダー/アーム/ベースの3種類が別売りとなっており、車両やデバイスの進化に合わせてラインナップを拡充している。’21年9月に発売された新製品はまさに最新のニーズに応えるもので、ドレスアップパーツとして進化した点にも注目を。

●文:ヤングマシン編集部(大屋雄一) ●写真:真弓悟史 ●BRAND POST提供:サイン・ハウス

テーマは自由度の拡大。装着できない機種はない

美しい切削加工と硬質アルマイトにより、カスタムパーツのような存在感を放つサイン・ハウスのマウントシステム。A:ホルダー/B:アーム/C:ベースの3つを別売りとして汎用性を高めたり、ジョイントのボールに硬質ラバーを使うことで振動吸収性を得るなど、基本理念は’06年の発売当初から不変なのだ。

サイン・ハウス バイク専用デバイスホルダー マウントシステム
サイン・ハウス バイク専用デバイスホルダー マウントシステム

【サイン・ハウス バイク専用デバイスホルダー マウントシステム】アルミA6061材を用い、精密な切削加工によって生み出されるサイン・ハウスのマウントシステム。機能美を追求したスリムなデザインであり、ハンドル周辺をスタイリッシュに演出する役目も。※写真は21ヤマハSR400FEに装着 [写真タップで拡大]

’21年9月に発売された新製品を紹介しよう。まずはAパーツのスマホホルダー・タイプ5から。対応サイズは前作のタイプ4と共通だが、スマホをホールドするツメ部のサイズや位置を再設計し、側面にレイアウトされたボタンとの干渉を軽減。フレームの肉抜き加工など、デザイン性が向上しているのも見逃せない。

続いてBパーツのアームは、ノブが入力しやすい形状となり、小さな力でもしっかり固定できるようになった。また、角度調整可動範囲が大幅に増えたのと、セパレートハンドルユーザーから要望の多かった76mm(ボール間表記)が追加されて、42mmと56mmを合わせて長さが3種類となった。

Cパーツについては、もっともベーシックなハンドルバー用のパイプクランプベースが、固定力はそのままに約5mm薄く設計変更された。従来品との差はわずかだが、これによって対応車種がかなり増えるという。

合わせて、パーツを単品で揃えるよりもお得なセットを用意するほか、衝撃吸収ユニット「バイブレーションガード」を’21年冬に発売予定だ。

バイクを乗り換えても、スマホを機種変更しても、パーツ交換で使い続けられる。これもマウントシステムの魅力のひとつだ。

マウントシステムAパーツ:ツメのサイズや位置を見直して最新機種にも幅広く対応

サイン・ハウス バイク専用デバイスホルダー マウントシステム Aパーツ
サイン・ハウス バイク専用デバイスホルダー マウントシステム Aパーツ

写真左はスマホ汎用ホルダー・旧型タイプ4で、右が新型のタイプ5だ。対応サイズ(幅61~87mm/高さ120~175mm/厚さ13.5mmまで)に変更はないものの、スライドパーツによる強固な固定力はそのままに、ツメ部のサイズや位置を見直している。肉抜きされたフレームデザインにも注目を。●価格:1万7600円 [写真タップで拡大]

マウントシステムBパーツ:調整範囲をアップ

サイン・ハウス バイク専用デバイスホルダー マウントシステム|Bパーツ
[写真タップで拡大]

Bパーツのアームは角度調整可動範囲が120~260%もアップした。さらに新デザインのノブにより固定力が向上。サイズ表記が全長からボール間に変更されたのも見逃せないポイント。写真左からB-8[42mm]/B-9[56mm]/B-10[76mm]。●価格:5500円

マウントシステムCパーツ:約5mmスリムに進化

サイン・ハウス バイク専用デバイスホルダー マウントシステム|Cパーツ
[写真タップで拡大]

ハンドルバーに固定するパイプクランプベースは、厚みが従来の約19.2mmから約14mmと、約5mm薄くなり取り付けの自由度がアップ。写真左からC-40[φ22.2mm]/C-41[φ25.4mm]/C-42[φ28.5mm]/C-43[φ31.75mm]。●価格:4620円

お得なスマホセットには限定ブラックを用意

サインハウス マウントシステム ホルダーセット ブラック
[写真タップで拡大]

【マウントシステムホルダーセット】A/B/Cパーツの中で人気の製品を厳選したスマホホルダーセットを用意。単品で揃えるよりも2420円安くなる計算だ(シルバーの場合)。また、このセットのみ限定でブラックも用意し、これのクランプベースはインチサイズとなる。●価格:2万6400円(ブラック)


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

WEBヤングマシン|最新バイク情報