【BRAND POST】ベビーフェイス

操作性から安全性まで、CBR250RRパフォーマンスを引き出すカスタムパーツ〈ベビーフェイス〉

操作性から安全性まで、CBR250RRパフォーマンスを引き出すカスタムパーツ〈ベビーフェイス〉

’20年の秋に改良を行い、エンジンのパワーアップやアップ/ダウン対応のクイックシフターを設定するなど、大きなパフォーマンスアップを遂げたホンダCBR250RR。ベビーフェイスがそのカスタムマシンを制作した。

●文/写真:箱崎太輔 ●BRAND POST提供:ベビーフェイス

パフォーマンスステップはシフターにも対応

マイナーチェンジで進化と熟成を遂げたホンダCBR250RR。圧縮比アップなどによるエンジンのパワーアップもさることながら、操作面での大きなトピックがクイックシフターの設定。シフトアップもダウンもペダル操作だけで行えるため、ひとたび走り出してしまえば基本的にクラッチレバー操作が不要となる便利で快適な機能だ。

今回、ベビーフェイスが制作したCBR250RRに装着されたパフォーマンスステップは、そのクイックシフターに対応しているのが注目点。それでいて5ポジションが選択可能とされている。サーキット向けのレースコンセプトシリーズもラインナップされる。

プロテクション関連は安心感を高める定番のエンジンスライダーに加えて、今回新たにラインナップされたのがタイミングホールプラグ。これはクランクケースのダメージ軽減に役立ってくれる。操作性から安全性まで、新型CBR250RRのパフォーマンスを引き出したカスタムマシンだ。

【パフォーマンスステップキット:’20モデルのシフター車に対応】新たにCBR250RRにオプション設定されたクイックシフターに対応。ワンプレートタイプでステップ位置は5ポジションが選択可能だ。ベアリング装備のペダルの動きはスムーズ。カラーはゴールド以外にブラック、シルバーがラインナップされる。●価格:4万9500円 [写真タップで拡大]

[写真タップで拡大]

【レースコンセプトハンドルキット:最適ポジションを生み出す】ハンドルバーの位置は角度と高さの組み合わせで9種類。ライダーの体型やライディングスタイルに合わせたポジションを選択できる。●価格:3万6300円

【レースコンセプトステップキット:レース前提のバックステップ】正逆パターンが選択可能でオートシフターにも対応。ステップ位置は5ポジションが選択可能だ。●価格:5万5000円 [写真タップで拡大]

【エンジンスライダー:転倒時のダメージ軽減】転倒などアクシデントの際にマシンのダメージを軽減してくれるエンジンスライダー。”転ばぬ先の杖”的な存在で装着していれば安心だ。●価格:2万900円 [写真タップで拡大]

[写真タップで拡大]

【タイミングホールプラグ】クランクケースカバーのタイミングホールに装着するプロテクター。スライダー部は滑りの良いジュラコン樹脂で制作。●価格:9900円

[写真タップで拡大]

【アクスルカップ】リヤアクスルシャフトに装着するジュラルミン削り出しのカップ。リヤアクスルまわりの保護とドレスアップ効果もある。●価格:5500円

[写真タップで拡大]

【レーシングフック】バイクをトランポに積載した際、固定ベルトのアンカーポイントとなる便利アイテム。レーシーな雰囲気も高めてくれる。●価格:3300円

[写真タップで拡大]

【ヘルメットロック】外出先でのお役立ちアイテムであるヘルメットロック。別売のヘルメットアンカーを併用すれば使い勝手もさらに向上する。●価格:3960円


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

WEBヤングマシン|最新バイク情報