第50回『マシン・オブ・ザ・イヤー2022』 &『 マシン・オブ・ザ・50イヤーズ』人気投票受付スタート

サクッと読めてためになる

Q31:走行中のヒヤリ! 曲がっている途中で「思ったよりキツい」どうすれば?【30秒でわかる! バイクの疑問】

Q31:走行中のヒヤリ! 曲がっている途中で「思ったよりキツい」どうすれば?【30秒でわかる! バイクの疑問】

ライダー予備軍や免許取り立てなら、知らないことばかりなのは当たり前。だけどキャリアの長いライダーだって「知っているようで解らない」があったりする。理解しなくてもバイクは乗れるけれど、知っていればトクするコトや、バイクライフが深まるヒントもたくさん。コッソリ知って、貴方も今日からベテランだ。31問目は走行中のヒヤリに関するギモン。


●文:ヤングマシン編集部



A31:バイクを起こして、何度でも曲がり直そう

峠の複合カーブや高速道路のアプローチなど、曲がりはじめた先でさらに曲率がキツくなっているシーンは結構ある。そんな時は慌てずに、一度バイクを起こして、もう一度曲がり直そう。決してもうひと寝かせして、と思わないこと。

旋回中に曲がりきれないと感じたら、かけられそうならブレーキをかけ、無理そうな場合はイン側のステップを踏んで、バイクを起こそう。起きたら”Q30“にもある「曲がるきっかけ」のポイントをもう一度探し、そこでブレーキリリースしたり抜重して向きを変える。

ブラインドカーブなどは、常に予測&修正しながら走るのがセオリー。1度で曲がろうとせず、カーブの中で何度も曲がる意識でいよう。

ブレーキのイメージ

【ブレーキで車体を起こす】そもそも1回の旋回で曲がれないコーナーはたくさんある。そんな時は慌てず、優しいブレーキでバイクを起こし、曲がるポイントでブレーキをリリースしてもう一度曲がろう。 [写真タップで拡大]

旋回中も重心移動

【焦らないこと】旋回中も上半身を起こしたり伏せたりしながら常に重心移動してバランスを探っていたい。曲がれない、と思った瞬間に身体に力が入るとさらに旋回の軌跡は大きくなるので注意。 [写真タップで拡大]


※各設問の回答は編集部独自の見解であり、諸説あります。
※本記事は“ヤングマシン”が提供したものであり、著作上の権利および文責は提供元に属します。なお、掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な記載がないかぎり、価格情報は消費税込です。



最新の記事

WEBヤングマシン|新車バイクニュース