ヤマハ YZF-R7 試乗インプレッション【スーパースポーツの敷居を下げた革命児】

ヤマハ YZF-R7

MT-07をベースに、幅広い技量のライダーがサーキットで扱いきれることを目指して誕生したのが、このYZF-R7だ。センターブレースなどで剛性バランスを調整したフレーム/KYB製の倒立フォーク/ブレンボの純ラジアルマスターなどを採用。100万円を切る車両価格にも注目だ。

●まとめ:ヤングマシン編集部(大屋雄一) ●写真:松井愼 ●外部リンク:ヤマハ

’22 ヤマハ YZF-R7 概要

スタイリング

ヤマハ YZF-R7

【YAMAHA YZF-R7】■全長2070 全高1160 軸距1395 シート高835(各mm)車重188kg■水冷4スト2気筒DOHC4バルブ 688cc 73ps/8750rpm 6.8kg-m/6500rpm 変速機6段リターン 燃料タンク容量13L ■ブレーキF=ディスク R=ディスク ■タイヤF=120/70ZR17 R=180/55ZR17 ●色:青 黒 ●価格:99万9900円 [写真タップで拡大]

ヤマハ YZF-R7

【さまざまな工夫でスキニープロポーションを実現】MT-07のスチール製ダイヤモンドフレームをベースに、スイングアームピボットの上下をアルミ製センターブレースで補強。フロントカウルのM字ダクト内に新作のLEDバイファンクションヘッドライトを設けることで、YZF-Rシリーズで最もスリムな車幅を実現している。アンダーカバーはアルミ製で、最大バンク角は53°だ。 [写真タップで拡大]

ライディングポジション

ヤマハ YZF-R7|ライディングポジション

シート高はMT-07よりも30mm高いが、座面前方がスリムなので足着き性はまずまず。後退したステップと低めのセパレートハンドルで構成されるライディングポジションはバランス良し。[身長175cm/体重62kg] [写真タップで拡大]

[◯] 操縦性はスーパースポーツそのもの。シャーシの完成度高し

小排気量のYZF-R25/R3とMT-25/03が同時に開発されたのに対し、MT-07をベースに誕生したこのYZF-R7は、完全に後から設計された。その背景には欧米で盛んなツインズカップという草レースの存在がある。600cc前後の2気筒車がエントリーできるこのクラス、アプリリアのRS660やスズキのSV650などが参戦しており、そこで活躍するべく作られたのがこのYZF-R7というわけだ。

さて、その走りはというと、低回転域から扱いやすく快活なエンジンフィールにMT-07の面影を感じるものの、ハンドリングは完全にスーパースポーツのそれだ。フロントの接地感が非常に高く、まるでタイヤのラウンド形状が手に取るように分かるほどだ。そして、車体の傾きに応じて前輪からグングンと向きを変え、スロットルを開ければリヤタイヤがググッと路面を捉える。前後のサスペンションだけでなくフレームのしなやかさも特徴的なMT-07に対し、YZF-R7はアルミツインスパーほどではないにせよ芯の通った剛性感があり、これをセンターブレースの追加程度で達成したことに感心せざるを得ない。なお、新設計の倒立フォークとR7に最適化されたリヤショックの作動性は非常に良く、巡航時の乗り心地も優秀だ。

ブレンボの純ラジアルマスターシリンダーと、ラジアルマウント化されたフロントキャリパーによるブレーキ性能も秀逸だ。コントロール性の良さは街乗りレベルでも感じられるほか、高い速度域からガツンと利かせられるのは高剛性な倒立フォークがあるからこそ。なお、ライダーエイドな電子制御としてはABSのみであり、その介入レベルなど作動性については特に不満はない。

270度位相クランク採用の688cc水冷並列2気筒“CP2”エンジンは、ほぼMT-07そのままだ。最高出力73psは、599cc並列4気筒のYZF-R6が約120psだったことを考えると控えめだが、渋滞にハマってもストレスを感じないほどフレキシブルであり、またCP2エンジンでは初採用となるA&Sクラッチによりレバーの操作力が軽いのも魅力だ。

ヤマハ YZF-R7|マフラー
ヤマハ YZF-R7|エンジン

【ハイスロットルプーリー&2次減速比変更。スーパースポーツ的な味付けに】688ccの水冷パラツインは最高出力73psも含めてMT-07と共通で、ハイスロットルプーリーの採用/ドリブンスプロケットを43→42Tに変更するなどしてスポーティな乗り味を演出。 [写真タップで拡大]

ヤマハ YZF-R7|リヤ
ヤマハ YZF-R7|フロント

【足回りはMT-07から極力流用しコスト削減】キャリパーはフロントがアドヴィックスのラジアルマウント、リヤはニッシン製だ。リヤサスペンションはリンク式のモノショックで、ショックユニットはバネレートと減衰特性をYZF-R7用に最適化している。プリロード7段階と伸び側減衰力が調整可能だ。 [写真タップで拡大]

ヤマハ YZF-R7|ブレーキ

ブレンボ製のセミラジアルではなく純ラジアルマスターシリンダーの採用は、量産モデルでは初となる。ちなみにYZF-R1は’04年からブレンボのセミラジアル、’15年以降は上位モデルのMも含めてニッシン製を採用する。 [写真タップで拡大]

ヤマハ YZF-R7|フロントフォーク

フロントフォークはMT-07のφ41mm正立式から新設計のφ41mm倒立式フルアジャスタブルに。キャスター角を24.8°→23.7°と立てながらトレール量90mmを維持するため、フォークオフセットを40→35mmへと短縮している。 [写真タップで拡大]

ヤマハ YZF-R7|ハンドル
ヤマハ YZF-R7|メーター

セパレートハンドルはシートおよびステップ位置とのバランスを考慮した絞り&垂れ角に。新作メーターは高精細なネガポジ反転液晶で、漆黒に見えるのが特徴。 [写真タップで拡大]

ヤマハ YZF-R7|燃料タンク

【YZF-Rシリーズの遺伝子を随所に感じるスタイリング】タンクカバーはニーグリップエリアを深く絞り込みながら、MT-07と同じ13Lものタンク容量を確保。 [写真タップで拡大]

ヤマハ YZF-R7|シート
ヤマハ YZF-R7|タンデムシート下

ライダーシートは座面後方をワイドにして自由度を確保する。タンデムシートとテールランプはYZF-R1/R6から流用。 [写真タップで拡大]

[△] やや薄らいでしまったベース車の自由自在感

どんな操縦でもスッと旋回体制に移行でき、バンク中のライン変更も自在なMT-07に対し、YZF-R7は速度域が高くなるほどしっかりとしたステップワークが必要に。とはいえ、スーパースポーツらしい操縦を学ぶにはいい教材とも言える。

[こんな人におすすめ] スポーティな走りを日常的に楽しめる優良車

YZF-R25/R3がツーリングも楽しめるスポーツモデルなのに対し、YZF-R7はライディングポジション/ハンドリングともスーパースポーツ寄りであり、イメージ的に近いのはカワサキのZX-25Rだ。サーキットデビューしたい人に自信を持って勧めたい。


※本記事は”ヤングマシン”が提供したものであり、著作上の権利および文責は提供元に属します。なお、掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な記載がないかぎり、価格情報は消費税込です。

最新の記事

ヤマハ YZF-R7の価格情報新車・中古バイク検索サイト ウェビック バイク選び

ヤマハ YZF-R7

ヤマハ YZF-R7

※ 価格は全国平均値(税込)です。

新車 25価格種別 中古車 1

本体

99.99万円

価格帯 99.99万円

本体価格

本体

126.5万円

価格帯 126.5万円

諸費用

7.43万円

価格帯 ―万円

諸費用

諸費用

6.93万円

価格帯 6.93万円

乗り出し価格

107.42万円

価格帯 99.99~110.09万円

乗り出し価格

乗り出し価格

133.43万円

価格帯 133.43万円

Webike バイク選びで 新車・中古車を探す
WEBヤングマシン|新車バイクニュース