CVOモデル的なゴージャス感を演出

ソフテイルブレイクアウトのスープアップカスタム【ハーレーカスタムトレンドNEWS】

  • 2020/7/21
ソフテイルブレイクアウトのスープアップカスタム【ハーレーカスタムトレンドNEWS】

スタンダードからのスープアップカスタム

2012年の夏に行われたディーラーミーティングで発表された「ブレイクアウト」。その翌年には、なんとそのままのスタイルでCVOモデルとして市場投入された。以前のロッカーCからのデザイナーモデルとしての位置づけだったが、その大人気ぶりに、メーカーはその後ブレイクアウトをスタンダードモデルとしてラインナップすることを決定。翌年には唯一のソフテイル系FXモデルとしてファミリーに加わった。

現在のブレイクアウトは、デザインコンセプトはそのままだが、フレームやサスペンションを刷新した完全なニューモデルとなり、特徴でもあった直線重視のハンドリングも改善されたが、旧モデルの人気は衰えることがない。

その理由は、やはり圧倒的に伸びやかなサイドスタイリングとマッシブなリヤビューだろう。元々が限定車としてのポジションだったモデルなのだから、潔いシルエットが大きな魅力であるのは間違いない。

ならば、スタンダードモデルのパーツをCVO時代のようなものへと換装していくことで、より当時のブレイクアウトらしさが強調できるのでないかとモディファイを加えたのが、フォレストウィングが手がけたこのカスタムである。

ソフテイルブレイクアウトのスープアップカスタム【ハーレーカスタムトレンドNEWS】

クロームパーツを効果的に使用して、ゴージャス感を演出。大きく目立つ前後のホイールも純正のオプションホイールへと交換し、スープアップスタンダードとしての仕上がりを見せている。

エンジンは吸排気系の交換とともに、インジェクションチューニングも実施されているので、走行フィーリングはパワフル&スムーズだ。ノーマルのシルエットも崩さない見事なカスタムである。

フロントホイール

FRホイールは、純正オプションのタービンホイールである。

リアホイール

ヘッドライトは純正オプションのLED

ヘッドライトは純正オプションのLEDに変更。

PM 製オーバードライブグリップ

グリップは、PM 製オーバードライブグリップ。スイッチホルダーやレバーは、純正のクロームパーツをチョイス。

トラスク製のVラインバー

ハンドルバーは、トラスク製のVラインバー。トライジャ製の30mmライザーアップスペーサーでマウントする。

RSDのスピード5エアークリーナー

エアークリーナーは、RSDのスピード5エアークリーナー。

バサーニのプロストリートターンアウトマフラー

マフラーは、バサーニのプロストリートターンアウト。

ダービーカバーは純正のエアーフローコレクション

ダービーカバーは純正のエアーフローコレクション。

アレンネス製ディープカットデザインのステップ&コントロール

ステップ&コントロールはアレンネス製ディープカットデザイン

シートはバックドロップ製作のワンオフ

シートはバックドロップ製作のワンオフである。

リヤフェンダーはサンダーバイク製

リヤフェンダーはサンダーバイク製。

リヤウインカーはLED

リヤウインカーはLED化。

カスタムファクトリーノイズ製のサイドマウント

ナンバーのサイドマウントは、カスタムファクトリーノイズ製。

※この記事はハーレーダビッドソン専門誌『ウィズハーレー』に掲載したものを加筆修正したものです。最新の雑誌は書店もしくは下記サイトにてお買い求めください。

ウィズハーレー

ハーレーダビッドソン専門誌『ウィズハーレー』のお買い求めはこちら↓

最新の記事

固定ページ:

1

2

※本記事の内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。