オールブラックのダークカスタム

ハーレーカスタムトレンド「クラブスタイル」の注目はFXRTレプリカフェアリング

  • 2020/6/2
'18ストリートボブ グリーミングワークスカスタム with FXRTレプリカフェアリング

●取材協力:GLEAMING WORKS

注目はFXRTレプリカフェアリング!!

いまハーレーのカスタムトレンドとなっている「クラブスタイル」。それを決定づける「FXRTレプリカフェアリング」を自社でリリースし、ミルウォーキーエイト搭載の最新ストリートボブにてスタイリッシュにまとめ上げたのが、グリーミングワークスだ。7インチLEDライトとのマッチングも見事としか言いようがない。

'18ストリートボブ グリーミングワークススカスタム with FXRTレプリカフェアリング

'18ストリートボブ グリーミングワークスカスタム with FXRTレプリカフェアリング

細部も見ていこう。まずアップライトで堂々たるライディングポジションをもたらすトラッカーハンドル&ライザーはビルトウェル。グリップやメーターリロケーションキットも同ブランドで、フロントのターンシグナルはイージーライダースのウインカーステーで移設した。

バンキングのリアサスエクステンションでスポーティな腰高フォルムを手に入れ、マフラーは低音が轟きハーレーらしい音圧が魅力のバッサーニ・ロードレイジ2in1としている。

見たとおりオールブラックのダークカスタムで、切れ味鋭い走りを予感せずにはいられない。グリーミンワークスのカウルが気になる人は、気軽に店舗で相談してみよう!

'18ストリートボブ グリーミングワークスカスタム with FXRTレプリカフェアリング

迫力タップリのFXRTレプリカフェアリングから目が離せない。製品化され、価格はFXBB用16万5000円 (税別)。GLEAMING WORKSでの取付工賃目安は5万円〜(税別)、ノーマルの場合は別途ハンドル交換が必要。

'18ストリートボブ グリーミングワークスカスタム with FXRTレプリカフェアリング

トラッカーハンドルとライザー、グリップはBILTWELL。

'18ストリートボブ グリーミングワークスカスタム

迫力のサウンドを奏でる2in1マフラーは、BASSANI ROADRAGEシリーズのショートタイプ。ブラックで統一した。

スポーツスターもクラブスタイルに!!

FXRTレプリカフェアリングはFXBBストリートボブに装着可能だが、実はスポーツスターにも車両持ち込みにて対応可能とのこと。2004年以降でナローフォークモデルなら、迫力のクラブスタイルに変身できるのだ。

ローフォークモデルは、フロントフェンダーとの干渉の可能性があるため、フォークジョイント等で延長が必要となる場合ありだが、気になる人は店舗にて要相談を。

スポーツスター グリーミングワークスカスタム with FXRTレプリカフェアリング

スポーツスター グリーミングワークスカスタム with FXRTレプリカフェアリング

FXRTレプリカフェアリングキット[グリーミングワークス]

ダイナのクラブスタイルか、いいやスポーツスターだ。印象を一変させているのは、なんといってもフロントエンドに備わった大柄なカウルだろう。FXRTレプリカフェアリングはラバーマウントのXLモデルで、ナローフォークモデルに適合する。

GLEAMING WORKS.jp

【グリーミングワークス|株式会社グッズ】2001年の創業以来、主に国産バイクをターゲットに国内工場、海外工場にて数多くのカスタムパーツを企画、製造、販売。そして2013年、さらなるクオリティーと性能の向上、また実用性を追求したハーレーダビッドソン専門のカスタムパーツブランドとして「GLEAMING WORKS.jp」を立ち上げた。製品は主に大阪・豊中にある自社工場にて、熟練工がひとつひとつ手作りにて完成させていく。●大阪府豊中市走井2-14-5 定休日:火曜日

※この記事はハーレーダビッドソン専門誌『ウィズハーレー』に掲載したものを加筆修正したものです。最新の雑誌は書店もしくは下記サイトにてお買い求めください。

ウィズハーレー

ハーレーダビッドソン専門誌『ウィズハーレー』のお買い求めはこちら↓

最新の記事

固定ページ:

1

2

※本記事の内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。