キックペダル装備/予備タンクはどうなる?

ついにハンターカブ復活!【6月26日発売】ホンダ「CT125 ハンターカブ」コンセプトモデルとの違いを徹底解説

[ページ2]ハンターカブ復活!

CT125 ハンターカブ[2020]

[写真タップで拡大]

[前ページに戻る]CT125 ハンターカブの概要解説&スタイリング比較[写真大量]

CT125 ハンターカブとコンセプトモデルをディテールで比較!

CT125 ハンターカブ[2020]

CT125 ハンターカブ[2020]………大型化しているヒートガード&アンダーガード。頑丈さや安心感を考えればこのぐらいが妥当か。キックペダルの追加はホットニュース。ブレーキペダルもオフロードテイストに。 [写真タップで拡大]

CT125コンセプトモデル[東京モーターショー2019]

CT125コンセプトモデル[東京モーターショー2019]………全体に細身で、往年のCT110の雰囲気を醸し出している。 [写真タップで拡大]

CT125 ハンターカブ[2020]

CT125 ハンターカブ[2020]………ディスクブレーキは2ポットキャリパーに進化。フェンダーやフォークブーツの意匠はだいたい一緒。マッドフラップが大型化している。 [写真タップで拡大]

CT125コンセプトモデル[東京モーターショー2019]

CT125コンセプトモデル[東京モーターショー2019]………ブロックタイヤがイカス。キャリパーはシングルピストンで、マッドフラップも小ぶりだった。 [写真タップで拡大]

CT125 ハンターカブ[2020]

CT125 ハンターカブ[2020]………タンデムライディングにも対応する大型ヒートガード。タンデムステップはスイングアームマウントだ。 [写真タップで拡大]

CT125コンセプトモデル[東京モーターショー2019]

CT125コンセプトモデル[東京モーターショー2019]………マフラーには網目調のヒートガードを装備。タンデムステップはないが、スイングアームにマウント用の穴開け加工を前提とした形跡が見られる。 [写真タップで拡大]

CT125 ハンターカブ[2020]

CT125 ハンターカブ[2020]………エンジン左側面の印象は大きく変わらず。細かいところではシリンダーヘッドにフィンが追加されている。チェンジペダルは同じくシーソー式。ちなみにミッションはリターン式だが、停車時のみロータリー式、つまり4速からニュートラルに入れることができる。 [写真タップで拡大]

CT125コンセプトモデル[東京モーターショー2019]

CT125コンセプトモデル[東京モーターショー2019]………アンダーガードの大きななどを除けば、大きな違いはなさそう。 [写真タップで拡大]

CT125 ハンターカブ[2020]

CT125 ハンターカブ[2020]………シートはよりフラットな形状になっている。座ってみたところクッション厚も十分。 [写真タップで拡大]

CT125コンセプトモデル[東京モーターショー2019]

CT125コンセプトモデル[東京モーターショー2019]………こちらは試作シートだったのでお触り厳禁だった。絞り込みや面の角度構成などが異なっている。 [写真タップで拡大]

CT125 ハンターカブ[2020]

CT125 ハンターカブ[2020]………リヤキャリアは、赤は車体と同色だが、ベージュはキャリアのみ黒となる。形状はコンセプトモデルから大きく変わっていない模様。ハイマウント吸気ダクトはCT110から見事に継承した。吸気ダクトの後方には車載工具の収納ボックスが追加されている。 [写真タップで拡大]

CT125コンセプトモデル[東京モーターショー2019]

CT125コンセプトモデル[東京モーターショー2019]………ハイマウント吸気ダクトはこのときダミーだったとされるが、基本コンセプトは出来上がっている。 [写真タップで拡大]

CT125 ハンターカブ[2020]

CT125 ハンターカブ[2020]………ハンドルバーからブリッジが除かれ、ハンドルボスは左右連結したものに。メーターは右側にオフセット。 [写真タップで拡大]

CT125コンセプトモデル[東京モーターショー2019]

CT125コンセプトモデル[東京モーターショー2019]………メーターは左側にオフセットされている。ハンドルバーにばブリッジがあり、往年のオフロード車の雰囲気。 [写真タップで拡大]

CT125 ハンターカブ[2020]

CT125 ハンターカブ[2020]………電源も入れることができたメーター。反転液晶でシンプルだが機能的。キーシリンダーの左には12V電源のアクセサリーソケットをオプション装着できると見られる穴があり、フタがされている。 [写真タップで拡大]

CT125コンセプトモデル[東京モーターショー2019]

CT125コンセプトモデル[東京モーターショー2019]………モンキー125のものを流用していた(?)メーターは、この時点では電源を入れることができず。 [写真タップで拡大]

CT125 ハンターカブ[2020]

CT125 ハンターカブ[2020]………ウインカーはクリアレンズにオレンジLEDという組み合わせとなった。ハンドルバーへのマウント方法は、締結を少しだけ緩めにしておくと転倒時に回転して破損を免れるという、公道トライアル車などによく見られる構造だ。 [写真タップで拡大]

CT125コンセプトモデル[東京モーターショー2019]

CT125コンセプトモデル[東京モーターショー2019]………オレンジ色のレンズにLED4灯というウインカーだった。ヘッドライトはモンキー系? のやや小ぶりなもの。 [写真タップで拡大]

CT125 ハンターカブのディテールをさらに紹介!

CT125 ハンターカブ[2020]

CT125 ハンターカブ[2020]………リヤキャリアに接続されるハイマウント吸気ダクトは、川渡りなどの際に水を吸い込まないための装備。実際に試してみたい?! [写真タップで拡大]

CT125 ハンターカブ[2020]

CT125 ハンターカブ[2020]………コンセプトモデルでは動かすことができなかったセンタースタンド。操作感は軽く、小柄な女性でも苦労はなさそう。 [写真タップで拡大]

CT125 ハンターカブ[2020]

CT125 ハンターカブ[2020]………スイングアームマウントのタンデムステップが追加された。 [写真タップで拡大]

CT125 ハンターカブ[2020]

CT125 ハンターカブ[2020]………車載工具の収納ボックス。このあたりに追加できるキー付きヘルメットホルダーがサードパーティからリリースされる模様だが、それを利用すると、かつてCT110のオプションとして販売されていた予備タンクが装着できるとの噂も。 [写真タップで拡大]

CT125 ハンターカブ[2020]

噂の予備タンク。 写真はCT110[2005年撮影 オーストラリア仕様]のものだ。CT110の定番オプションパーツで、取り付けステー込みで販売されていた。2005年の撮影当時価格は3万5000円とのこと。 [写真タップで拡大]

CT125 ハンターカブ[2020]

CT125 ハンターカブ[2020]………標準装備のヘルメットホルダーはワイヤー式。シートはサイドカバーに設置されたキーシリンダーで操作する。タンクの溶接ビードを保護するラバーはコンセプトモデルになかったもの。 [写真タップで拡大]

CT125 ハンターカブ[2020]

CT125 ハンターカブ[2020]………リヤキャリアには、M6の穴が4つ開けられている。日本一周するライダーなどはDIYでボックスを装着するのが定番となっているが、取り付け用の穴が最初から開いているのだ。これはありがたい。 [写真タップで拡大]

HONDA CT125 Hunter Cub[2020]車体色

CT125 ハンターカブ[2020]

HONDA CT125 Hunter Cub[2020] グローイングレッド [写真タップで拡大]

CT125 ハンターカブ[2020]

HONDA CT125 Hunter Cub[2020] マットフレスコブラウン [写真タップで拡大]

[前ページに戻る]CT125 ハンターカブの概要解説&スタイリング比較[写真大量]

WEBヤングマシン|最新バイク情報