2019年の注目モデルが揃う

ドゥカティ ハイパーモタード950/パニガーレV4Sコルセ/ディアベル1260の発売日が決定!

  • 2019/5/21

ドゥカティの2019年モデルとしてフルモデルチェンジした2車、ハイパーモタード950/S(HYPERMOTARD 950/S)とディアベル1260/S(DIAVEL 1260/S)、そしてMotoGPレプリカと呼べるカラーリングと内容のパニガーレV4Sコルセ(PANIGALE V4 S CORSE)が、待望の発売日決定。先行してモーターサイクルショーなどで展示されていたが、間もなく店頭で実車を目にすることができる!

ハイパーモタード950/SP

1000ccに迫る排気量を持ちながらモタードスタイルという、現在となってはライバル不在のスポーツ・ファンモデル。そのスパルタンな走りはドゥカティでも随一(?)の手強さを誇る。2019年モデルでスーパースポーツやムルティストラーダ950と共通のテスタストレッタ11度エンジンを手に入れ、フルモデルチェンジ。従来モデルに比べればフレンドリーさが増しているが、まだまだ“らしさ”は健在だ。

【DUCATI HYPERMOTARD 950 2019】主要諸元■全長/全幅/全高=未発表 軸距1493 シート高870(各mm) 車重200kg(装備)■水冷4ストL型2気筒DOHC4バルブ 937cc 114ps/9000rpm 9.8kg-m/7250rpm 変速機6段 燃料タンク容量14.5L■キャスター25度 トレール104mm ブレーキ形式F=φ320mmダブルディスク R=φ245mmディスク タイヤサイズF=120/70ZR17 R=180/55ZR17 ●価格:165万円 ●発売日:2019年5月25日

【DUCATI HYPERMOTARD 950 SP 2019】主要諸元■全長/全幅/全高=未発表 軸距1498 シート高890(各mm) 車重198kg(装備)■水冷4ストL型2気筒DOHC4バルブ 937cc 114ps/9000rpm 9.8kg-m/7250rpm 変速機6段 燃料タンク容量14.5L■キャスター25度 トレール104mm ブレーキ形式F=φ320mmダブルディスク R=φ245mmディスク タイヤサイズF=120/70ZR17 R=180/55ZR17 ●価格:210万円 ●発売日:2019年5月25日

パニガーレ V4 S CORSE

1103ccのV4エンジンを搭載し、世界の度肝を抜く214psを引っ提げて2018年モデルで初登場したパニガーレV4/S。そのスペシャルカラーバージョン=MotoGPファクトリーカラーをまとったV4Sコルセが登場。中身もMotoGPレプリカに近いと言われ、アルミ製鍛造ホイールやリチウムイオンバッテリー、オーリンズ製スマートEC2.0システムのセミアクティブサスペンションなど、最高峰の装備を誇る。

【DUCATI PANIGALE V4 S CORSE 2019】主要諸元■全長/全幅/全高=未発表 軸距1469 シート高830(各mm) 車重195kg(装備)■水冷4ストV型4気筒DOHC4バルブ 1103cc 214ps/13000rpm 12.6kg-m/10000rpm 変速機6段 燃料タンク容量16L■キャスター24度 トレール104mm ブレーキ形式F=φ330mmダブルディスク R=φ245mmディスク タイヤサイズF=120/70ZR17 R=200/60ZR17 ●価格:352万5000円 ●発売日:2019年5月25日

ディアベル1260/S

メガモンスターのコンセプトから生まれたディアベルがフルモデルチェンジ。クルーザー寄りに見られがちだったキャラクターを再びメガモンスターへと回帰させ、新たにビッグネイキッドとしての立ち位置を確固たるものとした。大柄な車格からすると軽快かつ自然なハンドリングで、ワインディングロードでは水を得た魚のように走ることも可能。もちろん高速クルージングや街乗りなども得意だ。シリーズ初となる“S”仕様をラインナップし、オーリンズ製サスペンションやモノブロックキャリパーなどを装備するのもトピック。

【DUCATI DIAVEL 1260 S 2019】主要諸元■全長/全幅/全高:未発表 軸距1600 シート高780(各mm)装備重量244kg■水冷4ストV型2気筒DOHC4バルブ 1262cc 内径×行程106×71.5mm 圧縮比13.0:1 最高出力159hp/9500rpm 最大トルク13.1kg-m/7500rpm 変速機6段 燃料タンク容量17L■ブレーキ形式F=φ320mmダブルディスク R=φ265mmディスク タイヤサイズF=120/70ZR17 R=240/45ZR17 ●価格:268万円 ●発売日:6月8日

[DIAVEL 1260 S]車体色はこのTOTAL BLACKと、上写真のSANDSTONE GREYの2色。

ディアベル1260(STD)は228万円で、同じく6月8日発売となる。

関連する記事/リンク

[blogcard url=”https://young-machine.com/2019/04/13/31438/”]
[blogcard url=”https://young-machine.com/2018/02/24/7663/”]
[blogcard url=”https://young-machine.com/2019/05/11/33610/”]

※本記事の内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。

ヨ

記事一覧を見る

帰ってきたネイティブ足立区民。ヤングマシン、姉妹誌ビッグマシンで17年を過ごしたのち旅に出ていた編集部員だ。見かけほど悪い子じゃあないんだぜ。
■1974年生まれ
■愛車:MOTOGUZZI V7 SPECIAL(2012)