好調の国産勢がブームの牽引役に挑む

令和に買いたい!【大型アドベンチャー】2019ニューモデル大集合 #13

  • 2019/5/14

オンロードとオフロードの双方をカバーし、とにかく「旅力」が高いアドベンチャー。近頃人気のカテゴリーで、舗装路での巡航性能を重視したモデルがメインストリームとなっている。’19年は、このジャンルの立役者であるBMWのR1200GSが1250にチェンジ。アフリカツインやトレーサーら国産車の強力なライバルを突き放すか?

帝王GSがさらなる進化国産勢は派生モデル投入

アドベンチャーには、ツーリングを楽しむための要素が詰まっている。旅心をくすぐるルックスをはじめ、安楽なライポジ、長いストロークのサスによる優秀な乗り心地と路面適応力。防風性や積載性も抜群に高く、重厚長大なツアラーより遙かにスポーティだ。

’19最新潮流
・R1250GSなどの新作を投入するBMWが元気
・Vストロームらにツアラー適性を高めたグレードが登場

多数派なのは、フロント17インチを備えた快速オンロード指向のモデル。19インチ+スポークホイールの車両はオフロード色の濃いキャラクターで、この2タイプを揃える場合もある。

現在人気のカテゴリーだが、ブームを生み出したのがR1200GS(それ以前に1100や1150もあった)で、’04年の登場以来、世界的に大ヒットを続けている。そのライバルとして登場したのが、軽快さと優秀なコスパで人気のアフリカツイン、’15年の発売から同ジャンルの国内販売1位を維持しているトレーサー900だ。

ホンダ CRF1000L アフリカツイン/DCT/アドベンチャースポーツ/アドベンチャースポーツDCT:オフもオンもこなすリアル冒険野郎

往年のパリダカレプリカの車名を継ぐ本格アドベンチャーとして’16年モデルでデビュー。リヤタイヤが路面をトラクションする270度クランクの998ccパラレルツインをはじめ、F21&R18スポークホイール、ライバルより軽量&スリムで適度にしなる鋼管フレームの車体など、オンにもオフにも強いのが持ち味だ。’18年モデルで設定されたアドベンチャースポーツは、ビッグタンクや各種ガード類、専用セッティングの脚などを与えたタフ仕様となる。’19年モデルでは、STDに鮮やかなブルーを追加し、従来の赤、黒と合わせた3色設定に。ロゴは白→黒とし、ブラックはホイール色を金に変更。ETC2.0車載器が全車標準になった。

【HONDA CFR1000L AFRICA TWIN ADVENTURE SPORT Dual Clutch Transmission 2019】主要諸元■水冷4スト並列2気筒 SOHC4バルブ 998cc 95ps/7500rpm 10.1kg-m/6000rpm 253kg 24L シート高890/870mm ※諸元と写真はアドベンチャースポーツ ●価格:DCT=166万4280円[STD=155万6280円](タイプLDもそれぞれ同価格)

[DCT]ウォーターポンプ内蔵のクランク室などで軽量小型化を実現。’18でユーロ4に対応済み。

[アドベンチャースポーツ]アドベンチャースポーツは、STDから6L増の24L燃料タンクを採用。大型スクリーンや車体色も専用だ。

[アドベンチャースポーツ]こちらのみシートカウル右側に最大積載量500gの小物入れが。リヤキャリヤも専用品だ。

走行モードは4種、トラコンは7段階+オフから選択でき、後輪ABSのキャンセルも可能。DCT仕様は登坂角の判別機能やスライドを許容するGスイッチも有する。

メーターは縦2段配置がラリーマシンの雰囲気。

【HONDA CFR1000L AFRICA TWIN 2019】主要諸元■水冷4スト並列2気筒SOHC4バルブ 998cc 95ps/7500rpm 10.1kg-m/6000rpm 230kg 18L シート高870/850mm ※諸元と写真はSTD ●価格:STD=138万6720円~[DCT=149万4720円~]

カワサキ ヴェルシス1000/SE:痛快な直4ADVが全方位的に熟成、新たに電サス仕様も投入

珍しい直4アドベンチャーとして知られる本作。心臓とアルミフレームの車体はZ1000譲りで、高速クルーズを最も得意とする。’19年モデルでは従来の2段階式パワーモード&トラクションコントロールに加え、電制スロットルとIMUを新採用。これによりコーナリングアシスト機能やオートクルーズも獲得した。合わせて外観はNinjaシリーズと共通のシャープなデザインに。フロントブレーキはモノブロックのラジアルブレーキキャリパーとするなど足まわりも強化している。さらにセミアクティブサスやコーナリングライトを備えた上級版のSEを設定。コンセプトの「ANY ROAD ANY TIME」を体現している。

【KAWASAKI VARSYS 1000 SE 2019】主要諸元■水冷4 スト並列4気筒 DOHC4バルブ 1043cc 120ps/9000rpm 10.4kg-m/7500rpm 257kg 21L シート高820mm ●価格:186万8400円

SEは、専用アプリでスマホと接続可能。スマホの画面で電サスなどの各種セッティングを調整したり、走行ログの確認もできる。電話やメールの着信もメーターに表示可能だ。メーターはフルカラーTFTで、「ツーリング」「スポーツ」の表示パターンを選べる。STDは、H2 SXと同様の反転液晶だ。

H2を思わせるチンスポイラーに逆スラントノーズの顔。灯火類はフルLEDとなった。SEは3灯式コーナリングライトと自己修復塗装も採用。

SEの目玉がリアルタイムに減衰力を自動調整するKECS。精緻な制御に加え、3モードも選択できる。双方向対応のクイックシフターも獲得。

[KAWASAKI VERSYS 1000]●日本での発売は未定

スズキ Vストローム1000/XT/XTアドベンチャー:快適な怪鳥ツアラー、タフネス版も新登場

扱いやすく味わいもある1036ccの90度Vツインをアルミフレームに抱く同社の旗艦アドベンチャーモデル。’18年モデルからIMUを備え、前後連動コーナリングABSを導入した。XTは、STDのキャストホイールに対し、オフに強いワイヤースポークホイールとテーパードバーハンドルを採用。’19年モデル北米仕様では、XTにアルミ製パニアケースやグリップヒーター、センタースタンドを与えたアドベンチャーが登場した(日本での発売は未定)。

【SUZUKI V-STROM 1000 XT Adventure 2019】主要諸元■水冷4ストV型2気筒 1036cc 99ps 10.2kg-m 232[233]kg 20L シート高850mm ※諸元はSTD、[ ]内はXT ●価格:STD=140万4000円/XT=144万7200円/XTアドベンチャーは日本発売未定

視認性のいいメーター。トラクションコントロールは2段階+オフから選べる。下部に電源ソケットも用意。

[V-STROM 1000 ABS]’19年モデルでSTDに赤、XT/ADVに青×白が登場した。

ヤマハ XT1200ZEスーパーテネレ:常勝パリダカマシンの系譜に連なる万能選手

’80~’90年代のダカールラリーを席巻したテネレの名を継ぐ同社の旗艦アドベンチャー。270度クランクのパラツインをスチールフレーム+倒立フォークの車体に搭載し、多彩なステージを走破する。スイッチ一つで電動調整できる前後サスをはじめ、2種類の走行モード、2段階+オフのトラコン、オートクルーズと電脳も充実。’19年モデルで設定されたライトグレーとダークグレーの2色が国内に入荷されている。

【YAMAHA XT1200ZE SUPER TENERE 2019】主要諸元■水冷4スト並列2気筒 1199cc 112ps 11.9kg-m 266kg 23L シート高845/870mm ●価格:176万400円

質実剛健な角型2連メーターは、多彩な情報を右側に表示。調整式スクリーンやグリップヒーター、デジモノを装着できるホルダーも採用。

ホンダ CRF1000L アフリカツインの価格情報 新車・中古バイク検索サイト ウェビック バイク選び

ホンダ CRF1000L アフリカツイン

ホンダ CRF1000L アフリカツイン

※ 価格は全国平均値(税込)です。

新車 0 価格種別 中古車 7

本体

123.86万円

価格帯 107.7~139.8万円

本体価格

本体

100.51万円

価格帯 85.99~118.78万円

諸費用

―万円

価格帯 ―万円

諸費用

諸費用

4.97万円

価格帯 ―万円

乗り出し価格

―万円

価格帯 ―万円

乗り出し価格

乗り出し価格

105.48万円

価格帯 100.6~110.74万円

Webike バイク選びで 新車・中古車を探す

カワサキ VERSYS 1000の価格情報 新車・中古バイク検索サイト ウェビック バイク選び

カワサキ VERSYS 1000

カワサキ VERSYS 1000

※ 価格は全国平均値(税込)です。

新車 11 価格種別 中古車 3

本体

182.16万円

価格帯 136.62~186.84万円

本体価格

本体

87.16万円

価格帯 69.8~98.8万円

諸費用

9.47万円

価格帯 7.71~50.38万円

諸費用

諸費用

4.53万円

価格帯 6.8~8万円

乗り出し価格

191.64万円

価格帯 187~194.55万円

乗り出し価格

乗り出し価格

91.7万円

価格帯 76.6~106.8万円

Webike バイク選びで 新車・中古車を探す

スズキ Vストローム1000の価格情報 新車・中古バイク検索サイト ウェビック バイク選び

スズキ Vストローム1000

スズキ Vストローム1000

※ 価格は全国平均値(税込)です。

新車 157 価格種別 中古車 14

本体

136.27万円

価格帯 113.29~140.4万円

本体価格

本体

75.24万円

価格帯 34.9~98.9万円

諸費用

―万円

価格帯 ―万円

諸費用

諸費用

11.18万円

価格帯 0.8~37.9万円

乗り出し価格

125.98万円

価格帯 119.8~129.01万円

乗り出し価格

乗り出し価格

86.43万円

価格帯 72.8~99.7万円

Webike バイク選びで 新車・中古車を探す

ヤマハ XT1200ZE スーパーテネレの価格情報 新車・中古バイク検索サイト ウェビック バイク選び

ヤマハ XT1200ZE スーパーテネレ

ヤマハ XT1200ZE スーパーテネレ

※ 価格は全国平均値(税込)です。

新車 1 価格種別 中古車 2

本体

177.1万円

価格帯 177.1万円

本体価格

本体

91.3万円

価格帯 89.8~92.8万円

諸費用

14.52万円

価格帯 14.52万円

諸費用

諸費用

―万円

価格帯 ―万円

乗り出し価格

191.62万円

価格帯 191.62万円

乗り出し価格

乗り出し価格

―万円

価格帯 ―万円

Webike バイク選びで 新車・中古車を探す

※本記事の内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。

ヨ

記事一覧を見る

帰ってきたネイティブ足立区民。ヤングマシン、姉妹誌ビッグマシンで17年を過ごしたのち旅に出ていた編集部員だ。見かけほど悪い子じゃあないんだぜ。
■1974年生まれ
■愛車:MOTOGUZZI V7 SPECIAL(2012)