マシン・オブ・ザ・イヤー2018

2019モデル発売:ホンダCRF1000L Africa Twin(アフリカツイン)【カラバリ変更+ETC2.0車載器】

CRF1000L Africa Twin

さまざざまな道を走破できる大型アドベンチャーモデル・CRF1000L Africa Twin(アフリカツイン)シリーズ。そのカラーバリエーションが変更されるとともに、全タイプ共通で各種サービスの拡大が期待できるETC2.0車載器を標準装備した2019年モデルが2018年12月14日(金)より発売される。

鮮やかな新色が精悍なスタイリングを強調

アドベンチャーモデルとして不動の人気を誇るCRF1000L Africa Twin(アフリカツイン)。エンジンの出力特性を変更できるライディングモードや、7段階のトルクコントロール介入レベル+トルクコントロールを必要としない状態を選択可能とした「Hondaセレクタブルトルクコントロール(HSTC)」をベースに、Honda独自の二輪車用「デュアル・クラッチ・トランスミッション(DCT)」がタイプ設定されてもいる。

また、アドベンチャーモデルとしての装備を充実させたCRF1000L Africa Twin Adventure Sportsには、24Lの大型フューエルタンク、フロントサイドパイプ、大型のスキッドプレート等が装備されている。

新型CRF1000L Africa Twinのカラーリングとして、精悍なスタイリングをより強調する鮮やかな「グリントウェーブブルーメタリック」が加わり、従来色の「グランプリレッド」「マットバリスティックブラックメタリック」と合わせ、全3色のカラーバリエーションとなる。また、フロントカウルサイド部分の「Africa Twin」ロゴマークが従来色のホワイトからブラックに変更されるとともに、マットバリスティックブラックメタリックのホイールカラーをゴールドとするなど、軽快で華やかな印象を身に纏う。

なお、CRF1000L Africa Twin / Adventure Sportsの全タイプにETC2.0車載器を標準装備。様々な情報提供等が予定されており、より充実したサービスの拡大が期待されている。

CRF1000L Africa Twin

CRF1000L Africa Twin(グリントウェーブブルーメタリック)

CRF1000L Africa Twin

CRF1000L Africa Twin(グランプリレッド)

CRF1000L Africa Twin

CRF1000L Africa Twin(マットバリスティックブラックメタリック)

〈主要諸元:CRF1000L Africa Twin〉
※[]はデュアルクラッチトランスミッション
●全長2,330 全幅930 全高1,475 軸距1,575 シート高870/850mm 車重:230[240]kg
●水冷4ストロークOHC4バルブ直列2気筒 998cc 95ps/7,500rpm 10.1kgf・m/6,000 燃料タンク容量18L
●ブレーキF=油圧式ダブルディスク R=油圧式ディスク
●タイヤF=90/90-21 R=150/70R18

〈主要諸元:CRF1000L Africa Twin Adventure Sports〉
※[]はデュアルクラッチトランスミッション、〈〉はType LD
●全長2,340〈2,310〉 全幅930 全高1,570〈1,510〉 軸距1,580〈1,560〉 シート高890/870〈830/810〉mm 車重:243〈242〉[253〈252〉]kg
●水冷4ストロークOHC4バルブ直列2気筒 998cc 95ps/7,500rpm 10.1kgf・m/6,000 燃料タンク容量24L
●ブレーキF=油圧式ダブルディスク R=油圧式ディスク
●タイヤF=90/90-21 R=150/70R18

〈メーカー希望小売価格(税込)〉
CRF1000L Africa Twin
・マットバリスティックブラックメタリック:138万6,720円
・グリントウェーブブルーメタリック/グランプリレッド:141万9,120円
CRF1000L Africa Twin デュアルクラッチトランスミッション
・マットバリスティックブラックメタリック:149万4,720円
・グリントウェーブブルーメタリック/グランプリレッド:152万7,120円
CRF1000L Africa Twin Adventure Sports / Type LD
・パールグレアホワイト:155万6,280円
CRF1000L Africa Twin Adventure Sports / Type LD デュアルクラッチトランスミッション
・パールグレアホワイト:166万4,280円

※ニュース提供:本田技研工業

kas

kas いわゆるWeb担的な黒子

記事一覧を見る

研二くんのゼッツーに憧れるも手が届かずZ400GPで卒輪(そつりん)した"自二車は中型二輪に限る"世代。あれから30余年を経てまさか再び二輪の世界に触れることになろうとは人生何が起こるかわからんもんだ(笑)
愛車:シトロエン2馬力号(自分的には"屋根付き四輪バイク"の位置付け)

マシン・オブ・ザ・イヤー2018
<-- microad footer-ad -->
<-- /microad footer-ad -->