タイ仕様で先行発売されていたが……

ホンダ怒涛の原2攻勢・モンキー125の新色【青】は7月登場!

  • 2019/3/28

車格もパワーも手頃でイージー。遊びゴコロにあふれたモデルから、スポーティなマシンまでバラエティも豊か。アジア市場の拡大に伴い、原付二種クラス(51~125cc)の車種は拡大するばかりだ。

欧州からアジアまで隆盛を誇る110~125ccクラス

51~150ccのギヤ付きストリートモデルは近頃、大人気。欧州ではクルマの免許を取って一定条件を満たせば125ccまで乗れる場合が多い。日本に入荷しない車種も多かったが、以前からメーカーが力を注いでいたクラスだ。最近はアジア市場が隆盛し、現地で主流の110〜125クラスに新作が続々投入されているのが現状だ。

特にホンダは旺盛で、昨年だけでモンキー125、スーパーカブC125、クロスカブ、CB125Rをリリースした。今年は落ち着いたが、洒落たカラーのスーパーカブ50/100ストリートを発売。またデーモン、マットモーサイクルズら個性派も登場する。

さらに本格装備やフルカウル、前後17インチホイールを与え、スポーツ入門に最適なモデルも増加中。昨年のGSXシリーズに続き、今年はニンジャ125とZ125がデビューする。

気楽ながら、ギヤ付きで操る喜びをしっかり味わえるのが当クラスのウリ。アンダー125ccは、任意保険をクルマのファミリーバイク特約でカバーできたり、税金も安い。ランニングコストが低いため、メインバイクとしてはもちろん、2台目の愛車にもアリだ。

デッカくなってもカワイサ満点! 2年目はブルーのモンキー125/ABS

【HONDA MONKEY 125/ABS 2019】主要諸元■空冷4スト単気筒SOHC2バルブ 124㏄ 9.4㎰/7000rpm 1.1㎏-m/5250rpm 105[107]㎏ 5.6ℓ シート高775㎜ ※[ ]内はABS ●予想価格:40万円前後 ●予想発売時期:’19年7月頃

50年の歴史を持ち、’17年に惜しくも生産終了となったモンキー(50cc)。その後継が’18年にデビューした本作だ。ベースを125㏄のグロムとすることで、実用的な車格と前後12インチホイールを獲得。イキがよく、安定した走りを手に入れた。外見は、数多くの専用パーツを投入することで、モンキーらしさを見事に再現。タンクはZ50Z系の台形型を踏襲し、お約束のタックロールシートにアップマフラー、短めのスイングアーム+リヤ2本ショックなどで愛らしいスタイルを継承している。’19ではタイ仕様に存在する青が7月頃、国内に登場予定だ。

メーターは反転液晶。燃料計と速度&トリップメーターというシンプルさ。

灯火類は全てLEDでモダンさを演出。各部に円のモチーフを用いるのが特徴。

常識外れに小さい50から実用的なデカさに。とはいえ十分コンパクトだ。もちろん1人乗り仕様。※写真は海外仕様

ブルーメタリックに赤のウイングマークのエンブレムが映える。

モンキーのロゴは50cc時代から馴染みのあるカワイイ書体を引き継いでいる。

サスペンションもボディ同色に。倒立フォークはブルーアルマイトが施される。黄色の車体はゴールドとなるので、こちらのほうが統一感は高いと言えるかも?

関連する記事/リンク

※本記事の内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。

ヌマ王

ヌマ王

記事一覧を見る

ヤングマシン編集部出身の敏腕フリーライター。特にバイクの社会&時事ネタに詳しく、20年以上にわたって特ダネを追い続けている。趣味はユーラシア大陸横断。