日本向けは2017TMSのトヨタ車体コンセプトがヒント!?

グローバル向けに巨大化した新型ハイエース。本当は日本専用新型がある…かも!?

  • 2019/3/11
LCV D-CARGO CONCEPT [2017]

2月8日にフィリピンで初お披露目された新型ハイエース。新型のプラットフォームやセミボンネットの採用など、1BOX型である現行型とは大きく変わることとなった。ボディサイズもグローバル向けに巨大化し、新型ショート・標準ルーフで全長が現行型に対し+570mmの5265mm、全幅が+255mmの1950mm、全高が+10mmの1990mmと日本の4ナンバーサイズ(全長4700mm以下、全幅1700mm以下、全高2000mm以下)を大きく上回るサイズとなった。ホイールベースはなんと+640mmの3210mmに達している。これには既存のハイエースオーナーや次期型を望む1BOXファンは驚いただろう。トヨタ自動車もそれを分かってかニュースリリースには「市場環境が異なる日本においては、従来モデルのハイエースを継続していきます」とわざわざ一文を追加したほどであった。

しかし、本当にそうなのだろうか!? 現行型ハイエースはフルモデルチェンジから約15年が経過。使い勝手のいい1BOX型ボディであるものの、ボンネットがなく、クラッシャブルゾーンも万全とは言えない。プリクラッシュセーフティを中心とする先進安全装備・トヨタセーフティセンスを最新改良で装備したものの、今後の安全基準や装備の進化に15年を経過したプラットフォームで追従できるのか、大きな不安が残るのも事実。トヨタ自動車がアナウンスしたとおり、本当に日本向けハイエースのフルモデルチェンジはないのだろうか!?

ハイエース(現行版/新型海外版)

TOYOTA HIACE(左)現行版(右)新型海外版

ここで1台のコンセプトカーを取り上げてみたい。ハイエースファンや1BOXファンならご存じであろう、2017年東京モーターショーに出品されたトヨタ車体株式会社の「LCV CONCEPT(ライト・コマーシャル・ビークル コンセプト)」だ。ミニバンでも既存の1BOXでもない、どうみても次期ハイエース!? というイメージのコンセプトカーである。

LCV D-CARGO CONCEPT [2017]

LCV D-CARGO CONCEPT [2017]

ここでトヨタ車体について説明しよう。1945年にトヨタ自動車工業から分離独立、トラックボディメーカーとして発足したのが始まりで、2012年に完全子会社となっているが、トヨタブランドのアルファード/ヴェルファイアやヴォクシー/ノアなどのミニバン、ランドクルーザーなどのSUV、福祉車両などを開発・生産している完成車メーカーなのだ。もちろんバンモデルのハイエースも初代から生産しており、今回発表された海外向け新型ハイエースもトヨタ車体が手がけている。

さて、話をコンセプトカーのLCV CONCEPTに戻そう。このコンセプトカーは当時、ベースモデルとなる「LCV D-CARGO CONCEPT (エル・シー・ブイ ディー・カーゴ コンセプト)」と内装モデルのみの展示となったが、広い室内を活かした、ビジネスマンがゆったりくつろいで移動できる空間を提案し、テレビ会議もできるディスプレイも装備。ハイヤーとしての使用を想定している「LCV BUSINESS LOUNGE CONCEPT (エル・シー・ブイ ビジネス・ラウンジ コンセプト)」、そして車椅子アスリートがひとりで競技用具を積み込み、自身で快適に移動することを想定した内装モデルである「LCV ATHLETIC TOURER CONCEPT (エル・シー・ブイ アスレチック・ツアラー コンセプト)」の3タイプが披露された。

LCV BUSINESS LOUNGE CONCEPT [2017]

LCV BUSINESS LOUNGE CONCEPT [2017]

LCV ATHLETIC TOURER CONCEPT [2017]

LCV ATHLETIC TOURER CONCEPT [2017]

中でもLCV CONCEPTの基本形となるLCV D-CARGO CONCEPTは、セミボンネット付きのスタイリッシュな1.5BOXボディに前後スライドドア(助手席側)と低床のフラットフロアを採用し、荷物の積み下ろしがしやすい大開口間口を実現、助手席スペースまで積載スペースとしているため、かなりの長尺物も積み込めるとアピールされていた。

LCV D-CARGO CONCEPT [2017]

LCV D-CARGO CONCEPT [2017]

このコンセプトカー、外観デザインは少し非現実的だったが、ボディサイズはとても現実的。全長4700mm、全幅1735mm、全高1885mmとコンセプトカーとして多少盛られてはいるが、ほぼ4ナンバーサイズとなっている。セミボンネットのプレスラインや張り出し具合も既存1BOXオーナーでも納得してもらえそうなミニマムなものとなっており、当時は次期ハイエースとしてのアナウンスはなかったが、十分に可能性ありと話題になったものだった。

LCV D-CARGO CONCEPT [2017]

LCV D-CARGO CONCEPT [2017]

そして今回、海外向け新型ハイエースの登場である。前々回のハイエース記事でも触れたが、新型ハイエースは現時点で海外専用車種ではあるものの、トヨタ自動車が売りもしない車種のプレスリリースを出すことはあまりなく、日本市場と何かしらの関連がある可能性が高い。さらに新型ハイエースが採用している新開発プラットフォーム。ボディサイズは現行型を大きく上回るが、最近のプラットフォーム(シャシー)は多少縮めたり、伸ばしたりを想定して開発されており、4ナンバーサイズに合わせて日本専用新型ハイエースを開発することは容易とも言える。今回紹介したトヨタ車体のLCV CONCEPTを元に日本向け新型ハイエースが開発されている可能性も十分に考えられるのだ。

国内向けの現行型ハイエースバンは、デビューから15年経っても姉妹車であるレジアスエースバンを含め年間6万台弱を販売する人気車種。次の10年、15年を見据えてフルモデルチェンジすることは十分にありえる。お披露目の可能性が高いのは今年10月下旬から開催される2019年東京モーターショーだろう。日本向け新型ハイエースは、4ナンバー標準とそれをベースとするロングボディやワゴンが日本専用ボディとなり、一部ワゴンモデルやグランドキャビン、コミューターが海外専用モデルと共通になる可能性が高いと予想する。

関連する記事/リンク

※本記事の内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。

いち

いち

記事一覧を見る

本誌編集長。雑誌は生き残りタイアップ全盛期だというのに、ひとり次期型ネタを嗅ぎまわって反感を買う現代のスクープ魔王。
■1972年生まれ
■愛車:BMW R100GS(1988)