LMWコミューターが2019年モデルに

ヤマハ・トリシティ125に新色/155は新シート搭載

ヤマハ発動機は、124ccのブルーコアエンジンを搭載するフロント2輪のLMWモデル「トリシティ125/ABS」のカラーリングを変更、同155ccの「トリシティ155」には新色の追加とともにマイナーチェンジし、足着き性と乗降性に優れたシートを新採用した。

新色はマットペールブルーメタリック2:トリシティ125

LMWの初代モデルとして2014年に登場したトリシティ125は、2018年に最新のブルーコアエンジンを搭載、LEDヘッドランプの採用、そしてリヤホイールの12→13インチ化などの変更を受けてマイナーチェンジ。2019年モデルはトリシティ125/ABSともに共通のニューカラー(マットペールブルーメタリック2)が登場し、2019年3月20日に発売となる。UBSと呼ばれる前後連動ブレーキは標準装備とし、ABSの有無が選べる。

【YAMAHA TRICITY125/ABS 2019】主要諸元■全長1980 全幅750 全高1210 軸距1350 シート高765(各mm)車重159[164]kg■水冷4スト単気筒SOHC4バルブ 124cc 12ps/7500rpm 1.2kg-m7250rpm 無段変速 燃料タンク容量7.2L■キャスター20° トレール67mm ブレーキF=シングルディスク×2輪 R=シングルディスク タイヤサイズF=90/80-14 R=130/70-13 ※[ ]内はABS ●価格:42万5800円/ABS=45万3600円

TRICITY125:マットペールブルーメタリック2 ※ABSも同色

TRICITY125:マットグレーメタリック3 ※ABSも同色

TRICITY125:ホワイトメタリック6 ※ABSも同色

シート高を-15mm/新色のグレーを新採用:トリシティ155

2017年発売のトリシティ155(ABS標準装備)は新形状のシートを採用し、従来のシート高780mmからトリシティ125と同じシート高の765mmへ。また、新色としてマットグレーメタリック3を設定した。VVA(可変バルブ機構)を採用するブルーコア155ccエンジンなどに変更はない。こちらも発売は2019年3月20日だ。

【YAMAHA TRICITY155 2019】主要諸元■全長1980 全幅750 全高1210 軸距1350 シート高765(各mm)車重165kg■水冷4スト単気筒SOHC4バルブ 155cc 15ps/7500rpm 1.4kg-m7250rpm 無段変速 燃料タンク容量7.2L■キャスター20° トレール67mm ブレーキF=シングルディスク×2輪 R=シングルディスク タイヤサイズF=90/80-14 R=130/70-13 ●価格:47万5200円

TRICITY155:マットグレーメタリック3

TRICITY155:ホワイトメタリック 6

TRICITY155:マットビビッドパープリッシュブルーメタリック1

関連する記事/リンク

※本記事の内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。

ヨ

記事一覧を見る

帰ってきたネイティブ足立区民。ヤングマシン、姉妹誌ビッグマシンで17年を過ごしたのち旅に出ていた編集部員だ。見かけほど悪い子じゃあないんだぜ。
■1974年生まれ
■愛車:MOTOGUZZI V7 SPECIAL(2012)

特集/連載

  1. 自二車は中型二輪に限る
  2. 2018年○と×
  3. 岡崎静夏
  4. ナイケン
  5. Moldel A(A型)
バイク王
Z900RS x STRIKER