マシン・オブ・ザ・イヤー2018
特集:ナイケン徹底解剖#1/5

ヤマハNIKEN(ナイケン)フロント2輪の操作感を検証【丸山浩の国内試乗レポート】

NIKEN

フロント2輪の強烈な存在感。見たことのない近未来的なデザイン…。バイクの常識をことごとく覆して、2018年バイク市場において大きな話題となったヤマハNIKEN(ナイケン)は、ヤマハの「バイク愛」がたっぷり込められた1台だ。このニューモデルを徹底解剖する本特集、#1はヤングマシン本誌でおなじみの丸山浩氏が国内にて試乗。同じエンジンを積んだMT-09との比較レポートをお届けする。

[TESTER] 丸山 浩(まるやま・ひろし)バイク業界随一の新しモノ好きながら、常に鋭い視点でニューモデルをチェック。バドミントンで体を鍛え、感覚を研ぎ澄ませている。


【特集:ヤマハNIKEN(ナイケン)徹底解剖】
#1:丸山浩の試乗レポート
#2:丸山浩の試乗レポート(公道&未舗装路編)
#3:丸山浩の試乗レポート(サーキット編)
#4:LMWアッカーマン・ジオメトリ詳解
#5:開発者インタビュー


2輪からパッと乗り換えて違和感がないというスゴさ

2輪か、3輪か…。前輪の個数を選べるというのだから、いやはや、スゴい時代になったものだ。

コミューターであるトリシティから始まったフロント2輪の「LMW(リーニング・マルチ・ホイール)テクノロジー」を、ヤマハは積極的に押し広げようとしている。

コミューターとは対極にあるスポーツバイクカテゴリーに切り込んできたナイケンは、まさにヤマハの意欲作と言えるだろう。

言うまでもなく私(丸山)は正統的なバイクに乗り続けた身で、2輪の動きが身に染みついている。だが一方で、ナイケンを前にすると、新しもの好きのココロがウズウズと騒ぐ。

すでに2018年9月26日に修善寺・サイクルスポーツセンターで行われたナイケン試乗会に参加し、初ライド済みだ。まずナイケンのまったく違和感のない操縦感覚に驚かされた。何しろ、フロントにふたつのタイヤがあるとはまったく思えないのだ。しかも、フロントの安心感はバイク以上!…と、試乗会では感じることができたが、果たして本当なのだろうか? 2輪か、3輪か。ニュートラルな目で、そして同じ条件で、両方を比較してみたい。3輪の意味、そして2輪の価値を、改めて探ってみたい…。

そして、チャンスはすぐにやってきた。ナイケンとMT‐09、同じエンジンを搭載した2台の同門による徹底比較試乗だ! 「対決」ともひと味違う純粋な好奇心とともに、ストリートで、高速道路で、そしてサーキットで、2台を走らせてみた。

NIKEN

【YAMAHA NIKEN ●価格:178万2000円 ●色:濃灰】LMW(リーニングマルチホイール)テクノロジーを搭載した初のスポーツツアラー。安定感に優れるコーナリング性能や、長距離でも疲れにくいクルージング性能が特徴。エンジンはMT-09の並列3気筒を基にナイケン用にアレンジ。[主要諸元]■全長2150 全幅885 全高1250 軸距1510 シート高820(各mm) 車重263kg(装備) ■水冷4スト並列3気筒DOHC4バルブ 845cc 116㎰/10000rpm 8.9kg-m/8500rpm 変速機6段リターン 燃料タンク容量18L■ブレーキF=Wディスク R=ディスク ■タイヤF=120/70R15 R=190/55R17

やはり試乗会と同様に、違和感がまったくない。2台を取っ替え引っ替えしながらのライディングとなったが、これがまずスゴイ。サーキットでの全開アタックを含め、取っ替え引っ替えを問題なくこなせてしまうこと自体が、ナイケンのバイクとしての完成度を物語っているのだ。

だが、まったくバイクのままじゃない。そんなはずはない。メーカーが大変な手間とテクノロジーを投入してわざわざ前輪をひとつ増やすからには、必ずメリットがあるはずだ。「安心感」といったフィーリングだけではなく、2輪と比べた時の実質的なメリットを探す一日となったわけだが、それはかなりあっさりと見つかった。

実は、試乗会の時点でその片鱗は窺えていたのだ。ウエット路面で私をタンデムシートに乗せた編集スタッフが、「おいおいっ!」という勢いでコーナーに突っ込んだのだ。思わず身を固くしたが、ナイケンは難なくクリアした。

お世辞にもエキスパートとは言えない彼が見せた、大胆不敵なライディング。なぜそれが可能になったのか、MT‐ 09と比較試乗するにつれて、その理由が明らかになっていった…。

MT-09

【YAMAHA MT-09 ABS●価格:100万4400円 ●色:黒、艶消し灰、青】俊敏で力強い走りを実現しながら意のままに操れる、そんなスポーツ性がウリ。2018年からは専用装備と専用色を採用した上級仕様のMT-09 SP(111万2400円)も登場。[主要諸元]■全長2075 全幅815 全高1120 軸距1410 シート高820(各mm) 車重193kg(装備) ■水冷4スト並列3気筒DOHC4バルブ 845cc 116㎰/10000rpm 8.9kg-m/8500rpm 変速機6段リターン 燃料タンク容量14L■ブレーキF=Wディスク R=ディスク ■タイヤF=120/70ZR17 R=180/55ZR17

NIKEN

ナイケンのフロントには15インチタイヤが2本。トレッド(2輪間の幅)は410mmに設定されている。一般的な17インチタイヤを履くMT-09とのボリューム感の差は一目瞭然。

●まとめ:高橋 剛 ●撮影:松井 慎/飛澤 慎
※『ヤングマシン2018年12月号』掲載記事をベースに再構成


【特集:ヤマハNIKEN(ナイケン)徹底解剖】
#1:丸山浩の試乗レポート
#2:丸山浩の試乗レポート(公道&未舗装路編)
#3:丸山浩の試乗レポート(サーキット編)
#4:LMWアッカーマン・ジオメトリ詳解
#5:開発者インタビュー


kas

kas いわゆるWeb担的な黒子

記事一覧を見る

研二くんのゼッツーに憧れるも手が届かずZ400GPで卒輪(そつりん)した"自二車は中型二輪に限る"世代。あれから30余年を経てまさか再び二輪の世界に触れることになろうとは人生何が起こるかわからんもんだ(笑)
愛車:シトロエン2馬力号(自分的には"屋根付き四輪バイク"の位置付け)

マシン・オブ・ザ・イヤー2018
<-- microad footer-ad -->
<-- /microad footer-ad -->