OHCダブルの20周年を飾る新型が国内でお披露目

2019新型W800 CAFE(カフェ)は3月に国内発売?!

2018年11月のミラノショー時に正式発表された新型バイク・カワサキW800 CAFE(カフェ)が国内で初公開された。海外向けモデルの参考出品としての展示だが、2019年春以降の国内発売は既にアナウンスされている。

予想価格はSTREETが100万円前後、カフェが105万円前後

2019年1月12~13日、「Kawasaki Motor Show in 東京ベルサール秋葉原」が開催され、W800カフェやNinja H2 SX SE+が国内で初公開された。新型Wは今回展示されたカフェ以外にもW800 STREET(ストリート)も存在し、2本立てのラインナップで3月以降の国内発売もカワサキからアナウンスされている。実際、新型W800シリーズは3月には発売との情報で、価格はストリートが100万円前後、ビキニカウル付きのカフェが105万円前後と予想される。従来より価格が上昇する分、フレームや前後ブレーキ、フォークスプリングの強化、フロントフォークとアンダーブラケットの剛性アップ、ABSの採用などで走りに磨きがかけられている。ルーツとなるW650が1999年2月に発売されてから間もなく20年。をれを記念するオートバイ・新生Wが間もなく走り出す。

【KAWASAKI W800 CAFE 2019年型 国内予想価格:105万円 国内予想発売時期:3月】シリーズで初めて加わったビキニカウルにスワローハンドルのカフェ仕様が国内で初公開された。

左が新型で右が従来モデルのリヤブレーキでドラムからディスクに変更された。マフラーは形状の変更は見られないが、出口のパイプ径が拡大されているようにも見えるので、サウンド面での魅力アップも期待できそう。

左が新型で右が従来モデルのフロントホイールで19→18インチに変更されるとともにリムもワイド化。フロントフォークはΦ39mm→Φ41mmに大径化してスプリングを強化、ブレーキディスクはΦ300mm→320mmに拡大している。

ヘッドライトとミラーはZ900RSカフェと同じパーツと思われる。右上は国内仕様のW800ストリートでウインカーはオレンジレンズの円形タイプを採用。日本仕様のW800カフェのウインカーがどちらを採用するかは不明だ。

前後フェンダーは樹脂となりショート化されたが、テールランプは従来同様の逆三角形デザインを踏襲している。カフェのシートはシングルシート風の造形だ。

このバイクに関連する記事/リンク


いち

いち

記事一覧を見る

本誌編集長。雑誌は生き残りタイアップ全盛期だというのに、ひとり次期型ネタを嗅ぎまわって反感を買う現代のスクープ魔王。
■1972年生まれ
■愛車:BMW R100GS(1988)

バイク王
striker

最新記事

  1. YAMAHA XSR700 vs DUCATI SCRAMBLER MACH 2.0
  2. ホンダ クロスカブ110改・ルアマガ仕様
  3. HONDA CROSS CUB 110/50
  4. BMW C 400 X/GT