ロケ地は日本?! 走行写真も公開

2019新型W800 CAFE(カフェ)追加情報:最高出力は48psで不変

2018年11月6日、ミラノショーで初公開されたカワサキの新型W800 CAFE(カフェ)の新たな写真が公開され、最高出力等のスペックも明らかになった。

フロントホイールは19→18インチに小径化

海外メーカーのネオクラ攻勢に対し、国産車も負けていない。’16年に惜しまれつつも生産終了したカワサキのW800が’19モデルとして復活することになった。バーチカルツインは、773ccの排気量と空冷のままユーロ4の排ガス規制に適合。新設計フレームやアシスト&スリッパークラッチも獲得した。足まわりでは、リヤブレーキをドラム→ディスクとしてABSを備え、フロントを19→18インチに変更したのがポイント。LEDヘッドライトほか各部のデザインも熟成を受けている。さらに派生モデルとして、ビキニカウルやスワローハンドル、シングル風シートを備えた「W800カフェ」を追加。STDは「W800ストリート」に車名を変更し、2タイプとも日本で’19年春以降に発売される予定だ。

そして、新生W800カフェの走行写真が新たに公開された。左車線を走行しているカットや背景に日本家屋が写っているものもあり、国内で撮影された素材が活用されているのが分かる。また、ミラノショー時点では未発表だった最高出力は、欧州で48psと発表。排ガス規制のユーロ4に対応しつつ従来モデルと同じ数値を維持、最高出力発生回転数は6500rpm→6000rpmに落としている。一方で最大トルクは、6.1kg-m→6.4kg-mへと0.3㎏-mアップしたが、最大トルク発生回転数は2500rpm→4800rpmに2300rpm上昇している。

ローハンドル採用のW800カフェは、スポーティなライディングポジションになっているのが分かる。ロケ地は日本?!

【KAWASAKI W800 CAFE 2019年型】排ガス規制に対応して復活した新型W800にビキニカウル+ローハンドルのカフェが新たにラインナップに加わった。

【KAWASAKI W800 STREET(ストリート) 2019年型】標準仕様は「W800ストリート」に改名。基本イメージは不変だが、Fフェンダーのステーがなく、リヤフェンダーもショート化され、鉄板→樹脂に変更された模様。タンク形状も多少異なる。

フレームは前モデルと同じようだが新作に

新型W800カフェ&ストリートは、フロントホイールの小径化やエンジン特性の変化に合わせてフレームも新しくなっている。ダブルクレードル形式のフレームは従来モデルと同じに見えるが、実際には完全に新しいものに変更されており、多くの部分で要求される剛性が見直された。これは、パイプの外径を変えずに必要に応じて管厚を調整しており、外観を変えることなく必要な性能を確保している。

新型W800カフェ&ストリートのフレーム。緑の部分がパイプの肉厚が変えられた部分だ。フロントフォークもΦ39mm→Φ41mmに拡大しており、カフェの登場に合わせてよりスポーティに変化していると思われる。

2019年型W800カフェの諸元は、欧州仕様で未発表の部分は北米仕様(US)の数値を記載。

関連記事/リンク

※本記事の内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。

いち

いち

記事一覧を見る

本誌編集長。雑誌は生き残りタイアップ全盛期だというのに、ひとり次期型ネタを嗅ぎまわって反感を買う現代のスクープ魔王。
■1972年生まれ
■愛車:BMW R100GS(1988)

特集/連載

  1. 自二車は中型二輪に限る
  2. 2018年○と×
  3. 兄弟車試乗インプレ対決
  4. 2019初夢スクープ
  5. HONDA CROSS CUB 110/50
  6. 加藤大治郎と原田哲也の物語
バイク王
Z900RS x STRIKER