マシン・オブ・ザ・イヤー2018
11月4日のプレスカンファレンスで公開か

2019新型パニガーレV4R(PANIGALE V4R)はダクトウイング付き?!

2018年に衝撃デビューを飾ったドゥカティのパニガーレV4は、1103cc/214psのハイスペックでライバルを圧倒した。そして2019年は、いよいよ1000㏄未満のレース対応仕様「R」が登場する可能性大。その姿を予想してみた。

案内に写されているのはウイングの一部?

これまで当WEBでは、11月6日からスタートするEICMA=ミラノショーでデビューするであろうモデルを紹介してきたが、ドゥカティは初掲載。ドゥカティは、11月6日の前々日、11月4日19時に独自にプレスカンファレンスを実施することがアナウンスされている。その案内のビジュアルが、ダクトウイングの一部ではないかという指摘があり、本誌予想CGとしてパニガーレV4に装着してみた。

ダクトウイングは、2017年シーズン限りで使用を禁止されたウイングレットに代わるモトGPの空力パーツで、カウルと一体となったフォルムでダウンフォースを発生させる装置だ。これを市販車で初めて採用したのは、アプリリアの2018年型RSV4 RFリミテッドエディションとなるが、パニガーレV4Rもそれに続くというウワサも実際にあるのだ。

【DUCATI PANIGALE V4R 予想CG】パニガーレV4のレース対応1000cc仕様がRだ。予想CG(下段)のダクトウイング部分を上方から撮影すると、上段の案内にあるビジュアルのようになると予想した。Rは、ミラノショーでのデビューが濃厚だ。

【DUCATI DESMOSEDICI GP18 2018年10月日本GP仕様】ドゥカティのモトGPマシン、デスモセディチGP18。ダクトウイングは片側上下2カ所の計4カ所に装着されていた。パニガーレV4Rのダクトウイングはこれの下側と似た位置に装着されているように見える。

「ストリートにも波及?! CBR1000RR/SP/SP2用のウイングレットが発売に」記事はこちらへ。

いち

いち

記事一覧を見る

本誌編集長。雑誌は生き残りタイアップ全盛期だというのに、ひとり次期型ネタを嗅ぎまわって反感を買う現代のスクープ魔王。
■1972年生まれ
■愛車:BMW R100GS(1988)

マシン・オブ・ザ・イヤー2018