マシン・オブ・ザ・イヤー2018
CBR-Rもシリーズ化が促進

ミラノショーでのホンダの注目、CBR400RがCBR250RR顔に刷新?!

2018年10月3日にパリモーターショーで、CB650Rの原型と思われるコンセプトモデルを出品した以外は大きな動きのないホンダ。しかし、11月のミラノショーを前にして新情報が入ってきた。

CB-Rに続きCBR-Rもシリーズ化に向けたモデルチェンジを敢行

2018年型で下はCB125Rから上はCB1000Rまで一気に出そろったCB-Rシリーズは、全てNEO SPORTS CAFE CONCEPT(ネオ スポーツ カフェ コンセプト)のイメージで統一された新シリーズ。2019年は、それに加わる並列4気筒エンジンのCB650Rが、ミラノショーで正式発表される見込みとなっている。同時にCBR650FがCBR650Rとなり、従来のFコンセプトがRに生まれ変わりそうだというのは既報の通りだ。さらに、新情報では既存のCBR400R(欧州ではCBR500R)もモデルチェンジするとのことで、CBR-Rも共通イメージでシリーズ化される可能性が高まってきた。

具体的には、CBR400RはCBR250RRのようなシャープでエッジの効いたデザインになるだろうというのが有力な説。RはRRとは異なり、F系と同じツーリングにも対応する使い勝手の良さはキープされるようだが、外観についてはRRと共通イメージとなりそうだ。つまり、CBRというルックスを揃えた大きなファミリーがあって、用途でRとRRに分家するという製品構成に整えられるだろう。これは、カワサキNinja(ニンジャ)シリーズの無印とRに似た棲み分けとも言えそうだ。

上は2016年型でモデルチェンジしたCBR400Rで従来の電球タイプからフルLEDのヘッドライトにイメージを刷新したタイプ。下はCBR250RRの2019年型市販予定車で、2017年に登場した最新のCBRデザイン。2019年型CBR400/500Rはこれに近い印象になるだろう。

【HONDA CBR400R 2019年型予想CG(中段)】ハンドル位置も高く、ツーリングにも使い勝手のいいCBR400Rは、コンセプトをそのままに外観はCBR250RRに寄せてくる模様。それをCGでイメージすると中段のようになる。

大ヒットのNinja400に対抗! ’19年は400も熱い

2018年の国内400ccスポーツモデルは、性能もセールス面もフルモデルチェンジを果たしたニンジャ400の圧勝に終わりそうな気配だ。9月21日付けの二輪車新聞によると、2018年上半期のニンジャ400の販売台数は1749台で、従来この排気量帯では敵なしの状態が続いていたCB400SF/SBの倍近い数字を記録している。2019年型CBR400Rはこの流れを食い止めるべく、RRイメージの外観で対抗することになりそう。また、これまで好調なセールスを保ってきたYZF-R3も2019年型で倒立フォークやYZF-R色を強く打ち出したセンターダクト顔を採用してリニューアル。3社三つ巴の戦いで2019年は400㏄クラスに注目が集まりそうだ。

新型がヒット中のカワサキ ニンジャ400(左)と正式発表されたヤマハ’19YZF-R3(中)。これらライバルに’19CBR400RはRR顔で対抗するだろう。CBRのフロントフォークは正立のままという情報なので、価格もそれほど変動しないことが期待できそう。そうなると対ライバル的に有利なばかりか、CBR250RRより安価か横並びという逆転現象も起こるかも知れない。

「2019新型CB650Rコンセプトの現地写真とCBR650Rの予想」記事はこちらへ。
「ヤングマシン’18年12月号の見所!」記事はこちらへ。

いち

いち

記事一覧を見る

本誌編集長。雑誌は生き残りタイアップ全盛期だというのに、ひとり次期型ネタを嗅ぎまわって反感を買う現代のスクープ魔王。
■1972年生まれ
■愛車:BMW R100GS(1988)

マシン・オブ・ザ・イヤー2018