マシン・オブ・ザ・イヤー2018
パリモーターショーで初公開

2019新型CB650Rコンセプトの現地写真とCBR650Rの予想

2018年10月3日、パリモーターショーでホンダが2019新型CB650Rの原型と思われるNEO SPORTS CAFE CONCEPT(ネオ スポーツ カフェ コンセプト)を出品したのは既報の通り。今回は現地からの写真と、気になるフルカウル版の動向をお伝えしよう。

400㏄版の投入もある?!

2019年に市場投入予定の「ミドルクラスのネオスポーツカフェ」の予告を目的に開されたNEO SPORTS CAFE CONCEPT。ミドルクラスという設定とエンジンの外観から650ccと判断できる。もしかすると日本向けには400ccが追加設定されるなんてこともあるのかも?! ヨンフォア=CB400FOUR(1975年)のようなエキパイはCB650Fと共通にも見えるが、このコンセプトモデル専用にデザインされたSCプロジェクトのマフラーで異なった雰囲気に仕上がっている。このNEO SPORTS CAFE CONCEPTの担当デザイナーは1960年代イギリスのロッカーズやロックミュージックが好みということで、ネオスポーツカフェの路線にピッタリ合致して採用案になったという。 ※レポート:古庄速人

【HONDA NEO SPORTS CAFE CONCEPT 2018年パリモーターショー出品コンセプトモデル】2017年10月の東京モーターショー出品車に続き同じ名称が2回使われることになったが、東京では1000㏄、パリでは650㏄と排気量帯が異なっている。これがCB650Rの原型で11月のミラノショーで製品版が発表される可能性が高い。

CB125RからCB1000Rまでシリーズ全車が採用しているフロント倒立フォーク&ラジアルマウントキャリパーがCB650Rの原型になると思われるコンセプトにも奢られた。市販版も同様の装備になるだろう。

丸型ヘッドライトや低めのハンドルバー(リゾマ製)はCB-Rシリーズの特徴。半円形のテールランプはCB1000Rと共通のイメージで、シート表皮はバックスキン調にカスタマイズされている。この車両はCB-Rシリーズで最もテールカウルが最も尖っていると思われるが、ヘッドライト含めて市販版ではどうなるだろうか?

フルカウル版のCBR650Rも含めミラノショーで発表か

当WEBで9月22日に配信した記事は、「CB650FがCB650Rと車名を変えてスタイルを刷新するとなると、気になるのが兄弟車のCBR650Fの動向だろう。本誌が得た情報によると、こちらも同時にモデルチェンジする可能性が高い。車名はCBR650F→CBR650Rとなり、CBR500/400Rと同じシリーズになるようだ。現代の『R』コンセプトはハンドル位置も高く使い勝手も配慮されており、実質『F』コンセプトと守備範囲は変わらない。そのような理由から統合されるようなのだ。そして、生粋のスーパースポーツは『RR』を名乗り、差別化するという」とした。この時は、10月2日からのインターモトショーで発表になると予想していたが、最新の情報によるとCBR650Rも11月6日からのミラノショーで発表される模様だ。

【HONDA CBR650F 2017年型国内仕様】2003年にCBR600RRが発売される前は、ホンダの600スポーツと言えばCBR600Fシリーズだったが、600RRの登場とともに姿を消し、2014年にエンジンを648㏄に拡大して復活した。これが2019年はCBR650Rに刷新されるだろう。

【HONDA CBR400R 2018年型国内仕様】欧州では排気量を拡大したCBR500Rとして発売されている並列2気筒のCBR-Rの国内版。この上級版としてCBR650Rが存在することになりそうだ。

撮影&レポート:古庄速人(パリモーターショー)
「2019新型CB650Rの原型現る!」記事はこちらへ。

いち

いち

記事一覧を見る

本誌編集長。雑誌は生き残りタイアップ全盛期だというのに、ひとり次期型ネタを嗅ぎまわって反感を買う現代のスクープ魔王。
■1972年生まれ
■愛車:BMW R100GS(1988)

マシン・オブ・ザ・イヤー2018