新型NEO SPORTS CAFEのティザー広告 パート2

【チラ見せ】ホンダ2019新型スポーツカフェはCB650Rで確定的

2018年9月13日、ホンダが独インターモトショーに向けたディザー広告を配信した。そして約1週間後、9月21日配信の第2弾には車両の一部分とともに「NEO SPORTS CAFE」の文字が。これは果たしてどのようなマシンだろうか?

エンジンのクラッチカバーはCB650Fと同じ

当WEBで9月14日に配信した記事では、10月2日(プレスデー)からのインターモトショーでホンダCB4コンセプトの製品版と言えるCB650Rの登場が濃厚としつつ、ロケットカウル仕様のCB4インターセプターの存在も無視できないとした。その約1週間後、ホンダが9月21日に配信したティザー広告第2弾に写されているモデルのクラッチカバーはCB650F/CBR650Fと同一。これで、インターセプターの線は薄まったと言っていいだろう。というのは、CB4インターセプターのベース車はCB1000Rで、クラッチカバーの形はこれとは異なるからだ。そして、フレームは現行650Fとも異なるのでスタイルだけでなく機能面もアップデートされていると考えられる。また、ピボット部の飾りには「NEO SPORTS CAFE」と記されているので、同シリーズのネーミングに則ってCB650Rと名乗ると考えるのが順当だろう。

ホンダが欧州で9月21日に配信したティザー広告を明るく補正。今回はクラッチカバー部分のアップが写し出された。

【HONDA CB650F 2017年型国内仕様】クラッチカバーはティザー広告モデルと同一だが、フレームは異なる。

フルカウル版のCBR650Fもモデルチェンジ?!

CB650FがCB650Rと車名を変えてスタイルやフレームも刷新するとなると、気になるのが兄弟車のCBR650Fの動向だろう。本誌が得た情報によると、こちらも同時にモデルチェンジする可能性が高い。車名はCBR650F→CBR650Rとなり、CBR500/400Rと同じシリーズになるようだ。現代の「R」コンセプトはハンドル位置も高く使い勝手も配慮されており、実質「F」コンセプトと守備範囲は変わらない。そのような理由から統合されるようなのだ。そして、生粋のスーパースポーツは「RR」を名乗り、差別化するという。また、ネイキッドについては現在下から上までCB-Rでブランド化しているため、650Fはこちらに合流することになったようだ。

【HONDA CBR650F 2017年型国内仕様】2003年にCBR600RRが発売される前は、ホンダの600スポーツと言えばCBR600Fシリーズだった。それが、RRの登場後に姿を消し、エンジンを648㏄に拡大して2014年に復活した。

【HONDA CBR400R 2018年型国内仕様】欧州では排気量を拡大したCBR500Rとして発売されている並列2気筒のCBR-Rの国内版。このライン上にCBR650Rが存在することになりそうだ。

「10月2日にCB650Rがインターモトショーで公開?!」記事はこちらへ。

いち

いち

記事一覧を見る

本誌編集長。雑誌は生き残りタイアップ全盛期だというのに、ひとり次期型ネタを嗅ぎまわって反感を買う現代のスクープ魔王。
■1972年生まれ
■愛車:BMW R100GS(1988)

この著者の最新の記事

関連記事