新型モトクロッサー技術説明会が開催

ヤマハ2スト2019年新型YZ85のYPVSを解説

2018年になってYPVS(ヤマハパワーバルブシステム)が新規投入されるニューモデルが登場する。8月28日に発売されるYZ85/LWでモトクロス競技用の2ストレーサーが大幅刷新されたのだ。

YPVSって何?

YPVSとは、2ストロークエンジンの排気ポート部分に設けられたバルブが、エンジンの回転数に応じて作動し排気タイミングを調整するメカニズムのこと。「一般的に排気タイミングは早いほど高速・高出力型特性となり、タイミングを遅くすると低速・高トルク型の特性となります。高出力型のレース用エンジンの場合も、コーナー立ち上りの加速時には高いトルクが要求されます。このふたつの要求を両立させるのがYPVSの役割です。その構造はシリンダーの排気ポート部にバルブを設け、エンジン回転数に連動させてバルブを回転、またはスライドさせ閉めたり開けたりします。このようにして実質上の排気のタイミングをコントロールする仕組みです。バルブの駆動制御は、エンジン回転数、スロットル回度などの情報に基づいて行われています」というのがヤマハの説明だ。

YPVSは1977年にYZR500に採用されたのが元祖で、市販車で有名なのが1983年のRZ250R。従来のRZ250は「5000rpm以下はせいぜい125ccクラスの実力」と書きつつ「6000rpmから高回転へ回し切って使うときの気分は、やっぱり痛快無比だ」(ヤングマシン’80年11月号より)というようにズバ抜けた速さの反面ピーキーな特性だった。一方、後継のRZ250RはYPVSの恩恵で+8PSの43PSを達成しつつ低速の問題も解消した。

【YAMAHA  RZ250R 1983年型】2本のワイヤーによって電気的に作動する鼓型のものが排気バルブ。これらを動かすシステムがYPVS=ヤマハパワーバルブシステムだ。世代によるがデバイスの中ではNo.1の知名度と言えるだろう。

【YAMAHA  SDR 1987年型】YPVSと言えばこのように回転するバルブが市販車では多かったが、主にレーサーではスライド型も存在し、2019年型のYZ85もスライド型を採用している。

【YAMAHA  SDR 1987年型】2ストはピーキーで扱いにくいという認識を一変させたYPVSの効果がグラフ化されている。

新型YZ85はなんとエンデューロレースで活躍

ここまで説明したYPVSの効果は1980年代に語り尽くされていた訳ではなく、今、YZ85/LWのエンジンに新投入されて話題となっている。6月7日にマシンが正式発表された数日後、JNCCのエンデューロレースにヤマハのライダーがYZ85LWで参戦し、4スト450ccモデルなども走る中で5位を獲得。この成果も技術説明会で報告されるほど扱いやすさが強調されたのだ。筆者は以前YZ80LWを所有していた時期があるが、超絶ピーキーな出力特性で、とてもエンデューロレースに適応できるとは考えられなかった。それが大排気量に混ざって5位と、時代が変わっても2ストにYPVSの効果は絶大なのだ。

【YAMAHA  YZ85 2019年型】左上はスライド型のバルブで2つに分割されている。それをV字型に差し込む(右上)ことによって排気ポートの両端まで密閉できるようにしている(左下)。YZ65のYPVSスライドバルブ(右下)は水平の一体型でYZ85に比べると両端に隙間ができているのが分かる。

【YAMAHA YZ65 2019年型】YZ85のスケールダウン版でキッズ専用本格レーサーとして新登場したYZ65。右下の画像で一体型のスライドバルブが確認できる。

今、2ストが売れている

オンロードモデルではレーサーでも2ストロークは存在していないと言っていい状況だが、オフロードモデルでは今でも現役。さらにこの3年ほどは世界的に販売台数が伸びる傾向にあるとYZシリーズのプロジェクトリーダー・櫻井大輔氏は語った。メカニズムがシンプルで価格が抑えられること、同じ理由でメンテナンスのコストと手間が抑えらること、同じ理由で車重が抑えられることなど特に入門者にとってメリットが多い。だが、それだけでなく「面白さが理由でしょう」とも櫻井氏。2ストロークエンジンの痛快さを味わうチャンスがなくなっていく中、この分野では新車で味わうことができることから一線を退いたライダーの需要も見受けられるという。そのような背景からヤマハは2019年に新たにYZ65を投入し、さらにYZ85をアップデート。他にもYZ125/X、YZ250/Xと幅広いニーズに応えられるように2ストロークモデルを多数ラインナップしている。

ヤマハのYZシリーズの全世界での販売傾向を示すグラフ。なんと2016年頃から2ストの比率が伸びているのだ。そして2018年はYZ65などのニューモデル効果で2ストが大きく伸びる予測を立てている。

ヤマハは、コスト面などのメリットから2ストモデルが下支えをし、4ストモデルへとステップアップしていく戦略を描いている。YZ65は完全新規モデルで、体重50㎏以下のキッズライダーを対象としたものだ。

【YAMAHA YZ85/LW 2019年型 価格:49万6800円/50万7600円 発売日:8月28日】写真は大人でも乗れるLW=ラージホイール(F19/R16インチ)。受注期間は6月7日~12月9日となっている。最高出力は未発表。YPVSは機械式で8000rpmで作動する。

取材協力:ヤマハ発動機/ヤマハ発動機販売

いち

いち

記事一覧を見る

本誌編集長。雑誌は生き残りタイアップ全盛期だというのに、ひとり次期型ネタを嗅ぎまわって反感を買う現代のスクープ魔王。
■1972年生まれ
■愛車:BMW R100GS(1988)

この著者の最新の記事

関連記事