公式発表以外にもホンダには見どころがある

【ホンダ】’18モーターサイクルショー出展概要

2018年3月9日、ホンダは大阪&東京モーターサイクルショーの出展概要を発表した。しかし、その中に書かれていなかったり写真が配布されていないモデルも存在するので、本誌独自予想をお伝えしておこう。

市販が待たれるモンキー125は赤を展示

東京モーターショーに出展された新型モンキー125は黄色のカラーリングだったが、本誌2月号(12月24日発売)では赤の存在をスクープ。その後実車の写真や価格、発売日情報も当WEBで公開しており、さらにサイクルショーで初公開になるとの情報だ。

【HONDA Monkey125 2018年型 予想価格:40万円前後/43万円前後(ABS) 予想発売時期:7月】モンキーのスタイルを踏襲しながらLEDライトなどで現代的に。グロム譲りの125㏄空冷単気筒や倒立フォーク+前後12インチで、サイズは実用的になった! 
モンキー125■全長1713 全幅753 全高1030(各mm)■空冷4スト単気筒OHC
グロム■全長1755 全幅730 全高1000(各mm)
モンキー(50)■全長1365 全幅600 全高850(各mm)

2018新型PCX/150も展示が確定的

こちらはホンダの発表資料には掲載されていないが、2017年10月の東京モーターショーで初公開された新型PCX ElectoricやPCX Hybridに続いて、エンジン仕様の新型PCX(125)とPCX150が展示されるだろう。

【HONDA PCX/150 2018年型 予想価格:34万2360円/37万3680円(ABS=39万5280円) 予想発売時期:4月】左真横の写真はベトナム仕様、現車のグレーは国内市販予定車。カラバリは125、150とも共通で上からブライトブロンズメタリック、パールジャスミンホワイト、キャンディラスターレッド、ポセイドンブラックメタリックの4色と判明した。ABSは150にのみ設定される模様だ。

国内初公開の新型フォルツァはこの姿に

3月9日に発表されたリストに掲載されている「フォルツァ(国内初公開)」は3月8日に欧州で発表された2018新型フォルツァ300の国内仕様で排気量を250ccにスケールダウンする模様。従来のフォルツァSiからすべてが刷新され、XMAX250の対抗を目指す。※詳細記事はこちら

【HONDA FORZA300 2018年型欧州仕様(左)】欧州ではNSS300 FORZAというネーミングで存在していた2013年モデルから上段の新型に生まれ変わった。これと同様に国内では2013年に登場したフォルツァSi(250)から新型フォルツァ300ベースの250に生まれ変わることになる。新型300は2015年に登場したフォルツァ125を基礎としつつデザインを刷新したものと思われる。ライバルは右のヤマハXMAX250。こちらも欧州では300や125と共通ボディだ。

大阪&東京モーターサイクルショー出展概要(リリースより)

 Hondaは、2018年3月16日(金)から18日(日)までインテックス大阪で開催される「第34回 大阪モーターサイクルショー2018」と、3月23日(金)から25日(日)まで東京ビッグサイトで開催される「第45回 東京モーターサイクルショー」に、さまざまなカテゴリーのモデルを出展。モデルが持つ世界観をライディングウェアの展示やカスタマイズの提案などと合わせて演出しながら、大阪モーターサイクルショーには合計25台、東京モーターサイクルショーには合計23台の二輪車を展示し、幅広い層のお客様に向けて豊かなモーターサイクルライフを体感いただくブースを展開します。

■主な出展車両
【カスタマイズコンセプトモデル】
CBR1000RR SP カスタマイズコンセプト※1
スーパースポーツモデル「CBR1000RR SP」をベースに、特別なカラーリングやカスタマイズを施し、よりスポーティーなイメージを強調したコンセプトモデル
CB1000R カスタマイズコンセプト
新型スポーツモデル「CB1000R」をベースに、カーボンパーツなどのドレスアップを施した、カスタマイズの楽しみを提案するコンセプトモデル
※1東京モーターサイクルショーにのみ展示

【市販予定車】
フォルツァ(国内初公開)
日常の移動から休日のツーリングまで、幅広いシーンでの扱いやすさが魅力のスタイリッシュな新型軽二輪スクーター
スーパーカブ C125
スーパーカブの独自性と伝統を昇華させた、新しいライフスタイルを提案する新型モデル
モンキー125
125cc単気筒エンジンを搭載する、モンキーの楽しさをさらに追求したレジャーモデル

【レースマシン】
RC213V-S(特別仕様車)
2018年FIM※2ロードレース世界選手権MotoGPクラスに参戦予定の「LCR Honda IDEMITSU」のカラーリングをRC213V-Sに施したマシン
CBR1000RRW
2018年MFJ※3全日本ロードレース選手権JSB1000クラスおよび、FIM世界耐久選手権 鈴鹿8時間耐久ロードレースに参戦予定のHRCワークスマシン※4
CRF450RW
2017年MFJ全日本モトクロス選手権IA1(450cc)クラスでチャンピオンを獲得したHRCワークスマシン
RTL300R
2017年MFJ全日本トライアル選手権国際A級スーパークラスでチャンピオンを獲得したマシン
※2FIMとは、Fédération Internationale de Motocyclisme(国際モーターサイクリズム連盟)の略称
※3MFJとは、Motorcycle Federation of Japan(一般財団法人 日本モーターサイクルスポーツ協会)の略称
※4会場により、出展車の仕様が異なります

【市販車】
「Gold Wing Tour」や「CRF1000L Africa Twin Adventure Sports<DCT>」、「CB250R」、「CB125R」など、最新の2018年モデルを中心にさまざまなカテゴリーのモデルを展示。展示車には、ドレスアップのアクセサリーを装着するなど、ライフスタイルに合った提案をします。

3月9日発表のリリースで配布された写真。大阪モーターサイクルショーは3月16~18日、東京モーターサイクルショーは3月23~25日だ。

いち

いち

記事一覧を見る

本誌編集長。雑誌は生き残りタイアップ全盛期だというのに、ひとり次期型ネタを嗅ぎまわって反感を買う現代のスクープ魔王。
■1972年生まれ
■愛車:BMW R100GS(1988)

この著者の最新の記事

関連記事