欧州で新型フォルツァ300がデビュー

2018新型フォルツァ250がフルチェンか?!

2018年3月8日、欧州で2018新型フォルツァ300が公開された。ヤングマシン4月号(2月24日発売)でもスクープした通り、これが2018新型フォルツァ250となって国内にデビューすることは確実。現在大ヒットとなっているXMAX250の有力な対抗馬としても注目だ。

再びH・Yがスクーターで鎬を削るか

大阪&東京MCショーのホンダブースでは、本誌がスクープした赤モンキー125や昨年秋の東京モーターショーでは見られなかったモデル群が展示されると期待されるが、本誌調査では大阪会場でワールドプレミアとして発表予定の1台を特定した。
それはフォルツァ250のフルモデルチェンジ版だ。詳細は不明だが、欧州で’17年型でモデルチェンジしたフォルツァ125をベースにするのではというのが本誌予想。というのも、この1月に発売されるやあっという間にバックオーダーを抱え人気沸騰中のヤマハXMAX250がいるからだ。
XMAXは、ほぼ同デザイン同装備で、仕向け地に合わせ400、300、250、125とグローバル展開し、既に海外では一大ブランドを形成している。今や世界の潮流は、中〜小と一貫した共通化に向かっているのだ。ホンダもこの流れに乗り、フォルツァブランドでミドルスクーター市場におけるXMAX対抗馬を目指す!?
その1つがこの250と予想できる。ショー会場では実際に見比べられるはず。期待!(ヤングマシン4月号より)

【HONDA FORZA300 2018欧州仕様(上段)】欧州ではNSS300 FORZAというネーミングで存在していた2013年モデルから上段の新型に生まれ変わった。これと同様に国内では2013年に登場したフォルツァSi(250)から新型フォルツァ300ベースの250に生まれ変わることになる。新型300は2015年に登場したフォルツァ125を基礎としつつデザインを刷新したものと思われる。ライバルは下段のヤマハXMAX250。こちらも欧州では300や125と共通ボディだ。

上段は2015年に登場し2017年型でスマートキーなどを装備した欧州のフォルツァ125。下段は2013年に登場したタイ生産のフォルツァSi(現在は絶版)で排気量は250cc。日本国内では下段の方がフォルツァのネーミングとしてはしっくりくるが、世界的には中・小排気量で共通ボディや装備となる流れで、今回の新型フォルツァ300も125を基礎としているだろう。

トラコンや電動スクリーン、スマートキーを採用

フルフェイスヘルメットが2個収納可能な大容量トランクやスマートキーといった125 の豪華装備は、新型フォルツァ300にも受け継がれており、これは250版でも十分通用するだろう。特にフォルツァ125のトランク容量は48Lもあり、ライバルのXMAX250を3ℓも上回る。また、フォルツァ300のメーターには「T」マークのインジケーターが確認できるので、トラクションコントロールを装備していると思われる。さらにスクリーンの上下調整スイッチがあることから電動スクリーンを採用しているだろう。

フォルツァ125と同様にアナログメーターと液晶の組み合わせだが、デザインはフォルツァ300専用。新型フォルツァ250もこのデザインとなるだろう。インジケーターの「T」マークは他のホンダモデルではトラクションコントロールの作動を表すものだ。レッドゾーンは9000rpmからでXMAXの8400rpmより高回転型となる。

イグニッションスイッチの脇にはシートとフューエルリッドのオープナーが設置される。スマートキーにはアンサーバック機能が装備されているのが確認できる。

左スイッチボックスにはスクリーン調整用のスイッチがあることから電動スクリーン採用と思われる。「T」スイッチはトラコン調整用のスイッチだろう。

ブレーキは前後ディスクでABSを装備。FホイールはXMAXと同じく15インチで120/70-15サイズのタイヤを装着している。

灯火類はLEDを採用し、2018年型PCXシリーズと似たイメージのヘッドライトまわりとなっている。

新型フォルツァ250のデビューは大阪モーターサイクルショー

欧州で発表された新型フォルツァ300は、排気量を250にスケールダウンして日本国内で発売されるという情報だ。その初公開は3月16日からの大阪モーターサイクルショーで、そこに現車が出展されるのは間違いない。他にもインテックス大阪を舞台に、4メーカーの注目モデルをはじめ、最新の用品&パーツが勢揃いする。前売券1300円(ペア2200円)は現在販売中。高校生以下は無料だ。もちろん翌週3月23日からの東京モーターサイクルショーにも出展されるだろう。

デザインはXMAXシリーズよりも上品なイメージでまとめられている。

2018新型フォルツァ300のカラーバリエーションは上からクレセントブルーメタリック、マットパールクールホワイト、パールナイトスターブラック、マット・シノス・グレー・メタリックの4色がラインナップしている。国内に登場する新型フォルツァ250のカラバリは不明だ。

いち

いち

記事一覧を見る

本誌編集長。雑誌は生き残りタイアップ全盛期だというのに、ひとり次期型ネタを嗅ぎまわって反感を買う現代のスクープ魔王。
■1972年生まれ
■愛車:BMW R100GS(1988)

この著者の最新の記事

関連記事