第50回『マシン・オブ・ザ・イヤー2022』 &『 マシン・オブ・ザ・50イヤーズ』人気投票受付スタート

ライドナレッジ|RIDE HI

【Q&A】ABS付きでもやんわりブレーキのほうが効く?!


●記事提供: ライドハイ編集部

思いきり握って作動したABSは制動距離を伸ばしてしまう

急制動で転倒のリスクから守ってくれるABS(アンチロックブレーキシステム)。仕組みからタイヤが滑ったとき反応してブレーキリリース、グリップ戻ったらブレーキ入力を瞬時に繰り返すので、最も効率良く制動してくれる……それは基本間違ってないのだが、フロントフォークの路面追従性能を度外視しているのを含んでおく必要はある。

たとえばやみくもにチカラいっぱいブレーキレバーをワシ掴みしてかけると、フロントフォークは勢いよくフルストロークまで沈むだろう。

そうなると奥まで沈むほどボトミングの衝撃を和らげる油圧によって動きが抑えられ、フロントタイヤが路面の小さな凹凸の表面だけをなぞり路面追従能力が鈍化、グリップ性能は落ちてしまう。

これはABSが作動する前だろうが、作動してからでも変わらない。

このため、いきなりブレーキ入力が立ち上がる乱暴なかけ方より、ジワッと効かせるやんわり入力のほうが制動距離が短く安定も良いブレーキングになるのだ。

ただツーリングでたとえばトンネルを出たらいきなり路面が濡れていたり、どんなベテランやプロでも予測できない状況に遭遇することがある。

そんなフェイルセイフ機能は必ず必要で、ABSを否定しているのではないことをお忘れなく。


※本記事は“ライドハイ”が提供したものであり、著作上の権利および文責は提供元に属します。なお、掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な記載がないかぎり、価格情報は消費税込です。



最新の記事

WEBヤングマシン|新車バイクニュース