KUSHITANI RIDING METHOD|KUSHITANI LOGS

停止時の前後ブレーキの配分って? ちょっとの工夫で前のめりにならずに停まれる! – ライテクをマナボウ ♯14

街中の信号や一時停止、とくに問題なく停まれている……というか、停まれなかったら大変だ。だけど「毎回同じように停まれているか?」と聞かれると、ちょっと自信がないかも。停止線のけっこう手前で停まってしまい、足を着いてチョコチョコ前進することも無くはない。これじゃダメですか?

●文/まとめ:KUSHITANI LOGS

思った通りにバイクを扱う意識改革

免許を取ってバイクに乗っているなら、停止線で停まれない……という人はいないはず。それに勢い余って停止線を通り過ぎてしまう、というコトもまずないだろう(これは交通違反)。とはいえ、毎回同じように、思った通りに停まれているだろうか?

もちろんこれは、停止線にピッタリつけないとダメ、という意味ではない。マージンを取って手前で停まるのはまったく問題ない。ただし、停まるたびに成り行きで2メートル手前だったり30センチ手前だったりするようなら、話は別だ。

じつは「停止線で毎回同じように停まれてる?」は、バイクを扱う上での意識改革を含めた提案の一例。「毎回同じように~」というのは、バイクを自分の意思通りにコントロールできているか? という意味で、これはバイクライディングの様々なテクニックに共通する。だから、日常的に頻繁に行う「停止線で停まる」というところから、意思通りにコントロールする習慣を身に着けよう、というのが主な趣旨だ。


※本記事は”ミリオーレ”が提供したものであり、著作上の権利および文責は提供元に属します。なお、掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な記載がないかぎり、価格情報は消費税込です。

最新の記事

WEBヤングマシン|新車バイクニュース