第50回『マシン・オブ・ザ・イヤー2022』 &『 マシン・オブ・ザ・50イヤーズ』人気投票受付スタート

KUSHITANI RIDING METHOD|KUSHITANI LOGS

あ! 曲がりきれない! その時どうする? – ライテクをマナボウ ♯31

とくに先が見えないブラインドカーブは、曲がり具合をしっかり予測……したハズだけど、いざ曲がり始めたら思った以上に回り込んでいて、ドキッ!とすることもしばしば。なんとかやり過ごしてはいるけれど、きちんと回避できないと本当にヤバイかも……。


●まとめ:ミリオーレ編集部 ●外部リンク:KUSHITANI LOGS

思っていたより曲がってる! は、峠のカーブあるあるだ!

ブラインドカーブの曲がり具合が、予測した以上にキツく曲がっていることは少なくない。また、曲がり方(曲率)が一定では無く、カーブの奥の方で曲率がキツくなる「複合カーブ」も、じつは日本の峠路には数多く存在する。

そんな時は、強引にバンク角を深くして、なんとかやり過ごしているライダーが多いのではないだろうか? じつはバイクの構造的には、旋回動作に入ってから途中でバンク角を深くしても、回転半径はあまり小さくならない。むしろ傾け過ぎでタイヤがグリップできずに、スリップして転倒する危険が大きくなるので、回避方法としては決してオススメできない。

それなら「曲がりきれない!」と思ったらどうすれば良いのか? じつはイロイロな応用が効く良い方法があるのだ。


※本記事は“ミリオーレ”が提供したものであり、著作上の権利および文責は提供元に属します。なお、掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な記載がないかぎり、価格情報は消費税込です。

最新の記事


WEBヤングマシン|新車バイクニュース