すぐに温かくなる! 操作性を損なわず寒さから手を守るグリップヒーター〈キジマ〉

キジマ グリップヒーター

全身を使うバイクライディングの中でも、手はアクセル/ブレーキ/クラッチ/ウインカーなど重要かつ繊細な操作が求められる部位。しかし、走行風の寒さで手がかじかんでしまい、繊細な操作ができなくなりやすくもある。そこで、手の操作性を損なわず、すぐに暖をとれるキジマのグリップヒーターを紹介しよう!!


●まとめ/写真:ゴーライド編集部 ●取材協力:キジマ

GH07:握りやすくて操作性を損なわい、スイッチ一体型グリップヒーター

キジマ製グリップヒーターGH07は、純正と同等のグリップ径33mmを実現し、グリップヒーターの弱点である握りの太さを解消しているのが大きな特徴だ。

キジマ|グリップヒーター|GH07

【KIJIMA GRIP HEATER GH07】●グリップ長:115 120 130mmの3タイプ設定 ●適合ハンドル:φ22.2mm(7/8″) ●価格:1万6500円 [写真タップで拡大]

さらにスイッチ一体型なので、グリップから手を離さずにオン/オフや温度レベル調整ができ、その温度レベルも5色のLEDインジケーターで分かりやすく表示され、走行中にも確認しやすいのがうれしい。

キジマ|グリップヒーター|GH07

メインキーをオンの通電時に、LEDはホワイトで点滅。スイッチボタンを押すごとLEVEL1出力20%LEDブルー/LEVEL2出力40%LEDグリーン/LEVEL3出力60%LEDイエロー/LEVEL4出力80%LEDオレンジ/LEVEL5出力100%LEDレッドと、直感的に分かりやすいカラーで表示される。どのLEVELでもボタンを3秒間以上押すと電源オフになり、メモリー機能により再開時には電源オフ時点のLEVELとなる。 [写真タップで拡大]

グリップ長は115/120/130mmの3タイプが設定され、22.2mm径のハンドルに装着できる。アイドリング時や低回転時に電圧が12V以下に下がると電源がオフになり、再使用時は電源オフ時の温度レベルに設定されるメモリー機能も搭載。

すぐに暖まり、操作性を損なわず、高い機能性を備えたグリップヒーターだ。

キジマ|グリップヒーター|GH07

温度グラフは、26℃室内でグリップ右側単体での測定結果(走行中より冷却率は低い)。実際はハンドルやグローブ/外気への熱伝導による冷却があるため、あくまで参考値となる。消費電力:13.5V 7.4W(LEVEL1)〜34.8W(LEBEL5) [写真タップで拡大]

GH08:同等性能でコスパ抜群のスイッチ別体式

握りやすさを考慮したスリムなグリップで、最小径33mmを実現。別体式スイッチはデジタルパルス式で電気的ロスが少なく、シリコンラバー製で耐久性も確保。

キジマ|グリップヒーター|GH08

【KIJIMA GRIP HEATER GH08】●グリップ長:115 120 130mmの3タイプ設定 ●適合ハンドル:φ22.2mm(7/8″) ●価格:8800円 [写真タップで拡大]

キジマ|グリップヒーター|GH08

ボタンを押すことで5段階に温度レベルを調整でき、新しいヒーター構造で熱伝達が早いのも特徴。 [写真タップで拡大]

GH10:スロットルパイプを一体化しスリム化と簡単装着を実現

スロットルパイプと一体化することでグリップ径を32mmまでスリム化し、スイッチも新設計で小型化されている。アクセルワイヤー巻き取り部は3種類付属し、幅広い車種に対応している。

キジマ|グリップヒーター|GH10

【KIJIMA GRIP HEATER GH10】●グリップ長:120 130mm ●適合ハンドル:φ22.2mm(7/8″) ●価格:1万7600円 [写真タップで拡大]

キジマ|グリップヒーター|GH10

純正スロットルパイプを外して付け替えるだけで装着できる。 [写真タップで拡大]


※本記事は“ゴーライド”が提供したものであり、文責は提供元に属します。※掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。※掲載されている製品等について、当サイトがその品質等を十全に保証するものではありません。よって、その購入/利用にあたっては自己責任にてお願いします。※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

最新の記事

WEBヤングマシン|新車バイクニュース