500ccで平忠彦がエディ・ローソンを打ち破る! 蘇るTBCビッグロードレース【初DVD化第6弾 1986年編】

  • 2023/01/13
  • 【BRAND POST】ウィック・ビジュアル・ビュ-ロウ

ウィック・ビジュアル・ビューロウは、バイク専門クラウドファンディングサイト『2輪市場』にて、TBCビッグロードレースを初めてDVD化して10作品を発売する。第6弾は1986年編だ!

●BRAND POST提供:ウィック・ビジュアル・ビューロウ

1986年に開催されたTBCビッグロードレースの映像をDVDに復刻収録!

前年はあいにくの雨のレースとなったが、この年は天候に恵まれ熱いレースが展開された。また、1986年からはそれまで2ヒート制だったレースが30周のワンレースになったのもトピックだ。

1986年編は500ccとTT-F1を収録! [写真タップで拡大]

500ccでは再びWGP500ccのタイトルを手中に収めたエディ・ローソンに加え、ランディ・マモラとマイク・ボールドウィンが参戦。TT-F1クラスにもクリスチャン・サロンとケビン・マギーがエントリーを果たした。

ローソンは1984年、1985年と2ヒートを全て勝利して4連勝中。1986年は自身2度目となる世界グランプリ500ccクラスのタイトルを獲得し、年末のTBCビッグロードレースには4回目の参戦だ。

これを迎え撃つ日本人ライダーは、この年のサンマリノGP、250ccクラスで念願の初優勝をあげた平忠彦。王者ローソンをどう攻略したのか、その勇姿をその目で確かめて欲しい。

TT-F1では、クリスチャン・サロンとケビン・マギーを相手に宮崎祥司、上野真一らが奮闘する。

参戦したレジェンドライダーたち

クリスチャン・サロン(TT-F1クラス) [写真タップで拡大]

ケビン・マギー(TT-F1クラス) [写真タップで拡大]

辻本聡(TT-F1クラス) [写真タップで拡大]

エディ・ローソン(500ccクラス) [写真タップで拡大]

ランディ・マモラ(500ccクラス) [写真タップで拡大]

マイク・ボールドウィン(500ccクラス) [写真タップで拡大]

平忠彦(500ccクラス) [写真タップで拡大]

国際格式レースが日本になかった時代に誕生したのがTBCビッグロードレース

1977年、TBC東北放送は開局25周年を記念し、スポーツランドSUGOにて特別なレースを開催した。当時の日本では国際格式レースがなく、海外のライダーを見ることができる唯一のレースとして誕生したビッグイベントは、その名をTBCビッグロードレースといった。1977年~1980年は毎年5月/10月の2回開催であったが、1981年より年1回の開催に変更された。

グランプリのシーズン終了後に開催されることにより、WGPのスーパースターも参戦できたことが特別なレースたるゆえん。特に1980年10月開催からは、それまでのF750カテゴリーからWGPと同じ500ccマシンでの開催となり、GPライダー&GPマシンの組み合わせがファンを熱狂させた。

そんなTBCビッグロードレースを、モトGP公式DVDの制作などで知られるウィック・ビジュアル・ビューロウが初めてDVD化して発売するのが本DVDシリーズだ。


※本記事はウィック・ビジュアル・ビューロウが提供したものであり、文責は提供元に属します。※掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。※掲載されている製品等について、当サイトがその品質等を十全に保証するものではありません。よって、その購入/利用にあたっては自己責任にてお願いします。※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

予告編動画はコチラ↓

WEBヤングマシン|新車バイクニュース