ハーレーに似合うラグジュアリーなスマホホルダー!”アルミ削り出し”MOUNT SYSTEMをスポーツスターに取付けレビュー

  • 2022/09/09
  • 【BRAND POST】サイン・ハウス

●BRAND POST提供:サイン・ハウス

美しさと強さを兼ね備えた、アルミ削り出しのバイク用デバイスホルダー「MOUNT SYSTEM」

その「MOUNT SYSTEM」のスマホホルダーと、振動吸収ユニット「VIBRATION GUARD (バイブレーションガード)」のふたつを、バイク専門のマーケッターである、(株)ミヤシーノ 宮下氏がレビュー。

レビュー動画は、サイン・ハウスの公式YouTubeチャンネルで公開中です。

今回のMOUNT SYSTEMのレビュー動画のほか、バイク用インカム、B+COMシリーズの使いかたやお役立ち情報動画も公開しておりますので、気になるかたはぜひチェックしてみてください。

MOUNT SYSTEMとは?

サイン・ハウスの「MOUNT SYTEM (マウントシステム)」は、強くて美しいバイク用デバイスホルダーです。

ボディ素材にはA6061アルミブロック材を採用し、アルマイト処理を施すことで強度や耐食性を備えた、強靭な耐久力で、かつ愛車を美しくドレスアップする製品がMOUNT SYSTEM。

​長期間にわたり、様々な車両でテストを続け辿り着いたのは、パーツをA(デバイス固定)、B(アーム)、C(車体への固定)と3つに分割し、その間を硬質ゴムボールで​つなぐことで可動範囲を増やすとともに微振動をゴムボールによって減衰させて、車体の振動を直接デバイスに伝えないようにする方法でした。

実は、サイン・ハウスのオリジナル商品は2006年発売の MOUNT SYSTEM が原点なのです。 

ハーレーダビッドソン スポーツスターへ取付け

バーハンドルタイプの車両には、パイプクランプのCパーツが最適です。

ハーレーダビッドソン スポーツスターの純正ハンドルバーをノギスで計測し、「φ25.4mm (1インチ)」であることがわかりました。いわゆる「インチバー」と呼ばれるハンドルですね。

φ25.4mmであれば、「C-41」というパーツが対応します。そのほかにもHONDA Rebel250Rebel1100YAMAHA ドラッグスター400などのインチバー車両にも取り付けることが可能です。

取り付け時のポイント

取付けのポイントは、ボールを脱脂することです。MOUNT SYSTEMはボールを挟み込んで固定する構造なので、中性洗剤やパーツクリーナーなどで表面をきれいにしておくことで、本来の固定力を発揮できます。

そのほかにもレビュー動画では具体的な取付け手順をくわしくご紹介しております。
「自分のバイクにも取付けられる?」「取り付けるときのコツは?」など、MOUNT SYSTEMのギモンをお持ちのかたはぜひご覧ください。

富士山が見える高原道路で走行レビュー

「MOUNT SYSTEM」のスマホホルダーと、振動吸収ユニット「VIBRATION GUARD」のふたつをハーレーダビッドソン スポーツスターへ装着して、富士山高原ツーリングへ出発!
およそ250kmの距離を日帰りで走行します。

不安になる知らない土地でも、スマートフォンのナビアプリがあれば迷子の心配もなく、安心です。

また、MOUNT SYSTEMなら自分の好みのケースやカバーをつけたまま装着できるのも嬉しいポイント。充電コネクタも干渉せずに使えます。(※サイズや形状によっては装着できない場合があります。)

近年スマートフォンの性能が向上したことで、オートバイから生じる高周波振動を受け続けるとスマートフォンのカメラ性能にダメージを与えることが報告されています。

そこで、オートバイでも安心して装着するためのパーツ「VIBRATION GUARD (バイブレーションガード)」が登場しました。

高周波振動を低周波振動に変換し、スマートフォンに伝わる振動によるダメージを軽減させるので、振動の大きな車両にもピッタリの製品です。
ツーリング先の美しい景色や思い出は、スマートフォンのカメラでしっかり記録に残しておきたいですね。

まとめ

アルミ削り出しの美しい見た目だけではなく、本当に高い耐久性と防振力をもつMOUNT SYSTEM

唯一無二の美しいデザインと質感は、スポーツスターのような精悍なスタイルのバイクをラグジュアリーにドレスアップするのに最適です。

また、9月17日~18日に開催される、ハーレーの祭典「BLUE SKY HEAVEN (ブルースカイヘブン)」にサイン・ハウスも出展!会場では、MOUNT SYSTEMの展示・販売も行います。

実物を触って確かめることができるので、ぜひサイン・ハウスブースへお越しください。おまちしています!

※本記事はサイン・ハウスが提供したものであり、著作上の権利および文責は提供元に属します。なお、掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。

WEBヤングマシン|新車バイクニュース