【アドバンテージ KYB】ビンテージタイプの2本ショックにスポーツ性をプラス

  • 2022/04/13
  • 【BRAND POST】アドバンテージ

フットワークパーツのプロショップであるアドバンテージが開発するオリジナルパーツの多くは、モータースポーツやレースとの関わりが深いのが特徴です。そんな中で異彩を放つのがアドバンテージKYBビンテージタイプリアサスペンションです。シンプルな2本ショックに込められたこだわりと共に、製品の特徴を紹介します。

●BRAND POST提供:アドバンテージ

2本ショックだからこそ問われるサスペンションの基本性能

サスペンションでもホイールでも、アドバンテージが開発する製品はすべてフットワーク性能の向上を実現することを目的としています。そのコンセプトを守りながら、ファッション性にも配慮したのが、アドバンテージKYBビンテージタイプリアサスペンションです。

前後のサスペンションにとって重要なのは、

1.スプリングによって路面からの衝撃を受け止める
2.ダンパーによってスプリングの振動を吸収する性能がバランス良く機能する

この2点です。

スプリングが硬すぎるとサスペンションがうまく縮まず路面からのショックがライダーにダイレクトに伝わり突き上げ感につながり、柔らかすぎるとサスペンションが動きすぎてフラフラ、グニャグニャした乗り心地になります。

一方でダンパーの働きが強すぎるとサスペンションの伸縮時にフリクションとなり、弱すぎるとスプリングの伸縮をなかなか落ち着かせることができません。

スポーツ性よりも快適性を重視した味付けが施されることが多いネイキッドモデルやトラディショナルモデルの純正サスペンションは、スーパースポーツモデル用に比べればスプリングもダンパーもマイルドなセッティングとなり、スポーツ走行時には不満を覚えることもあるかもしれません。

そんなユーザー向けに開発されたのがアドバンテージKYBビンテージタイプリアサスペンションです。絶版車から現行車まで機種を問わずフィットする質感の高いスリムなアルミ削り出しボディは、リザーバータンクを省略することでオーソドックスでクラシカルなイメージをアピール。

250cc、400ccの一部モデルは、16.7N/mmのバネレートで設計されたシングルレートのスプリングが街中からワインディングまで荷重をしっかり受け止め、4段階の伸び側減衰力調整によって余計な動きを素早く収束させます。

アドバンテージKYB|リアサス

250ccと一部の400cc以下用サスペンションのスプリングはメッキ仕上げとなる。フリー長は325mmで機種によっては本体がチェーンケースやグラブバーなどに干渉する場合があるので、その際は加工が必要となる。サスペンション自体は正立でも倒立でも使用可能なので、取り付け方向によって干渉を避けられる場合もある。 [写真タップで拡大]

またスプリングの表面仕上げは、排気量によりクロームメッキ、ブラックと2色のカラーを用意し、異なる印象を与えると共に、個性的なロックナットを採用した無段階ネジ式スプリングイニシャル調整機構を装備しています。

純正サスペンションとは一線を画するスポーツ性の高さを持ちながら、リーズナブルな価格を実現しているのもこの製品の特長です。現在では海外ブランド製を含めてさまざまなリアサスペンションが販売されていますが、アドバンテージが開発を行いサスペンションのトップブランドであるKYBが製造を担当するサスペンションが5万7000円(税抜)というのは間違いなくリーズナブルといって良いでしょう。

アドバンテージKYB|リアサス

400cc以上用のショックにはブラックのスプリングを使用。全体的に引き締まった印象となる。4段階の伸び側減衰調整機構や無段階イニシャルアジャスターなどの装備はメッキスプリングモデル用と同様。 [写真タップで拡大]

新旧モデルを問わず装着できるラインナップの幅広さも魅力

路面からのショックをしっかり受け止め、余計な動きを吸収するリアサスペンションによって、バイクの乗り心地や操縦性は大きく変化します。スポーティなサスペンションというと、スプリングと減衰力を高めたガチガチな乗り味を想像するライダーもいるかも知れませんが、このビンテージタイプリアサスペンションは充分なストローク感とそれをしっかり収束させる減衰力を組み合わせることで、軽快な動きを実現します。

アドバンテージKYB|エストレヤ

リザーバータンク付きショックをクラシカルデザインのバイクに装着すると違和感があるが、単筒ガス式ボディならしっくりフィットする。 [写真タップで拡大]

適合機種の多さも特長のひとつです。
【スズキ車】
ブラックスプリング
INAZUMA1200、INAZUMA400、IMPLUSE400、GS1200SS、GSX1400

メッキスプリング
GSX250FX※

【カワサキ車】
ブラックスプリング
W3(650RS)/W1/W1SA、
W650(’99-’08)/W800(’11-’20)/W800 CAFE(’19-’21)/W800 STREET(’19-’21)/MEGURO K3(’21)、W400、SS750、SS500/SS400/KH500/KH400

メッキスプリング
250TR、エストレヤ、バリオスⅡ、


【ヤマハ車】
ブラックスプリング
XJR1300/XJR1200/XJR1200R、XJR400/XJR400S/XJR400R

メッキスプリング
SR400/500


【ホンダ車】
ブラックスプリング
CB400SF HYPER-VTEC/CB400SF Type-S Ver-R、GB400/500

メッキスプリング
GB250

といった多彩な機種に装着できます。

上に掲載した機種の中には、製造から30年以上を経過した絶版車も含まれています。そうした機種のサスペンションの中には、ダンパーからオイルやガスが抜けて充分な減衰力が期待できない物も含まれているはずです。

サスペンションの性能低下は時間の経過と共に徐々に進行することが多いため、ライダー自身が気がついていない場合も少なくありません。

アドバンテージKYB|リアサス|ダンパー調整

エンドアイ部分のダイヤルで、ダンパー伸び側の減衰力を4段階に調整できる。 [写真タップで拡大]

アドバンテージKYB|リアサス|イニシャルアジャスタ

ネジ式イニシャルアジャスターのロックは特徴的なリング式。黒いリングスリーブを緩めてから、フックレンチなどでスプリングシートを回してプリロードを調整する。 [写真タップで拡大]

W800|アドバンテージKYB

信頼のKYB製であることを考えると、抜群にリーズナブルなアドバンテージKYBビンテージタイプリアサスペンション。純正サスペンションとはひと味違う乗り心地とスポーツ性能と、ビンテージスタイルの機種にもマッチするファッション性の高さは、2本ショックモデルにとって最適の選択になるはずだ。 [写真タップで拡大]

※本記事はアドバンテージから寄稿されたものであり、著作上の権利および文責はすべて寄稿元に属します。なお、掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。

ホームベビーフェイスGSX-S1000カスタム【操る楽しみをスープアップするオリジナルパーツ】
WEBヤングマシン|新車バイクニュース