モノアイ顔の抑揚を強調!

ヤマハ「YZF-R7」にキリリと締まった新色ホワイト登場! ブルー&ブラックは続投で2/28発売

ヤマハは、MT-07と心臓部を共有するスーパースポーツモデル「YZF-R7」に新色のホワイト設定し、2023モデルとして発売する。ブルーおよびブラックは2022年モデルから継続。


●文:ヤングマシン編集部(ヨ) ●外部リンク:ヤマハ発動機

赤い差し色ヨシ! 従来の2色ラインナップから全3色へ

ヤマハは、2023年モデルの「YZF-R7」を発表した。従来からラインナップされる、レースイメージの強いブルーや安定のブラックに、新色のホワイトが追加された。従来は限定仕様だったグランプリ参戦60周年記念モデルを除けば2色のラインナップだったが、2023年モデルからは全3色から選べるようになる。

ニューカラーの“ブルーイッシュホワイトパール1”は、ホイールとロゴ部分の差し色に赤をチョイス。YZF-R1ゆずりのツリ目ポジションライトとLEDバイファンクショナルヘッドライトの精悍な表情に、ボディの引き締まった抑揚を強調するグラフィックとなっている。

YZF-R7は2021年5月にグローバル発表されたブランニューモデルで、MT-07ベースの270度クランクの並列2気筒エンジンには、新たにアシストスリッパークラッチを搭載。車体まわりでは倒立フロントフォークの新採用に合わせて各所の調整を施している。ハイパワーすぎるリッタースポーツよりも思いっきり走りを楽しめる、新世代のミドルスーパースポーツだ。トラクションコントロールシステムなどの電子制御は持たないが、スムーズなシフトアップを実現するクイックシフターはオプション設定される。

なお、2023年モデルは価格が5万5000円上昇し、105万4900円となった。

YAMAHA YZF-R7[2023 model]

ヤマハ|YZF-R7|2023年モデル
ヤマハ|YZF-R7|2023年モデル

YAMAHA YZF-R7[2023 model]ブルーイッシュホワイトパール1(ホワイト) [写真タップで拡大]

ヤマハ|YZF-R7|2023年モデル
ヤマハ|YZF-R7|2023年モデル

YAMAHA YZF-R7[2023 model]ブルーイッシュホワイトパール1(ホワイト) [写真タップで拡大]

ヤマハ|YZF-R7|2023年モデル
ヤマハ|YZF-R7|2023年モデル

YAMAHA YZF-R7[2023 model]ディープパープリッシュブルーメタリックC(ブルー) ※継続色 [写真タップで拡大]

ヤマハ|YZF-R7|2023年モデル
ヤマハ|YZF-R7|2023年モデル

YAMAHA YZF-R7[2023 model]ディープパープリッシュブルーメタリックC(ブルー) ※継続色 [写真タップで拡大]

ヤマハ|YZF-R7|2023年モデル
ヤマハ|YZF-R7|2023年モデル

YAMAHA YZF-R7[2023 model]ヤマハブラック(ブラック) ※継続色 [写真タップで拡大]

ヤマハ|YZF-R7|2023年モデル
ヤマハ|YZF-R7|2023年モデル

YAMAHA YZF-R7[2023 model]ヤマハブラック(ブラック) ※継続色 [写真タップで拡大]

車名YZF-R7
型式8BL-RM39J/M419E
全長×全幅×全高2070×705×1160mm
軸距1395mm
最低地上高135mm
シート高835mm
キャスター/トレール23°40′/90mm
装備重量188kg
エンジン型式水冷4ストローク並列2気筒DOHC4バルブ
総排気量688cc
内径×行程80.0×68.5mm
圧縮比11.5:1
最高出力73ps/8750rpm
最大トルク6.8kg-m/6500rpm
変速機常時噛合式6段リターン
燃料タンク容量13L
WMTCモード燃費24.6km/L(クラス3、サブクラス3-2、1名乗車時)
タイヤサイズ前120/70ZR17
タイヤサイズ後180/55ZR17
ブレーキ前油圧式ダブルディスク
ブレーキ後油圧式ディスク
乗車定員2名
価格105万4900円
発売日2023年2月28日

※本記事は“ヤングマシン”が提供したものであり、文責は提供元に属します。※掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。※掲載されている製品等について、当サイトがその品質等を十全に保証するものではありません。よって、その購入/利用にあたっては自己責任にてお願いします。※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

最新の記事

WEBヤングマシン|新車バイクニュース