サクッと読めてためになる

Q85:古いバイクの部品がどんどん廃盤になっていくのはなぜ?【30秒でわかる! バイクの疑問】

Q85:古いバイクの部品がどんどん廃盤になっていくのはなぜ?【30秒でわかる! バイクの疑問】

ライダー予備軍や免許取り立てなら、知らないことばかりなのは当たり前。だけどキャリアの長いライダーだって「知っているようで解らない」があったりする。理解しなくてもバイクは乗れるけれど、知っていればトクするコトや、バイクライフが深まるヒントもたくさん。コッソリ知って、貴方も今日からベテランだ。85問目は絶版車のパーツについて。ずっとは生産してくれないの?


●文:ヤングマシン編集部

A85:管理や税金等のコストが大変だから…

まず、車両の生産終了から何年間部品を供給しなければならない、という法的な規制はない。

主要メーカーは10年くらいを目安にしているそうだが、部品によってはもっと早く在庫がなくなることもある。

なので、愛車が「絶版車」「旧車」になる前に、パーツ取り用の車両を確保しておくというオーナーも。特定の車種に強いショップが、独自にリプロ品を製作しているケースもある。

メーカーにとっては、型や設備の維持管理、生産した物の在庫管理やそれらにかかる税金などの問題もあるので、仕方ない部分もあるが…。

Z1/Z2パーツの再生産

【Z2/Z1パーツの再生産】カワサキはZ1/Z2用シリンダーヘッドを再販。 [写真タップで拡大]

NSR250R

【NSR250Rパーツの再生産】ホンダもCB750フォア/F/NSR250R/RC30の部品(の一部)をヘリテイジパーツとして再販した。 [写真タップで拡大]


※各設問の回答は編集部独自の見解であり、諸説あります。
※本記事は“ヤングマシン”が提供したものであり、文責は提供元に属します。※掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。※掲載されている製品等について、当サイトがその品質等を十全に保証するものではありません。よって、その購入/利用にあたっては自己責任にてお願いします。※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

最新の記事

WEBヤングマシン|新車バイクニュース