第50回『マシン・オブ・ザ・イヤー2022』 &『 マシン・オブ・ザ・50イヤーズ』人気投票受付スタート

サクッと読めてためになる

Q71:オイル量ってどの状態で見るの? サイドスタンドでOK??【30秒でわかる! バイクの疑問】

Q71:オイル量ってどの状態で見るの? サイドスタンドでOK??【30秒でわかる! バイクの疑問】

ライダー予備軍や免許取り立てなら、知らないことばかりなのは当たり前。だけどキャリアの長いライダーだって「知っているようで解らない」があったりする。理解しなくてもバイクは乗れるけれど、知っていればトクするコトや、バイクライフが深まるヒントもたくさん。コッソリ知って、貴方も今日からベテランだ。71問目は意外にハードルが高い?! オイルの点検に関するギモン。


●文:ヤングマシン編集部

A71:昔の常識だとセンタースタンドで見たが……。

オイル量は窓やディップスティックで適正な量かどうかを点検する。昔はセンタースタンドなどで車体を直立状態にしてから見るのが基本だったが、最近はサイドスタンドしかないモデルも多いから大変。

基本的にはまず3分程エンジンを動かし(温め)てから、バイクを直立させ点検する。「5分程オイルが落ちてくるのを待つ」など書いてあったり、サイドスタンドをかけた状態で確認するモデルもあるので、愛車の取扱説明書をまずはチェックしよう。ちなみにスティックタイプは、ねじ込まずに差し込んでチェックするケースが多い。

直立についてはメンテナンススタンドがあればいいが、自分でバイクを起こして誰かに見てもらうのが手っ取り早い。どうしても一人でやらなければならない場合は、スマホを固定し動画を撮って窓をチェックする方法もある。

いずれにせよ平坦な場所に停めてから見ることは鉄則だ。自宅の駐車場などでも、できれば毎回同じ場所でチェックするようにしたい。エンジンを温めるのを忘れていたり、微妙に停める場所(傾斜)が違ったりすると、「見るたびにオイル量が違う!」なんてことも。

オイル量の点検

エンジン停止後しばらくしてからオイル量を点検。必ず上限と下限の範囲に収まるように。直立点検かサイドスタンド点検か不明なら、直立状態で中間レベルにしておけばとりあえずは大丈夫だろう。 [写真タップで拡大]


※各設問の回答は編集部独自の見解であり、諸説あります。
※本記事は“ヤングマシン”が提供したものであり、著作上の権利および文責は提供元に属します。なお、掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な記載がないかぎり、価格情報は消費税込です。

最新の記事

WEBヤングマシン|新車バイクニュース