第50回『マシン・オブ・ザ・イヤー2022』 &『 マシン・オブ・ザ・50イヤーズ』人気投票受付スタート

アールズギア代表・樋渡治「引退はあるがバイクに終わりはない!」〈上がりのバイク論〉

総決算として、バイクライフ最後の1台を選ぶとしたら…。“上がりのバイク”は、人それぞれ、バイクへの考え方がモロに露出する正解のない概念だろう。…というわけで、2輪業界の様々な識者たちに質問してみた。「アナタにとっての“上がりバイク”を教えて下さい!」レーサーとして全日本やWGPに参戦し、今はアールズギア代表を務める樋渡治氏に話を伺うと、”これで終わり”というバイクは考えていないという。


●文:ヤングマシン編集部

樋渡治

【樋渡治 AGE:65】モリワキやスズキで名を馳せた名レーシングライダー。現在は「アールズ・ギア」の代表として、極上マフラーの開発に精力を注ぐ。 [写真タップで拡大]



引退はあるがバイクに“終わり”はない

「上がりバイク」。嫌な言葉ですねぇ(笑)。もちろん歳を取れば、体力、反射能力は衰えてくるけど、それに合わせた乗り方やバイクは必ずあるはず。考え方は人それぞれなので「引退」はあると思うものの、私にとって「これで終わり」というバイクはありえませんね。

現在の愛車はR1250GSアドベンチャーですが、体力がなくなれば車格の小さいものに乗り換えるだけのこと。次のバイクはその時にならないと考えられません。私が代表を務めているBMWオーナーズクラブ「BMW Clubs Nippon」では、70代の方も多い。最年長は88歳でR1250GSやF700GSに乗っていてとても上手。私なんか「若造」と言われています(笑)。

やっぱりバイクが好きなんです。私は16歳でZ2から乗り始めましたが、時代ごとに好きなバイクを楽しんできました。今はいかに長く乗るかということしか考えていませんし、感覚と体力が許す限り乗り続けていきます。レースではなく趣味なので、自分のペースで走れますからね。

樋渡治

レース引退後にツーリングに目覚め、今も愛機GSで年間2万km以上は走るという樋渡さん。様々な状況を走り込むことで、身を持って知った「乗って楽しく疲れない」特性こそ、アールズギア社製のマフラーの身上だ。 [写真タップで拡大]


※本記事は“ヤングマシン”が提供したものであり、著作上の権利および文責は提供元に属します。なお、掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な記載がないかぎり、価格情報は消費税込です。



最新の記事

WEBヤングマシン|新車バイクニュース