第50回『マシン・オブ・ザ・イヤー2022』 &『 マシン・オブ・ザ・50イヤーズ』人気投票受付スタート

サクッと読めてためになる

Q29:「先を見る」ってどれだけ先? 基本の乗車姿勢と視線を教えて【30秒でわかる! バイクの疑問】

Q29:「先を見る」ってどれだけ先? 基本の乗車姿勢と視線を教えて【30秒でわかる! バイクの疑問】

ライダー予備軍や免許取り立てなら、知らないことばかりなのは当たり前。だけどキャリアの長いライダーだって「知っているようで解らない」があったりする。理解しなくてもバイクは乗れるけれど、知っていればトクするコトや、バイクライフが深まるヒントもたくさん。コッソリ知って、貴方も今日からベテランだ。29問目は走行中の「視線」に関するギモン。


●文:ヤングマシン編集部



A29:目線だけでなく、身体ごと先を見よう!

「バイクは見ている方に進む」とよく言われるが、果たしてどれくらい先を見れば良いのか?

峠などで意識したいのは目線だけでなく、顔ごと、さらにいえば肩ごと(右コーナーならイン側の肩を時計回転)なるべくコーナーの先を見る。きちんとできているかはフォームでチェック。

まずアゴが上がっている方は目線が近い。顔を起こした方が先まで見えそうだが、アゴが上がると前に座ってしまうし背中も反りがちに。なので、まずは少し後ろに座って上目使いで視線を遠くに向けよう。

また、最初は正しいフォームで走れていても、疲れてくると腕が突っ張りアゴが上がってしまうことがあるので、慣れるまでは頻繁にチェック!

乗車姿勢のイメージ

上手そうに見えるフォームは、バイクと一体になれているかどうかがポイント。コツは走り出したら少しだけ後ろに座り、下半身ホールド。上半身はリラックスして、上目使い。 [写真タップで拡大]

視線のイメージ
視線のイメージ

フォームを意識したら、アゴを引いて上目使いで先を見る。一点を凝視するのでなく、傍観するイメージで身体ごと遠くを見よう。 [写真タップで拡大]


※各設問の回答は編集部独自の見解であり、諸説あります。
※本記事は“ヤングマシン”が提供したものであり、著作上の権利および文責は提供元に属します。なお、掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な記載がないかぎり、価格情報は消費税込です。



最新の記事

WEBヤングマシン|新車バイクニュース