チームカガヤマ鐵隼応援プロジェクト

1050ルックのシャープなデザイン

スズキ新型「VストロームSX」爆誕!! 油冷ジクサー250ベースのスポーツアドベンチャーだ!【海外】

スズキはインドで、油冷単気筒エンジンのジクサー250をベースとした新型スポーツアドベンチャー「V-STROM SX(ブイストローム エスエックス)」を発表した。マスター・オブ・アドベンチャーを標榜し、フロント19/リヤ17インチと足まわりも最適化。日本への導入も期待がかかる!

ターンバイターンのナビゲーションも標準搭載!

スズキは、インドでも好評な油冷単気筒モデル・ジクサー250をベースとした(と思われる)新型スポーツアドベンチャーモデル「VストロームSX」を発表した。現行の2気筒モデルのVストローム250よりも格段にスリム&軽量、かつ前後ホイールは前19/後17インチへと変更された、本格クロスオーバーの位置付けだ。

なにより注目は油冷システム『Suzuki Oil Cooling System(SOCS)』を採用したエンジンだろう。ジクサー250が登場した際、1980年代の油冷とはシステムが異なり、ヘッドが非常にコンパクトに造られた単気筒は、他機種への展開も夢想させるものだった。クランクケースに対するシリンダーの小ささからは、排気量拡大の可能性も残した設計なのではとうかがえたが、満を持して投入されたのはアドベンチャーモデルだったわけだ。

2気筒モデルよりもパワフル(とはいえ2気筒には豊かな低速トルクがあって扱いやすく、どちらが上というものではない)で軽量なエンジンを搭載するニューモデルのコンセプトとして、用途の広いクロスオーバーモデルは最適解のひとつだろう。

デザインは、レトロな雰囲気も併せ持つVストローム250や、丸みを帯びたVストローム650とは異なり、伝説的なDR-Zレーサーなどからインスパイアされた、1980年代テイストの角ばったボディラインが魅力のVストローム1050系と同じ流れを汲むもの。ホイールはジクサー250と同系デザインのキャストながら、前述のように前19/後17インチへと変更されている。前後ブレーキはもちろんディスクを採用。LEDの八角形ヘッドライトは、ネイキッドモデルのジクサー250とかなり似て見えるが、同じユニットかどうかまでは確認できない。ちなみにテールランプもLEDだ。

電制系では、セルボタンを一押しするだけでエンジンを始動するまでセルモーターが回るスズキイージースタートシステムを搭載するほか、新たにスズキライドコネクトと呼ばれる機能でスマートフォンとブルートゥース接続ができるようになり、ターンバイターンナビゲーションや電話の着信などに対応する(日本仕様が導入された場合に搭載されるかは未知数)。また、メータークラスターの左横にはUSB充電アウトレットも装備している。

日本マーケットでは本格オフロードマシンがラインナップから外れ、“そっち系”はアドベンチャーツーリングのVストローム250だけとなっているが、もしVストロームSXが導入されれば、スポーティなクロスオーバーモデルとして人気を呼びそうだ。

気になる価格は、インド本国で21万1600ルピーとなっており、仮に日本で発売された場合の価格はジクサーSF250の19万1200ルピーとの価格比から53万円前後と想定できるが、昨今の原材料費の高騰などから、もう少し高くなる可能性は十分にあるだろう。とはいえ、これは人気が出そうだ! スズキさん、ぜひご検討をよろしくお願いしまーす!

SUZUKI V-STROM SX[2022 India model]

SUZUKI V-STROM SX[2022 India model] [写真タップで拡大]

SUZUKI V-STROM SX[2022 India model]

ディテール各種。アドベンチャーらしくナックルガードとウインドスクリーンを備え、シートは前後セパレートタイプを採用。モトGPテクノロジーを採用した油冷単気筒エンジンの下にはアンダーカウルがあり、マフラーはジクサー250と同様に見える。フロントフォークのストロークは120mmで、リヤサスペンションは7段階のプリロード調整機構を装備。スズキイージースタートシステム、USBアウトレットも便利そうだ。 [写真タップで拡大]

スズキ|ジクサーSF250

参考:ジクサーSF250 ●価格:48万1800円 [写真タップで拡大]

スズキ|ジクサー250

参考:ジクサー250 ●価格:44万8800円 [写真タップで拡大]

SUZUKI V-STROM SX[2022 India model]

主要諸元■全長2180 全幅880 全高1355 最低地上高205 軸距1440 シート高835(各mm) 車重167kg(装備)■油冷4ストローク単気筒SOHC4バルブ 249cc 26.5ps/9300rpm 2.26kg-m/7300rpm 変速機6段 燃料タンク容量12L■キャスター27度/トレール97mm タイヤサイズF=100/90-19 R=140/70-17 ●参考現地価格:21万1600ルピー ●色:黄、黒、赤 ※諸元等は全てインド仕様

SUZUKI V-STROM SX[2022 India model]

SUZUKI V-STROM SX[2022 India model] [写真タップで拡大]

SUZUKI V-STROM SX[2022 India model]

SUZUKI V-STROM SX[2022 India model] [写真タップで拡大]

SUZUKI V-STROM SX[2022 India model]

SUZUKI V-STROM SX[2022 India model] [写真タップで拡大]

SUZUKI V-STROM SX[2022 India model]

SUZUKI V-STROM SX[2022 India model] [写真タップで拡大]

SUZUKI V-STROM SX[2022 India model]

SUZUKI V-STROM SX[2022 India model] [写真タップで拡大]

SUZUKI V-STROM SX[2022 India model]

SUZUKI V-STROM SX[2022 India model] [写真タップで拡大]

SUZUKI V-STROM SX[2022 India model]

SUZUKI V-STROM SX[2022 India model] [写真タップで拡大]

SUZUKI V-STROM SX[2022 India model]

SUZUKI V-STROM SX[2022 India model] [写真タップで拡大]

SUZUKI V-STROM SX[2022 India model]

モノクロLCDメーターパネルは『スズキライドコネクト』を備え、ターンバイターンのナビゲーションを利用できる。そのほか通話や着信、SMS、速度超過アラート、携帯電話のバッテリー残量などを表示可能だ。 [写真タップで拡大]

SUZUKI V-STROM SX[2022 India model]
SUZUKI V-STROM SX[2022 India model]

スペック表と数値が異なり、ホイールベースは1445mmと表記されている。最低地上高は205mmとけっこう本格派で、フラットダートぐらいならかなりの走りを見せてくれそうだ。インジェクションシステムは、走行状況に合わせてECUで適切にコントロールされる。 [写真タップで拡大]

SUZUKI V-STROM SX[2022 India model]

SUZUKI V-STROM SX[2022 India model] [写真タップで拡大]

【動画】Suzuki India | V-Strom SX


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

チームカガヤマ鐵隼応援プロジェクト

最新の記事

ホーム丸山浩の新型ヤマハYZF-R7街乗りインプレ【vsライバル徹底比較#5:RS660/CBR650R/ニンジャ650】
WEBヤングマシン|新車バイクニュース