’22最新ヘルメットカタログ〈シャーク/ウインズ/ノーラン/ジーロット/コミネ/テイト〉高いコスパに秀逸デザイン

シャーク/ウインズ/ノーラン/ジーロット/コミネ/テイト

東西モーターサイクルショーに展示され、話題を呼んだヘルメットをメーカーごとに一挙紹介! 本記事では、シャーク/ウインズ/ノーラン/ジーロット/コミネ/テイトの6社の新型ヘルメットを紹介する。


●文:ヤングマシン編集部(沼尾宏明) ●外部リンク:シャーク ウインズ ノーラン ジーロット コミネ テイト

ビビッドな新カラー!〈シャーク〉

シャークはフランス発のメーカーで、オンロード系を得意とする。東京ショーでは、カーボン帽体のスパルタンカーボンに初のカラーモデルを追加した。またD-スクワール2に新色の4カラーが登場。初夏頃に発売予定だ。

スパルタンカーボン カーボンスキン
スパルタンカーボン カーボンスキン

【スパルタンカーボン カーボンスキン】●色:ホワイト レッド ●価格:5万3900円 [写真タップで拡大]

D-スクワール2
D-スクワール2

【D-スクワール2】●色:シガングリーン オリベイラファルコ ●価格:3万8500円~4万150円 [写真タップで拡大]

自然素材や快適なマイナーチェンジが話題に〈ウインズ〉

コストパフォーマンスの高いモデルで人気の日本ブランドがウインズ。ショーでは、石油原料を使用しないセルロースナノファイバー(CNF)を用いた試作ヘルメットを展示した。また、既存製品をマイナーチェンジ。インナーバイザーをロングタイプとし、Sサイズの帽体を順次設定していく。

ウインズ

【カーボンニュートラルに対応】カーボン並みに軽く、衝撃吸収性も高い自然由来の素材を帽体に採用。強度やコストなどの問題をクリアし、3年後の市販化を目指すという。コスパ良好のウインズだけに「カーボンより安くしたい」と話す。 [写真タップで拡大]

ウインズ

【明暗差が少ない新バイザー】内蔵バイザー仕様を数多く展開するウインズ。ユーザーの要望を受け、ノーズガードとのすき間が少ないロングタイプの内蔵バイザーを開発した。既存モデルを順次ロングタイプに切り替えていく。なお後付けは不可。 [写真タップで拡大]

ウインズ

【独自の曇り止めが進化】シールド内側に貼り付け、曇りを抑えるフォグウイン。新作「フォグウインマックス」ではエアフィルターを設け、曇り止め効果を1.2倍増とした。 [写真タップで拡大]

50周年記念カラーや新作ツアラー登場〈ノーラン〉

イタリアの老舗ヘルメットメーカーで、レースモデルからジェットまで多彩なラインナップを展開。カーボン製品などには「X-ライト」のブランド名を使用する。’22年は、新作ツーリングフルフェイスのN80-8を発売するほか、創業50周年を祝う記念カラーを数量限定で投入する。

ノーラン N80-8

【N80-8】ノーランで最も人気が高かったツーリングモデルN87の後継作。最高峰モデルで培った空力性能や快適内装を採用しつつ、ワンプッシュ式の内蔵バイザーを搭載する。今秋頃の発売予定だ。●価格:3万4980~4万4800円 [写真タップで拡大]

ノーラン 50thアニバーサーリー

【50周年を祝うトリコロール】’22年に創業50周年の節目を迎え、白×赤×黒をあしらった「50thアニバーサーリー」カラーを3モデルに設定する。最高峰のX-803RSウルトラカーボン(9万2840円)と、システムのN100-5プラス(6万3800円)は数量限定。新作のN80-8は通常モデルの扱いだ。 [写真タップで拡大]

ヘルメットに本腰、新作が一挙充実〈コミネ〉

ヘルメットメーカーとして出発し、現在は様々な用品を展開するコミネ。従来もジェットを販売していたが、改めて原点に立ち帰り、今年8月にフルフェイス、来年にシステムタイプを投入する。いずれもコミネらしい高コストパフォーマンスが魅力だ。

フルフェイスヘルメットHK-170FL

【フルフェイスヘルメットHK-170FL】●価格:1万7600円 [写真タップで拡大]

システムヘルメットHK-171FL

【システムヘルメットHK-171FL】フルフェイスと同様、ABS帽体に、日本メーカー初のドイツ製マグネット式バックルを採用。システム版は内蔵バイザーも搭載する。●価格:2万4200円 [写真タップで拡大]

コンポジットFRPジェットヘルメットHK-172

【コンポジットFRPジェットヘルメットHK-172】FRP帽体を採用した本格ジェット。マグネット式バックルが便利だ。グレーや緑、ガンメタルのニューカラーが新発売される。●価格:2万3100円 [写真タップで拡大]

エーラ-IIKH-1651

【エーラ-IIKH-1651】教習所の教官がよく被っているエーラの正統後継バージョン。オリーブ(写真)/グレー/ガンメタの新色が8月に登場する。●価格:1万2650円 [写真タップで拡大]

TOTに似合う’80年代テイスト〈ジーロット ブレードランナー〉

愛知発のブランド「ジーロット」は、3年の開発期間を費やした新作「ブレードランナー」を今秋発売予定。軽量FRP帽体は空力を考慮した設計だ。

ブレードランナー

【ブレードランナー】●予価:3万4980円~テイストオブツクバ参戦車のような’80〜’90年代カスタムに似合うデザイン&色を採用。スリットがイイ。 [写真タップで拡大]

ブレードランナー

サイド〜リヤは巻き込み風を抑え、ダウンフォースを稼ぐ設計。カーボン帽体も検討中。 [写真タップで拡大]

カーボンモデルほか新作を世界初公開〈テイト〉

配達バイク用ルーフキットなどで有名な帝都産業が新たに自社製ヘルメットを開発。東京ショーで初公開した。年内発売予定で、価格に期待できそうだ。

テイト
テイト

多彩なカラーのフルフェイス/ジェット/システムを展示。帽体はABSとカーボンがある。 [写真タップで拡大]


※本記事は“ヤングマシン”が提供したものであり、文責は提供元に属します。※掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。※掲載されている製品等について、当サイトがその品質等を十全に保証するものではありません。よって、その購入/利用にあたっては自己責任にてお願いします。※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

最新の記事

WEBヤングマシン|新車バイクニュース