’22最新ヘルメットカタログ〈シャーク/ウインズ/ノーラン/ジーロット/コミネ/テイト〉高いコスパに秀逸デザイン

シャーク/ウインズ/ノーラン/ジーロット/コミネ/テイト

東西モーターサイクルショーに展示され、話題を呼んだヘルメットをメーカーごとに一挙紹介! 本記事では、シャーク/ウインズ/ノーラン/ジーロット/コミネ/テイトの6社の新型ヘルメットを紹介する。

●文:ヤングマシン編集部(沼尾宏明) ●外部リンク:シャーク ウインズ ノーラン ジーロット コミネ テイト

ビビッドな新カラー!〈シャーク〉

シャークはフランス発のメーカーで、オンロード系を得意とする。東京ショーでは、カーボン帽体のスパルタンカーボンに初のカラーモデルを追加した。またD-スクワール2に新色の4カラーが登場。初夏頃に発売予定だ。

スパルタンカーボン カーボンスキン
スパルタンカーボン カーボンスキン

【スパルタンカーボン カーボンスキン】●色:ホワイト レッド ●価格:5万3900円 [写真タップで拡大]

D-スクワール2
D-スクワール2

【D-スクワール2】●色:シガングリーン オリベイラファルコ ●価格:3万8500円~4万150円 [写真タップで拡大]

自然素材や快適なマイナーチェンジが話題に〈ウインズ〉

コストパフォーマンスの高いモデルで人気の日本ブランドがウインズ。ショーでは、石油原料を使用しないセルロースナノファイバー(CNF)を用いた試作ヘルメットを展示した。また、既存製品をマイナーチェンジ。インナーバイザーをロングタイプとし、Sサイズの帽体を順次設定していく。

ウインズ

【カーボンニュートラルに対応】カーボン並みに軽く、衝撃吸収性も高い自然由来の素材を帽体に採用。強度やコストなどの問題をクリアし、3年後の市販化を目指すという。コスパ良好のウインズだけに「カーボンより安くしたい」と話す。 [写真タップで拡大]

ウインズ

【明暗差が少ない新バイザー】内蔵バイザー仕様を数多く展開するウインズ。ユーザーの要望を受け、ノーズガードとのすき間が少ないロングタイプの内蔵バイザーを開発した。既存モデルを順次ロングタイプに切り替えていく。なお後付けは不可。 [写真タップで拡大]

ウインズ

【独自の曇り止めが進化】シールド内側に貼り付け、曇りを抑えるフォグウイン。新作「フォグウインマックス」ではエアフィルターを設け、曇り止め効果を1.2倍増とした。 [写真タップで拡大]

50周年記念カラーや新作ツアラー登場〈ノーラン〉

イタリアの老舗ヘルメットメーカーで、レースモデルからジェットまで多彩なラインナップを展開。カーボン製品などには「X-ライト」のブランド名を使用する。’22年は、新作ツーリングフルフェイスのN80-8を発売するほか、創業50周年を祝う記念カラーを数量限定で投入する。

ノーラン N80-8

【N80-8】ノーランで最も人気が高かったツーリングモデルN87の後継作。最高峰モデルで培った空力性能や快適内装を採用しつつ、ワンプッシュ式の内蔵バイザーを搭載する。今秋頃の発売予定だ。●価格:3万4980~4万4800円 [写真タップで拡大]

ノーラン 50thアニバーサーリー

【50周年を祝うトリコロール】’22年に創業50周年の節目を迎え、白×赤×黒をあしらった「50thアニバーサーリー」カラーを3モデルに設定する。最高峰のX-803RSウルトラカーボン(9万2840円)と、システムのN100-5プラス(6万3800円)は数量限定。新作のN80-8は通常モデルの扱いだ。 [写真タップで拡大]

ヘルメットに本腰、新作が一挙充実〈コミネ〉

ヘルメットメーカーとして出発し、現在は様々な用品を展開するコミネ。従来もジェットを販売していたが、改めて原点に立ち帰り、今年8月にフルフェイス、来年にシステムタイプを投入する。いずれもコミネらしい高コストパフォーマンスが魅力だ。

フルフェイスヘルメットHK-170FL

【フルフェイスヘルメットHK-170FL】●価格:1万7600円 [写真タップで拡大]

システムヘルメットHK-171FL

【システムヘルメットHK-171FL】フルフェイスと同様、ABS帽体に、日本メーカー初のドイツ製マグネット式バックルを採用。システム版は内蔵バイザーも搭載する。●価格:2万4200円 [写真タップで拡大]

コンポジットFRPジェットヘルメットHK-172

【コンポジットFRPジェットヘルメットHK-172】FRP帽体を採用した本格ジェット。マグネット式バックルが便利だ。グレーや緑、ガンメタルのニューカラーが新発売される。●価格:2万3100円 [写真タップで拡大]

エーラ-IIKH-1651

【エーラ-IIKH-1651】教習所の教官がよく被っているエーラの正統後継バージョン。オリーブ(写真)/グレー/ガンメタの新色が8月に登場する。●価格:1万2650円 [写真タップで拡大]

TOTに似合う’80年代テイスト〈ジーロット ブレードランナー〉

愛知発のブランド「ジーロット」は、3年の開発期間を費やした新作「ブレードランナー」を今秋発売予定。軽量FRP帽体は空力を考慮した設計だ。

ブレードランナー

【ブレードランナー】●予価:3万4980円~テイストオブツクバ参戦車のような’80〜’90年代カスタムに似合うデザイン&色を採用。スリットがイイ。 [写真タップで拡大]

ブレードランナー

サイド〜リヤは巻き込み風を抑え、ダウンフォースを稼ぐ設計。カーボン帽体も検討中。 [写真タップで拡大]

カーボンモデルほか新作を世界初公開〈テイト〉

配達バイク用ルーフキットなどで有名な帝都産業が新たに自社製ヘルメットを開発。東京ショーで初公開した。年内発売予定で、価格に期待できそうだ。

テイト
テイト

多彩なカラーのフルフェイス/ジェット/システムを展示。帽体はABSとカーボンがある。 [写真タップで拡大]


※本記事は”ヤングマシン”から寄稿されたものであり、著作上の権利および文責は寄稿元に属します。なお、掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な記載がないかぎり、価格情報は消費税込です。

[特集] ’22最新ヘルメットカタログに関連する記事

’22最新ヘルメットカタログ〈クロスオーバー〉ツアークロス3/ホーネットADV/Xロード/DS-X1 etc.

主要ヘルメットメーカーの’22人気モデルを一挙紹介しよう。見比べて、アナタにピッタリのモデルを選んで欲しい。 ヘルメットにおけるクロスオーバーというジャンルは、オン/オフロードを混合させたカテゴリーのことを指す。本記事では、国内規格に沿ったクロスオーバーヘルメットを紹介する。 安定感も着用感も秀逸、ステージを選ばない〈アライ ツアークロス3〉 走行風の抜けと排気効率を両立した設計が特徴。シールドに […]

’22最新ヘルメットカタログ〈システムヘルメット〉ネオテックII/リュウキ/モディファイ etc.

主要ヘルメットメーカーの’22人気モデルを一挙紹介しよう。見比べて、アナタにピッタリのモデルを選んで欲しい。 本記事では国内規格に沿ったシステムヘルメット6種(ネオテックII/リュウキ/モディファイ/N100-5/YJ-21/i90)を紹介する。 巻の静粛性と機能を誇る豪華モデル〈SHOEI ネオテックII〉 チンガードを跳ね上げられるシステム系を代表する高級モデルとして有名な本作。高 […]

’22最新ヘルメットカタログ〈オープンフェイス編〉VZラム/CT-Z/SZ-G/JクルーズII etc.

主要ヘルメットメーカーの’22人気モデルを一挙紹介しよう。見比べて、アナタにピッタリのモデルを選んで欲しい。 本記事では、国内規格に沿ったオープンフェイスヘルメットを紹介する。 安全性と快適さを求めた最高峰ジェット〈アライ VZラム〉 衝撃を滑ってかわすことで安全性能を高めるVAS-Zシールドシステムをジェットで初採用。RX-7Xと同じ大型ディフューザーに加え、固定式エアロフィンによる […]

’22最新ヘルメットカタログ〈フルフェイス編 #3〉F-17/エアロブレード6/X-803RS/RPHA 1N/レースRプロ etc.

国内規格に沿った主要ヘルメットメーカーの’22人気モデルを一挙に紹介。見比べて、アナタにピッタリのモデルを選んで欲しい。フルフェイス編その3となる本記事では、最新作エアロブレード6に注目が集まるKabutoに加えて、北米市場で人気のHJC/イタリアの老舗ノーラン/フランス発のシャークを紹介する。 最新の空力技術が光る、最高峰レーシングモデル〈Kabuto F-17〉 RT-33の後継として&#82 […]

’22最新ヘルメットカタログ〈フルフェイス編 #2〉Xフォーティーン/Z-8/EXゼロ/YF-1Cロルバーン etc.

国内規格に沿った主要ヘルメットメーカーの’22人気モデルを一挙に紹介。見比べて、アナタにピッタリのモデルを選んで欲しい。 本記事はフルフェイス編その2。アライと並び世界で絶大な人気を誇るSHOEIと、ヤマハブランド用品全般を展開しヘルメットも手掛けるワイズギアの製品を紹介する。 独自装備をフル注入。勝利を追求した最高峰〈SHOEI Xフォーティーン〉 200km/h超を想定したリヤスポ […]

’22最新ヘルメットカタログ〈フルフェイス編 #1〉RX-7X/アストロGX/ラパイドネオ/AフォースRS etc.

国内規格に沿った主要ヘルメットメーカーの’22人気モデルを一挙に紹介。見比べて、アナタにピッタリのモデルを選んで欲しい。 本記事はフルフェイス編その1。日本を代表するヘルメットメーカー・アライと、国産ながらコストパフォーマンスの高いラインナップで人気のウインズの製品を紹介する。 安全性を徹底追求した伝統のハイスペック〈アライ RX-7X/FIMレーシング#1/SRC〉 技術の粋を集めた […]

’22最新ヘルメットカタログ〈シャーク/ウインズ/ノーラン/ジーロット/コミネ/テイト〉高いコスパに秀逸デザイン

東西モーターサイクルショーに展示され、話題を呼んだヘルメットをメーカーごとに一挙紹介! 本記事では、シャーク/ウインズ/ノーラン/ジーロット/コミネ/テイトの6社の新型ヘルメットを紹介する。 ビビッドな新カラー!〈シャーク〉 シャークはフランス発のメーカーで、オンロード系を得意とする。東京ショーでは、カーボン帽体のスパルタンカーボンに初のカラーモデルを追加した。またD-スクワール2に新色の4カラー […]

’22最新ヘルメットカタログ〈HJC〉北米市場を席巻中!【最高峰アルファ1N試用インプレッションも】

東西モーターサイクルショーに展示され、話題を呼んだヘルメットをメーカーごとに一挙紹介! HJCは北米市場で人気を集める海外ブランド。マーベルやレッドブルとのコラボグラフィックに加え、新登場のRPHA(アルファ)1Nも大きなトピックだ。アルファ1Nについては、さっそくテストも実施! モトGPもOK。最上級レース仕様〈アルファ1N レッドブルオースティンGP〉 新たな最高峰モデルがデビュー。空力性能や […]

最新の記事

WEBヤングマシン|新車バイクニュース