’22最新ヘルメットカタログ〈HJC〉北米市場を席巻中!【最高峰アルファ1N試用インプレッションも】

東西モーターサイクルショーに展示され、話題を呼んだヘルメットをメーカーごとに一挙紹介! HJCは北米市場で人気を集める海外ブランド。マーベルやレッドブルとのコラボグラフィックに加え、新登場のRPHA(アルファ)1Nも大きなトピックだ。アルファ1Nについては、さっそくテストも実施!

●文:ヤングマシン編集部(沼尾宏明) ●外部リンク:HJC

モトGPもOK。最上級レース仕様〈アルファ1N レッドブルオースティンGP〉

新たな最高峰モデルがデビュー。空力性能や安全性を追求し、FIM認証も取得済みだ。グラフィックモデルは限定品で、契約ライダーのみ使用できる「レッドブル」ロゴを世界で初めて一般ヘルメットに採用した。’22年5月発売予定。

アルファ1N レッドブルオースティンGP

【アルファ1N レッドブルオースティンGP】●価格:10万7800円 [写真タップで拡大]

アルファ1N レッドブルオースティンGP

クリア仕様のエアロスポイラーは付属品。帽体自体もエアロフォルムだが、装着すれば一段と高速走行のブレが軽減される。リヤ上部に常時開放式の排出ダクトを装備。 [写真タップで拡大]

アルファ1N レッドブルオースティンGP

額中央と両サイドにエアダクトを採用。導入効率の高い最新形状で、5つの吸入孔がある。額のシャッターは珍しい横スライド式。 [写真タップで拡大]

アルファ1N レッドブルオースティンGP

口元ダクトは上下2段式。上側のみ半開が可能で、頬にも排出孔を設ける。シールドロックは衝撃時の開放を防ぐスライド式だ。 [写真タップで拡大]

アルファ1N レッドブルオースティンGP

あごヒモカバーを含め、内装はフル着脱式。抗菌&防臭効果のある生地を採用する。メガネスリットやスピーカースペースもあり。 [写真タップで拡大]

怒涛の直進安定性! 〈アルファ1N 試用インプレッション〉

まず見た目の迫力が凄い。目を惹くグラフィックに、前後長のある帽体と長いスポイラー。さらに、帽体の横幅も大きめだ。被ると、アイポートが広く視界が良好。ホールド感は頬を中心に全体を支えるスポーティな印象だ。

100km/hでの安定感はまさに圧巻。モトGPで契約ライダーが着用するモデルと同仕様なのだから当然とはいえ、浮き上がりやブレは皆無だ。真横を向くと押し戻されるが、慣れれば問題ないだろう。帽体が大きいせいか風切り音がかなりあるものの、同梱のチンカーテンを装着すれば実に静かだった。

アルファ1N レッドブルオースティンGP

[写真タップで拡大]

他にも新製品がゾクゾク!

ダークヒーロー気分!〈アルファ11シリーズ〉

アメコミのマーベルとコラボした強烈なグラフィックは、HJCのアピールポイントの一つ。’22新作では、『ベノム』や『パニッシャー』などをイメージ。グリーンゴブリンとパニッシャーは限定モデルなのでお早めに。

アルファ11 ベノム2

【アルファ11 ベノム2】●価格:6万9300円 [写真タップで拡大]

アルファ11 グリーンゴブリン

【アルファ11 グリーンゴブリン】●価格:6万9300円 [写真タップで拡大]

アルファ11 パニッシャー

【アルファ11 パニッシャー】●価格:6万9300円 [写真タップで拡大]

レッドブルの雄牛とサーキットロゴが映える

モトGPオーストリアGPが行われるサーキットのロゴと、レッドブルの赤い雄牛を模したグラフィックがクール。ツーリング向けのF70、本格オフ仕様のi50に用意される。数量限定で5月発売予定。

i50 シュピールベルク レッドブルリンク

【i50 シュピールベルク レッドブルリンク】●価格:2万6400円 [写真タップで拡大]

F70 シュピールベルク

【F70 シュピールベルク】●価格:3万9600円 [写真タップで拡大]

コスパの高いCS-15にもニューカラー登場

グラフィックモデルでも2万円を切るプライスの入門モデルがCS-15。新色のトリオンは3カラーが選べる。6月発売予定。

CS-15 トリオン

【CS-15 トリオン】●価格:1万8150円 [写真タップで拡大]


※本記事は”ヤングマシン”から寄稿されたものであり、著作上の権利および文責は寄稿元に属します。なお、掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な記載がないかぎり、価格情報は消費税込です。

最新の記事

WEBヤングマシン|新車バイクニュース