第50回『マシン・オブ・ザ・イヤー2022』 &『 マシン・オブ・ザ・50イヤーズ』人気投票受付スタート

新排ガス規制未対応で”絶滅”=生産終了の危機?! [バイクのレッドリスト]スズキ編

新排ガス規制未対応で"絶滅"=生産終了の危機?! [バイクのレッドリスト]スズキ編

激動の変革期来る!国内の現行車は50ccを除き、’22年10月末までに”次期排ガス規制”に対応しないと販売できなくなるのだが、実はまだ適合していないバイクが半分以上! 「欧州ではユーロ5 に対応済み」など、国内の次期規制にも通るだろうモデルもある。しかし、中には「モデルチェンジしない=今を逃すともう買えない」バイクもあるのでは。そこで独自調査を元に、それら”絶滅危惧”バイクを大予想。メーカーも終了を発表しているようなモデルは”絶滅寸前”、存続するか否か五分五分(?! )なモデルは”絶滅の可能性アリ”だ。全ライダー必見の記事、今回はスズキ編+各社の50ccについてのコラムをお届け!


●文:ヤングマシン編集部(沼尾宏明) ●絶滅の危険性判定:ヤングマシン編集部

“絶滅の危険性”を2段階で判定

  • 絶滅寸前:残念ながら絶滅の可能性高し!
  • 【絶滅の可能性アリ】:継続は五分五分?! 殿堂入りしちゃうかも……

2BL? 8BL?? 型式を見れば規制対応済みかどうかが分かる!

排ガス規制の基準値や測定方法は各国でバラバラだったが、’14年頃から世界統一基準が採用され始めた。そして、ついに日本の新規制”平成32年(令和2年)規制”と、欧州規制の”ユーロ5″がほぼ同一に。ユーロ5をクリアしていれば、日本の規制にも対応できると考えていい。導入時期は欧州が先行しており、既に’21年1月から全面適用。ただし1年間の猶予期間があり、ユーロ4でも認定を受けた一定数の車両なら販売できる。なお米国は独自の規制を敷くため、日欧にないモデルが販売中だったりするのだ。

そしてどの規制に対応しているのかは、スペック表や車検証にもある”型式”を見れば一目瞭然。最初の3文字は「いつの規制をクリアしたか」などを示す。これを見れば、新規制に対応しているか即わかるのだ。ただし全く同一の車種ながら、欧州仕様はユーロ5対応で、国内仕様は従来の平成28年規制(ユーロ4相当)対応という場合も。こうした車種は、国内新規制の認証試験を受けていないだけで、パスできる性能はあるだろう。

ここでは前述の通り、本誌の超独断と偏見と少しの妄想で新規制に対応しない=絶滅しそうかどうかを大予想。ほぼ絶滅間違いなかろう、というようなモデルは”絶滅寸前”、絶滅となってしまう可能性を捨てきれないモデルは”絶滅の可能性アリ”という表記にした。

平成32年(令和2年)規制適用時期表

既に次期規制は新型車に適用済み。適用時期以前から販売されている51cc以上の”継続生産車”は’22年10月末までの対応が必要だ。 [写真タップで拡大]

排ガス規制と型式(最初の3ケタ)の関係表

市販されている2輪4輪には全て型式があり、規制や排気量など示す。バイクは最初が”8″なら新規制をクリアした車両を意味する。 [写真タップで拡大]

SUZUKI GSX-R1000R【絶滅の可能性アリ】

まさかの生産終了!? ユーロ6で復活の可能性も?

モトGP王者マシン譲りの可変バルブタイミングを国産勢で唯一搭載するなど、扱いやすさが光るSS。’17年のデビュー以来、大変更はなく、日欧ともユーロ4のまま販売が続けられる。’22もカラーチェンジのみで、国内にマットグレー、英国仕様に黒でまとめた「ファントム」が登場した。’22でユーロ5対応か、もしくはハヤブサのように一旦終売し、’24年のユーロ6で復活する可能性も?

SUZUKI GSX-R1000R

【’21 SUZUKI GSX-R1000R】■水冷4スト並列4気筒DOHC4バルブ 999cc 197ps/13200rpm 11.9kg-m/10800rpm ■203kg シート高825mm 16L ■タイヤサイズF=120/70ZR17 R=190/55ZR17 ●色:トリトンブルーメタリック×ミスティックシルバーメタリック マットブラックメタリックNo.2×グラスマットメカニカルグレー マットブラックメタリックNo.2 ●価格:215万6000円 [写真タップで拡大]

SUZUKI GSX-R1000R 走り
SUZUKI GSX-R1000R 各種センサー

軽量コンパクト設計で空力性能も優秀。“モーショントラック”と名付けられたコーナリング対応トラコンとABSが特徴だ。 [写真タップで拡大]

SUZUKI GSX-R1000R シャーシ

海外仕様は202psだが、測定方法の違いによるもので実質的なパワーは国内仕様も同じ。 [写真タップで拡大]

SUZUKI GSX-R1000R フロントサス
SUZUKI GSX-R1000R リヤサス

R仕様は前後ともショーワ製バランスフリーサスで路面追従性に優れる。 [写真タップで拡大]

SUZUKI GSX-S750絶滅寸前

伝統の排気量を継ぐネイキッド、ベース車は既に絶版……

国内では’18年まで逆輸入車として買えたGSX-R750をベースとするNK。クラス最強レベルの112psを発生する直4は、中低速重視の設定で加速が鋭い。規制はユーロ4のままで、ベース車のR750も既に欧州で絶版。また欧州ではS1000ベースで出力を抑えたS950が’21でデビュー。日本伝統の排気量であるナナハンもついに消滅……?

SUZUKI GSX-S750

【’21 SUZUKI GSX-S750 ABS】■水冷4スト並列4気筒DOHC4バルブ 749cc 112ps/10500rpm 8.2kg-m/9000rpm ■車重212kg シート高820mm 16L ■タイヤサイズF=120/70ZR17 R=180/55ZR17 ●色:グラススパークルブラック×トリトンブルーメタリック オールトグレーメタリックNo.3×グラススパークルブラック マットブラックメタリックNo.2 ●価格:98万7800円 [写真タップで拡大]

SUZUKI GSX-S750 走り

絶妙な排気量により、公道では扱いやすく速い。 [写真タップで拡大]

SUZUKI GSX-S750 エンジン

GSX-R750直系の水冷直4はリニアな特性で、3段階+オフのトラコンも完備。 [写真タップで拡大]

SUZUKI BURGMAN200 ABS【絶滅の可能性アリ】

いいトコどりの200は終了?

250に近いパワーを持ちながら、よりコンパクトな本作。一方でヘルメット×2個が収納できる。’17のマイチェンでユーロ4に対応したが、欧州では既にラインナップ落ちし、125が登場。このまま国内も終売か?

SUZUKI BURGMAN200 ABS

【’21 SUZUKI BURGMAN 200 ABS】■水冷4スト単気筒SOHC4バルブ 199cc 18ps/8000rpm 1.6kg-m/6000rpm ■車重165kg シート高735mm 10L ■タイヤサイズF=110/90-13 R=130/70-12 ●色:マットステラブルーメタリック ニュータイタンブラック ブリリアントホワイト ●価格:57万1340円 [写真タップで拡大]

SUZUKI Address125/Flat Seat【絶滅の可能性アリ】

バーグマンにバトンタッチ?

アドレスV125の後継として’17デビュー。ABS義務化(125以下は前後連動ブレーキでも可)に対応せず、’21で終売した。今後も改良型を投入せず、代わりにバーグマンストリートを投入との噂も。

SUZUKI Address125/Flat Seat

【’20 SUZUKI ADDRESS125】■空冷4スト単気筒SOHC2バルブ 124cc 9.4ps/7000rpm 1.0kg-m/6000rpm ■車重109kg シート高745mm 6.0L ■タイヤサイズF=90/90-12 R=100/90-10 ●色:キャンディパトリシアンレッド パールノベルティブラック パールグレイスフルホワイト ●価格:22万2500円 [写真タップで拡大]

SUZUKI Swish/Limited【絶滅の可能性アリ】

機敏な個性派も黄信号

前後10インチを履く軽快スクーター。アドレス125と同様、ABSやCBSを備えず、’21年に生産終了済。排ガスもユーロ4で、大幅にメスを入れないと存続は難しいだろう。

SUZUKI Swish/Limited

【’19 SUZUKI SWISH】■空冷4スト単気筒SOHC2バルブ 124cc 9.4ps/7000rpm 1.0kg-m/6000rpm ■車重114kg シート高760mm 5.5L ■タイヤサイズF=100/90-10 R=100/90-10 ●色:トリトンブルーメタリック キャンディダーリングレッド パールブレーシングホワイト グラススパークルブラック ●価格:32万4500円 [写真タップで拡大]

ますますEV化が進む!? 各社の50ccクラス【絶滅の可能性アリ】

継続生産車は’25まで猶予があるものの、新規制で値上げは必然

排ガス規制は排気量が小さいほど対応が困難。さらに高度な車載式故障診断装置(OBD-II)が必要なため、価格増を招く。そのため、50ccは’25年まで適用が延期された経緯がある。原付1種(50cc)は日本の独特な免許制度が生んだ排気量帯で、ほぼ国内のみで流通しているのが現状(海外は100~125ccがコミューターの主流)。さらに新規制対応で高額になればセールスは見込めず、エンジン版に代わって電動バイク(EV)が台頭する可能性もあるのだ。

ますますEV化が進む!? 各社の50ccクラス

50ccの原付1種は規制開始が先なので、当面は問題なく存続できる。しかし、販売不振、コスト増など様々な理由で、将来的にクラス自体の存続に黄信号が点灯しているのだ! [写真タップで拡大]

HONDA:50cc

ビジネスにもレジャーにも使えるスーパーカブ50を筆頭に、派生モデルのクロスカブなど遊べる原付を用意。若者をターゲットにしたスクーターのダンク、ジョルノなども選べる。加えて、宅配向けのジャイロ、ベンリィがあり、車種もジャンルも豊富だ。

  • Super Cub50/PRO
  • CROSS CUB50/くまモンVersion
  • TACT/BASIC
  • Dunk
  • GIORNO series
  • BENLY/PRO
  • GYRO series

YAMAHA:50cc

スクーターのジョグとビーノは’18年から自社生産ではなく、ホンダよりOEM供給を受けて販売される。加えて、リヤキャリアを備えたビジネスバイク、ギアの3車種を展開する。

  • JOG/DELUXE
  • Vino
  • GEAR series

SUZUKI:50cc

アドレスV50はスポーティな外観が特徴。レッツは50㏄で最もリーズナブルかつ軽い車重が魅力で、フロントバスケット付きもある。

  • Address V50
  • Let’s/Basket


※本内容は記事公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

最新の記事

WEBヤングマシン|新車バイクニュース